Yoshikiの日記

もう1つのブログ→http://shikujiri.me/

契約したBIGLOBE WiMAXの端末(WX03)が届いたのでレビュー

皆さんこんにちは。管理人のYoshikiです。

7月に現在のマンションに引っ越したのですが、最近までずっと通信回線がありませんでした。

フレッツ光は理由あって引けない身分で、auひかりは引くまでにすごい時間がかかるそうなので固定回線は諦めて、つい先日までスマホのテザリングを駆使してインターネットに繋いでいました。

でもテザリングって、予想以上にかなり多くの通信量を消費するんですよね。まあこれは僕がネット依存症だというのもあると思いますが、先月だけで40GBは軽く消費してしまいました。

こうなってしまうと、やはり使い放題でないと料金の面で厳しいことになりそうだなぁ……と思っていましたが、ついに先日、申し込んでいたものが届きました。

f:id:ysk_wtnb:20170908185041j:plain

この「WiMAX2+」が届いたので、今回はそのレビューをしようと思います!

スポンサーリンク  


◆目次◆

開封の儀

というわけで、さっそく開けていきましょう。

f:id:ysk_wtnb:20170908195517j:plain

まず箱を開けると本体、ケーブル、取扱説明書などが出てきます。今回僕が注文した端末は「WX03」という、NEC製のルーターでした。

WIMAX 2+ Speed Wi-Fi NEXT WX03 【NAD33SLU】ディープブルー

WIMAX 2+ Speed Wi-Fi NEXT WX03 【NAD33SLU】ディープブルー

 

なぜコレにしたのかと言うと、まず形が格好良かったから。それと、使うアテのない「au 4G LTE」に非対応だったから。

WiMAXのルーターって、モノによってはauの提供する「au 4G LTE」も使えるんです。ただ、そっちには7GB制限がありまして、それを超えるとキツい速度制限(128kbps)がかかってしまいます。

怖いのは、LTEの7GBを超えるとWiMAX2も同時に速度制限がかかってしまうという部分。容量を気にせず使い放題ができるはずのWiMAX2で、なぜ容量を気にしながら使わないかんのだと。なら最初からそんな機能いらんわ。

と思って、LTEがそもそも使えないルーターにしたわけです。 

f:id:ysk_wtnb:20170908200342j:plain

端末と一緒に、このSIMカードも入っています。これを入れないとルーターは使えませんので注意が必要です。

カードには(LTE)と記載がありますが、LTEを使わない場合でもコレは必要となりますので、誤って処分しないように気をつけましょう。

f:id:ysk_wtnb:20170908200756j:plain

そのSIMカードを挿入して電源を立ち上げると、こういう画面が表示されます。タッチパネル方式なので、スマホと同じように簡単に操作することができます。

f:id:ysk_wtnb:20170908200500j:plain

スマホやパソコンなどで使う場合は、初回のみルーターのパスワードを入れる必要がありますが、それを見ることができるのがこの「設定ウィザード」という画面になります。

パスワードは英数字が混ざっていて少し入力が面倒なので、気をつけましょう。

WiMAX2+にした理由

これはなぜかと言うと2つありまして、

  1. 外に持ち運べて便利だから
  2. 料金が安くなるキャンペーンをしていたから

といったものがありました。

まず1番目の持ち運べるというのは、僕は近所のカフェや都内のイベントなどによく参加しているのですが、そういう時にルーターを持っていると便利なんですよね。

まあ、大都会東京なので街中にフリーWi-Fiはたくさんありますが、やはり通信が不安定じゃないですか。あと使えるのは1時間までとか制限されているところも多いし。そういう時に重宝しますね。

そして2番めの理由なのですが、今WiMAX2+って結構色々なプロバイダがキャンペーンやっているんですよね。有名な企業だと

  • 楽天
  • BIGLOBE
  • GMO

などがやっていて、後はリンクライフやDTIというモバイル通信に特化した会社もキャンペーンを展開しています。

その中でも今回は、BIGLOBEのWiMAXを選びました。

BIGLOBEにした理由

それはひとえに、「通信料金が安くなるから」という理由からです。

このページ限定★BIGLOBE WiMAX 2+おトクな特典はコチラ>>

実はこれは僕もたまたま見つけたものだったのですが、BIGLOBEでは現在上のようなWEB広告限定の割引キャンペーンを開催しています。

この特典は普通にBIGLOBEのサイトにアクセスしただけでは適用されず、例えば「BIGLOBE_WiMAX」みたいな感じで検索しないと引っかからないもののようです。

