読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoshikiの日記

自分の思考や主張を棚卸しするブログ

好きな時に好きな場所で暮らす「多拠点生活」のススメ

移住生活

f:id:ysk_wtnb:20160628011010j:plain

僕は現在、新潟県内で「2拠点生活」をしています。元々新潟市内に家を借りていたのですが、それに加えて、先月からは十日町市でも生活を始めました。

それには色々理由があるのですが、ざっくり書くと「新潟市でしていた仕事ができなくなってニート状態なので、日々の生活コストを削るために十日町市でも暮らしている」というところでしょうか。

ちょっと何言ってるかわかんないという人は、

こちらの記事を読んでもらうと、生活コストを削るために十日町市で暮らし始めた。という部分の理由がよく分かると思います。

そんな感じで十日町市で生活をしてはいますが、じゃあ新潟市には全く行っていないのか?と聞かれると、実はそうではありません。家はまだ借りている状態ですし、昨日まで一時帰宅をしていました。

引き払おうかなとは少し思っているのですが、いかんせん契約期間とか、違約金とか、そのへんの兼ね合いがね…。ここ最近は自分でも予想だにしていなかった展開になっているので、こんなに早く家を離れるとは思っておらず、自分でも少し戸惑っている状態です…(笑)

というように、現在僕は新潟市と十日町市に生活拠点がある状態です。部屋を借りている状態なので、もちろん月々の家賃などはかかっています。早く引き払えば?と周りからも言われるのですが、これはこれで結構メリットがあるんじゃないか?ということに、最近気がつきました。

十日町市では、僕は「ギルドハウス」という住み開きの古民家にて生活をしています。そこの管理人は僕ではありませんし、僕より前にそこで生活をしている人ばかりで、時期だけだと僕はまだまだ新参者のポジションにいます。

そこで集団生活をするのは楽しいのですが、やはり大人数と長期間一緒にいると、少しマンネリ化してきます。もちろんお互い合う合わないというのもあるので、ずっと一緒にいるとそれがストレスになることもあります。

という理由で、僕はシェアハウス生活を断念したことがあります。東京で暮らす時に、最初はシェアハウスって楽しそうだなーと思っていたのですが、上に書いたような集団生活が苦手なこともあって、結局シェアハウスには一度も入らずに東京生活を終えました。

で、そういう「誰かと一緒に生活する」ことが苦手な人って、結構多いと思うんですよ。かつて「亭主元気で留守がいい」みたいな言葉が流行したじゃないですか。これも「いくら家族とはいえ、ずっと家にいられるとストレスが溜まる」という意味だったのではないか?と思っています。

もちろん僕もそういう性格なので、今回週末のみでしたが、久々に新潟市の自宅で一人で生活していて、非常にリラックスできました。夜更かしどころか朝まで起きていたし、ブログ記事も沢山書けましたし。常に一人というのは寂しいものがあるので、2週間に1回とか定期的に、一人になる時間を設けてもいいかな?と思っています。

そういった「集団でいることにストレスを感じることがある」人へは、率先して様々な場所へ自分の居場所をつくる「多拠点生活」を推進したいと思います。

僕がいるギルドハウスも似たようなコンセプトですが、今ってゲストハウスやシェアハウスって多いじゃないですか。ああいう場所って初期費用もあまりかかりませんし、ドミトリーと呼ばれる相部屋に入居しておけば、あまり家賃はかからないと思うんですよね。まあ、それでも都内は高いと思うけど…特に23区。

ちなみに、新潟市内にある「ギークハウス新潟」というシェアハウスは、家賃1万円+光熱費0.5万円の計1.5万円/月で住むことも可能です。最近ツイッターなどで頻繁に募集をかけているので、興味がある方はコンタクトをとってみてもいいかもしれませんよ。

また、あまり居ないのに定期的に家賃が発生するのはちょっと…などと考えるのであれば、最近は「フラッと立ち寄れる」家が増えてきています。僕がいるギルドハウス十日町もそうですし、有名どころだと「リバ邸」という「現代の駆け込み寺」をコンセプトにしているところもありますね。リバ邸は全国各地にあるようなので、ここで繋がりを作っておけば、拠点を探すのがかなり楽になるのではないでしょうか。

家でなかったとしても、今ってコワーキングスペースだとか、シェアオフィスだとか、そういう「居場所づくり」って凄い活発化していますよね。数年前までは、コワーキングスペースのような施設ってものすごい数が限られていましたよね。震災をきっかけに、人々の中で「繋がりを持つ」という意識が深まった結果ではないでしょうか。

実際、シェアハウスやゲストハウスの業界ってかなりの頻度で横に繋がっているんですよね。ギルドハウス十日町のマスターこと西村さんにこの業界について色々話を聞かせてもらいましたが、ゲストハウスやそこに関わっている人の名前を出すと、

「ああ、その人と知り合いだよ。そこのゲストハウスにも行った事あるよ」

という返事が返ってきます(しかもかなりの確率で)。おいおい、この業界どれだけ横で繋がっているの?どれだけ人脈半端ないの??と、いつも驚かされています。

僕の今後としては、「日本全国をフラフラしながら、ブログを書いて生活したい」という夢?目標?があります。全国のネットカフェ巡りや、カプセルホテル巡りをして宿泊をするのも結構なのですが、それだとお金がかかる。また、どうせチェーン店ばかりなので、あまり面白くないでしょう。