ちなみにWEB広告を経由せずに申し込むと月額料金は約4000円(税込)からになりますが、広告を経由した場合は月額料金約2800円(税込)からの割引が適用されます。

最初このキャンペーンに気付かずにBIGLOBEに申し込んだ僕でしたが、翌日になって再度ネットで検索をかけていた時に、この広告を発見。慌てて前回の申し込みはキャンセルして、今回のを申し込みました(笑)。

また、僕は「安くなるには絶対にそれなりの理由があるはず」と考える性格です。ほら、スマホを契約する際にも「端末一括0円!(大量のオプションに加入すれば)」みたいなことってあるじゃないですか。

なので、BIGLOBEのコールセンターにも「これってなぜ安くなるんですか?何か裏があるんじゃないですか?」と聞いてみましたが、この特典はWEB広告を発見した人限定のもので、お宝探しみたいなものだと言われました(笑)。

実際、オプションなどは1個も契約していません。


ビッグローブでWiMAXのキャンペーンをチェック

ちなみにこれがそのキャンペーン広告です。

これは宣伝用のキャンペーン広告ですが、僕はグーグルで検索した結果たまたまこのキャンペーンを見つけ、「これいいじゃん!」と思って契約したクチでした。

仮にアフィリエイト案件にあるのを知っていれば、セルフバックでも使って上の広告を経由して申し込めばもっと得したのかもしれないと思うと……ちょっと損したかも。

肝心の速度

で、モバイルルーターにとって最も大事な「速度」の話になります。

はっきり言って速度に関する評判が悪いWiMAXですが、このWiMAX2+は、はっきり言って「かなり速いんじゃね?」と思います。

f:id:ysk_wtnb:20170908194545p:plain

↑昼間に計測したのがコチラで、

f:id:ysk_wtnb:20170908194511p:plain

↑深夜に計測したのがコチラになります。ちなみに計測した場所というのは、

  • 東京都中野区
  • 鉄筋コンクリート造マンション
  • 3階建て中の2階
  • 日当たり悪い

という場所でした。WiMAXは建物の中では電波が弱くなると言われていたので不安でしたが、速度に関しては全く問題なさそうですね。

ただ、上り速度が少し頼りないかな……?と思いますが、まあもともとWiMAX2+の上りは最大30Mbpsと速くはありませんし、インターネットをするにあたっては下り速度の方が何倍も重要ですから、そこはよしとします。

というわけで、この2枚の速度計測した画像を見てもらうと、どちらも50Mbps近くまで出ています。モバイルWi-Fiでこれはかなり速いです。過去に僕が引っ越す前の家で使っていたフレッツ光でさえ、こんなに出ていませんでしたし。

3日で10GBの速度制限後の速度

速度制限がなければ、コンクリートの建物の中でも50Mbps近くは出ることが実証されたWiMAX2ですが、では制限をくらった後はどのぐらいの速度になるのか?

ちなみにUQ WiMAXの公式サイトには、

  • 直近3日間での使用量が10GB以上の場合に
  • 翌日のネットワーク混雑時間帯(18時〜深夜2時)を
  • おおむね1Mbps(YouTubeを標準画質で視聴できるレベル)に制限

と書かれていました。

www.uqwimax.jp

実際に僕がWiMAX2を毎日繋ぎっぱなしにしていたところ、ルーターが実際に10GB制限をくらったようなので、その速度を測ってみました。

f:id:ysk_wtnb:20170913194406p:plain

それがこちらになります。

速度は約4Mbpsと、まあたしかに50M近く出ていたのと比べればかなり遅くなってはいますが、それでも他のキャリアよりは制限はゆるいですよね。他は128kbpsという、本当にウェブページ1つ開くのだけでも難儀するようなキツい制限してきますから。

f:id:ysk_wtnb:20170913194710p:plain

そしてこれが、速度制限が解除された日の朝に計測した速度です。WiMAX2としてはまだ速度が出きってない感じはしますが、まあ20M出れば、通常の使用方法ならば全く問題ないでしょう。実際、僕は問題なく使えて満足していますし。

おわりに

はい。そんな感じで、WiMAX2+はかなり使えることが分かっていただけたのではないでしょうか。

これのおかげで、家で通信するのも快適にサクサクと行えていますし、WiMAXは通信容量の制限がない(3日で10GB以上使うと、速度を最大1Mbpsにする規制はある)ので、心置きなく使えて最高ですね。

また、固定回線と違って工事の必要もないので、申し込んで端末が届けばすぐに使うこともできるのも便利ですよね。僕は結構せっかちな性格なので、工事日がなかなか決まらないとすぐにイライラしてしまうので……(笑)。

BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン

スポンサーリンク  

朝日新聞にインタビューが掲載されました

f:id:ysk_wtnb:20170906014126j:plain

皆さんおはようございます。管理人のYoshikiです。

shikujiri.me

はい、こちらの記事にも書きましたが、7月に朝日新聞の記者の方から受けていたインタビューがこの度、朝日新聞に記事として掲載されました。

8月5日午後、東京・新宿の都庁前に弁当配布を待つ83人の長い列ができた。野宿者や生活困窮者に弁当を配り、健康・生活相談に応じる「新宿ごはんプラス」の活動だ。共同代表として大西も参加する。

 約5カ月前、ここから男性(30)は、「ネットカフェ難民」を脱した。

「久しぶりに家具をそろえる。もう一度社会復帰したい」。7月下旬、男性は東京都内の6畳半に入居した。家賃5万3700円。生活保護を受給し、うつ病などの療養を続けている。

福島県出身。07年に20歳で甲信越地方のパチンコ会社に正社員として入社した。6年勤めたが、上司や客との関係に苦しみ、うつ病を発症。退職して13年6月に上京した後は関東各地で派遣社員として働いた。

3月、工場を辞めて流れ着いたのが、1日2400円の東京・新大久保のネットカフェ。「難民」生活を続けながら仕事は見つけた。だが先に金が底をついた。まだ夜は寒い。路上生活も覚悟したが、ごはんプラスにつながった。

親には頼れなかった。うつで正社員を辞めた時、親から「根性が足りない」、妹の結婚が決まると「お前も自立しろ」。「これ以上親に迷惑をかけるぐらいなら音信不通の方がいいのかなって」と男性は言う。

現在、野宿者支援のボランティア活動に顔を出し始めた。「この新しいコミュニティー、疑似家族の方が居心地が良いんです」

男性は東京の片隅で新たな「舫」を見つけつつある。(一部敬称略)

(平成とは プロローグ:5)郵便受けの500円、細いつながり 名古屋報道センター・斉藤佑介:朝日新聞デジタルより引用。

ちなみに、朝日新聞デジタルで全文を読むには会員登録(無料)が必要みたいです。紙面で読む場合は、今週の月曜日に発売された朝刊にこの文章が書かれています。

今回のインタビューのテーマは「平成の30年を"貧困"という視点から振り返る」というものでして、これから月に1回程度の連載形式で進んでいくようです。

平成天皇が30年の節目を持って天皇の座を皇太子殿下に譲位するというのが話題になっていましたが、それに合わせて今までの30年を振り返る企画だということです。

昭和末期にバブルが崩壊してから今に至るまで、特に平成生まれの世代は「経済力のある日本」というのを見れずに育ってきています。

その中には、就職氷河期、日雇い派遣問題、ブラック企業問題などなど、様々な”働く”上での問題が生じ、今の日本人は仕事に希望を持ちづらくなっていると思います。

そんな社会の中で、このインタビューが僕に回ってきた理由としては、過去にネットカフェ難民をしていた経験や派遣で食いつなぐような生活をしていて、現在は生活保護を受けている。

そんな「貧困真っ只中の底辺おじさん」ということで、面白がられたのではないか?という気がします。

ただ、この企画は朝日新聞から一直線で僕に依頼が来たものではありませんでした。

僕が普段お世話になっているNPO法人に来た依頼を、そこの代表の方が「知り合いにこんなヤツがいるけどどうよ?」と話をしてくれた事によって回ってきたものでした。

インタビューを受けた頃の僕は、ちょうど個室シェルターからマンションへ引っ越す直前だったので「底辺から這い上がろうとしている青年」みたいな感じで、尚更企画の趣旨とマッチして、面白がられたのかもしれません。

www.continue-is-power.com

↑インタビューを受けたのはこの記事を書いたころでした。

しかしまあ、たしかに自分でもまさか生活保護を受けるまでに転落してしまうとは思ってもみませんでしたけどね……。

別に生活保護利用者が底辺だとは言いませんが、僕のように30代で受けている人って割合としてはかなり少ないですし、面白いというか珍しさでいえばあるのかもしれませんね。

……あーあ、銭形金太郎に出てきていたビンボーさんたちを笑って観ていた頃に戻りたいなですね(笑)。とにかく、貧困真っ只中にある30代の転落人生として楽しんで読んでいただければ幸いです。