その点、全国のゲストハウスや古民家を巡りながら旅をするのって、かなり面白そう。考えただけでワクワクします。現在は新潟市と十日町市で2拠点生活をしている僕ですが、これからどんどん自分の拠点を無数に拡げていきたいなと考えています。

スポンサーリンク
 

自分で育てたサニーレタスうめえwww

移住生活

f:id:ysk_wtnb:20160627200433j:plain

現在、ギルドハウスの家庭菜園、通称「ギルドファーム」で野菜を育てています。

ナスやらアボカドやらトウモロコシやら色々育てているのですが、その中の1つであるサニーレタスが一番成長が早く、もう収穫しまくっています。

f:id:ysk_wtnb:20160624203225j:plain

このぐらいまで葉っぱが伸びているので、もう採取し放題。

f:id:ysk_wtnb:20160624203610j:plain

今日も、ガッツリ採取してきました。ふひひ。

そんなサニーレタスの一番美味しい食べ方といえば、やはり

f:id:ysk_wtnb:20160627200840j:plain

こうでしょ!!(肉に巻きつける)

いやー…マジで美味い。最高。

家庭菜園のメリットというのは、野菜が食べたくなったら新鮮ってレベルではないぐらいのスピードで取ってくることができることですね。朝どれってレベルじゃねーぞ!

葉っぱものだから、根っこさえ抜かなければ何度でも生えてきますから、うまくいけばずーっと買わなくて済みますね。

今はまだサニーレタスだけですが、今後他の野菜たちも収穫できるようになってくるでしょう。自給自足とまではいきませんが、このように家庭菜園をすることによって、生活コストも下げることができますね。

種の値段なんて、せいぜい200円程度です。それで数ヶ月にわたって食べ放題になる野菜を育てられるのは、非常に大きなメリットだと思いました。

スポンサーリンク
 

パソコンがすぐ熱くなるので、冷却ファンを買ってみました

買った物

f:id:ysk_wtnb:20160627190647j:plain

僕が使っているパソコン、通風口の部分がすぐ熱くなるんです。ファンがパソコンを冷却しようとして暴走するから音もうるさいし、ちょうどTABキーの真下にあるから、そこを打つ時に熱いという弊害があります。

というわけで、今回はパソコンを冷やすために

f:id:ysk_wtnb:20160627190931j:plain

冷却ファンを買ってみました!

今回買ってみたのは、この冷却ファン。僕のパソコンは大きさが13インチで、この冷却ファンは12~17インチまで対応しているものなのでちょうどいい。

という理由と、Amazonで値段が約5000円から約1800円にまで下がっていたので、それらを決め手として買いました。

f:id:ysk_wtnb:20160627191353j:plain

暗くて少し見ずらいかもしれませんが、外観はこんな感じです。

f:id:ysk_wtnb:20160627191552j:plain

ひっくり返すと、こんな感じ。この2つのファンが動いて風を送ってくるようです。

f:id:ysk_wtnb:20160627191648j:plain

横面はこんな感じです。右からUSB差込口、ファンのON/OFFスイッチ、風の強さを調節するボリューム、となっています。

そして、これらを設置すると

f:id:ysk_wtnb:20160627192602j:plain

このようになります。斜めに設置するのがこの冷却ファンの正常な使い方のようで、Amazonのレビューなどでも、みんなこうやって使うことを前提にレビューしていました。だから、この使い方で合ってるはず…!

しかし、斜めに使っていると時々使いにくくなる時があります。なので、

f:id:ysk_wtnb:20160627194752j:plain

時々、こういう風にして使おうと思います(笑)

こうやって冷却ファンとパソコンのファンを密着させていると、さすがに熱くなることはほとんどありません。これなら、効果がありそう。

と思ったのですが、これだとパソコンの電源ケーブルをさすことができなくなってしまいます。このパソコンは充電が2~3時間ぐらいしか持たないので、細めに充電してやらないといけないんですよね。

とりあえず、ちょこちょこ冷却ファンの位置を変えながら使っていこうと思います。

で、そもそもの購入動機だった「ファンが熱暴走をしてうるさいのを解決したい」というものですが、これは何とか叶えられそうです。今まで熱かったTABキー付近も、冷却ファンをかけながらならあまり熱くなりませんので。

ただ、別の問題が出てきました。それが、

「パソコンのファンの音と同じぐらい、冷却ファンの音もうるさい」

ということ。…こ、これじゃあ本末転倒じゃないっすか(´;ω;`)

まあファンの熱暴走を止めないと、その分パソコンの故障に繋がってしまうので、そこを軽減できるのはメリットなのは間違いなし。音は…自分と周りの人に我慢してもらえれば、何とかなるんじゃないかな?(笑)

あー…パソコンの下に敷くタイプの冷却ファンが欲しくなってきた。

⇧こんな感じのやつをね!

スポンサーリンク