今までブログで色々書いてきましたが、結局はこんな生活になってしまったオッサンの戯言として、ぜひ反面教師にしていただければと思います。

スポンサーリンク  

「アルファ米」が保存食だけど美味しかった

f:id:ysk_wtnb:20170824220701j:plain

最近、お腹が空いたけどご飯を炊くのが面倒なときに、よくこの「アルファ米」という保存食を食べています。

作り方はとても簡単だし、ボリュームはあるし、保存食で5年は寝かせておけるし、今家にあるのはホームレスを支援する団体に貰ったものなのでタダですし、そんな感じでかなり重宝させていただいております。

アルファ米の『アルファ』とは、お米に含まれる「デンプンの状態」を示しています。お米は70~80%がデンプンでできています。

生デンプン(生米)は、そのまま食べてもまずく、消化しにくいため栄養になりにくいのですが、水を含ませ熱を加えると、美味しくて、しかも消化しやすいデンプンに変わります。これを「アルファ化デンプン」といいます。

この「アルファ化デンプン」は、とても不安定なデンプンで、そのまま放置しておくと、また生デンプンへ戻っていきます。つき立ての“軟らかいおもち”がカチコチの“硬いおもち”に変わる、“炊き立てのご飯”が“ポロポロのご飯(冷や飯)” に変わるのは、「アルファ化デンプン」が生デンプンへ戻る現象なのです。

しかし、この生デンプンに再度、熱を加えると、再び「アルファ化」に変化し、軟らかいおもち、ふっくらとしたご飯に戻ります。この様に、デンプンとは非常に面白い特性を持つ物質なのです。アルファ米は、この面白いデンプンの特性を生かした食品です。

アルファ化したご飯は水分を除く(乾燥)と、生デンプンへ戻らず「アルファ化デンプン」の状態を保ち続けます。そして、このアルファ米にお湯や水を加えると、煮炊きせずとも、軟らかく美味しいご飯ができ上る、という訳です。

アルファ米について | アルファ米を知る | 尾西食品株式会社より引用)

というのがアルファ米だそうです。昔で言う「乾飯(ほしいい)」のようなものでしょうか。

これの作り方を簡単に説明しますと、

f:id:ysk_wtnb:20170824220921j:plain

まず開けます。この時点ではお米は乾燥してカピカピになっています。

f:id:ysk_wtnb:20170824220952j:plain

袋の中にはこれら3点(スプーン、粉末調味料、乾燥剤)が入っています。3つとも必ず取り出しましょう。

f:id:ysk_wtnb:20170824221602j:plain

粉末調味料を米に混ぜます。写真で見る限りだと分かりづらいと思いますが、すでに調味料は入れた後です。

f:id:ysk_wtnb:20170824221727j:plain

注水線と書かれている位置までお湯かもしくは水を入れます。ここより上だと柔らかく、下だと硬いご飯になります。

お湯の方が出来上がりが早いので、お腹が空いて死にそうだという人はぜひお湯を入れましょう。お湯を入れたら15分ほど待ちます。

f:id:ysk_wtnb:20170824221938j:plain

パッケージの裏面にも書かれていますが、お湯は15分、水の場合は60分で出来上がります。60分待つのは米を炊くのと時間的にほとんど変わらない(むしろ普通に炊く方が早い?)ので、僕は毎回お湯で作っています。

f:id:ysk_wtnb:20170824222339j:plain

出来上がりです。見た目は不格好ですが、味は結構美味しいです。お湯を入れて15分待てばコレが作れるならと考えると、米を炊くのがダルくなるレベル。

f:id:ysk_wtnb:20170824222521j:plain

前述したように、僕が食べているものは都内の支援団体から貰ったものなのでタダでした。では実際どのぐらいの値段で買えるのか?と思ってAmazonで調べてみると、

アルファ米 五目ごはん100g×5食

アルファ米 五目ごはん100g×5食

 

1食300〜400円前後するようです。予想以上に高かった……!
まあ災害時にはかなり重宝するであろう食料品なので、このぐらいの値段がするのも仕方がないのかもしれません。

僕の普段の食事では400円もする食材は高級品なので、今後はもっと大事に大事にしながら食べていこうと思いました。ていうか、家に米あるんだから最初からそれ炊けよって話ですね。

これから東京は大地震が起きるとか起きないとか言われていますので、今後そういう大災害が起きた時のために備蓄しておこうと思います。タダより高いものはないですし。

スポンサーリンク