読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

パチンコ(パチスロ)を打つ客が求めているのは「店員の笑顔」でなく「出玉」だ

パチンコ業界

f:id:ysk_wtnb:20161207170414j:plain

(※この記事は2016年12月7日に更新しました)

みなさんこんにちは。
元パチンコ店員のYoshikiです。

◆目次◆

笑顔で挨拶!

「お客様には"笑顔で挨拶"しろよ!」

このセリフは、いまやどのパチンコ店でも言われます。
まあ一応接客業だし、無愛想よりはマシかな?とは思います。

しかし、最近のパチンコ店は

「玉を出さない(お客に還元しない)のを、"笑顔で挨拶"でごまかしている」

と思うわけです。
これは、僕が店員として働いていた頃から思っていました。

店は常にお客の利益を抜くような調整にしているにも関わらず、お客には笑顔で接しろと。それによって、負けているお客のイライラを"やわらげろ"と。

はっきり言って、

そんなんでやわらぐわけねーだろ!

という話なんですけどね…。
そんなの、少しパチンコを打つ人なら誰だって分かること。

パチンコ店と新卒採用

しかし、最近はパチンコ店を運営する会社では「新卒採用」をするのが一般的になってきました。30年前のパチンコ業界では、考えられないことです。

そこで新卒入社する学生を集めるために、業界全体が

「パチンコは"ギャンブル"じゃなくて"アミューズメント"ですよ!」

と、クリーンさをアピールするようになりました。

今もなお、世間体が低いパチンコ業界。
そうでも言わないと、学生が集まらなかったという側面がありました。

完全に「アミューズメント?何言ってんの?」という感じですが、僕もそれに惹かれて入社してしまった人間のひとり。
業界のことをよく知らなかったがために…!(笑)

そうやって集まった学生の中には、パチンコのことを全く知らない人も数多く入社してきました。僕が勤めていた会社の店長陣にも、「パチンコを全く打たない」という店長は少なくありませんでした。

お客が求めているもの

どんどん、パチンコ業界をクリーンなものにしていこうとする業界の人々。
それはそれでいいと思いますが、重要なのは

「打ちに来るお客さんが、何を求めているか?」

ではないでしょうか。それは、

店員の笑顔ではありません。
美男美女の店員ではありません。
店の清潔さではありません。
店内の豪華さではありません。
景品コーナーの充実さではありません。

どれも「あるに越したことはない要素」ですが、それが最重要ではありません。

お客が求めているものはただ一つ。
「出玉」です。すなわち「勝って帰ること」です。

しかし最近は、店員は爽やかな笑顔をしているけど、お客が渋い顔をしているホールが多くなっています。店員はヘラヘラしているけれど、お客はみんなイライラした顔をしている。

増えるのは玉ではなく、タバコだけ…。
そんな状態のお店が、多くあります。

マルハンの功罪

元々、業界で「笑顔で接客する店員」を最初に作ったのは、現在業界最大手となっているマルハンだと言われています。

十六歳漂流難民から始まった2兆円企業

十六歳漂流難民から始まった2兆円企業

 

この本は、マルハン創業者の自伝です。
僕も買って読みましたが、この本には

パチンコ業界は、サービス産業としてなっていない。
お客様をお客様とも思ってない。

文句あったら、言ってみいという姿勢でホールに従業員が立っている。
かえってお客様に威圧感さえ与えている。

(本書218ページより引用)

という一文があります。

このパチンコ業界が古くから持つ「接客をしない接客業」を変えるために、マルハンはどこよりも早く接客に力を入れ出しました。 

マルハンのこの姿勢そのものは、とても素晴らしいことだと思います。

業界を健全化させるためには、パンチパーマのおっさんがタバコを吸いながらドル箱(パチンコ玉を入れる箱)をお客に渡すなんてのは言語道断。

しかし、その時代は今とは異なります。
パチンコ業界の市場規模は上がり続けていて、ほとんどのお店が儲かっていた時代。

それこそ、黙っていてもお客はどんどん来ていたでしょう。
今はそうは行きません。

世の中はずっと不景気だし、丁寧な接客なんてどのパチンコ店でもしています。
丁寧な接客をすること自体が、コモディティ化しているのです。

接客に力を入れる一方で、出玉に力を入れる店は減っていると感じます。
かつて僕が住んでいた地域のパチンコ店は、どのお店も

「一箱しか出ていないのに、何箱も出ているように見せる」

ことに、心血を注いでいました。
もちろん、僕が勤務していた店も…。

空のドル箱や箱に刺すPOPなどをうまく使えば、一箱しかないものを二箱にでも三箱にでも見せれてしまうんですよね。

僕は「アホかよ…まるで詐欺じゃん」と思っていたので、空箱を使うやり方(ちなみにこのやり方は、業界用語で"演出"と呼ばれています)はしませんでした。

しかし、店長は少しでも多く出ているように見せたがる。
演出について、僕はよく店長と衝突していました…(笑)

マルハンが接客に力を入れたことは、業界にとって良かったこと。
しかし、それを重視しすぎるあまり、一番大事な部分が見えなくなったお店が増えたのではないでしょうか。

笑顔よりも玉を出せ

現在、僕はまったくパチンコ(パチスロ)をしなくなりました。
お金がないというのが一番の理由ですが、興味もほとんどありません。

しかし、打つからには勝ちたい。そういうお客の心はわかります。
なぜなら、パチンコ依存症だった経験があるので…(笑)

※パチンコ依存症に関しては、これらの記事をどうぞ。

なので、パチンコを打たない店長たちよりも「顧客目線」で考えられると思っています。そんな僕から言わせてもらうと、

「店員のヘラヘラした笑顔なんていらないから、千円でいいから還元しなさい。お客が求めているのは、店員の笑顔じゃなくて出玉だ!」

と言いたい気分ですね。

千円でも勝てれば、お客がブチ切れて台を破壊するなんてアホみたいな事件が起きる確率は、グッと下がると思いますよ。

夏にもこういう事件が起こりましたが。

今はパチンコ、パチスロを打つユーザーというのはどんどん減り、市場規模もピークの30兆円から18兆円に減少しています。

あまりお客から搾取を続けていると、いつしか業界そのものが危うい状態になってしまうのではないでしょうか。元店員として、やや不安に思います。

スポンサーリンク
 

パチンコ店などの接客業では「新人研修で絶叫させる」のが当たり前?

パチンコ業界

f:id:ysk_wtnb:20161207060903j:plain

(※この記事は2016年12月7日に更新しました)

みなさんこんにちは。
元パチンコ店員のYoshikiです。

僕はいままで二回ほど、接客業の会社に正社員として入社しました。
ちなみに、一回目が当ブログのテーマにしている「パチンコ店」で、二回目が「携帯販売の代理店」でした。

今回は、その両方で経験した「新人研修」について書いてみました。

◆目次◆

接客業の新人研修

①パチンコ店の場合

僕はそれまで仕事というと、コンビニのアルバイトをした程度でした(学生だったからだけど)なので、「パチンコ店に就職する」ということがどういうものなのか、イマイチ理解していませんでした。

その会社は毎年、県内の山奥にある某リゾートホテルにて新人研修を行っていました。

座学研修が主で肉体を酷使するような過酷な研修はほとんどありませんでしたが、研修の最終日に行われたものが、とても大変でした。

それが、「絶叫挨拶」でした。

内容は、ホテルの中にある体育館ほどの広さのホールにて、接客時に使う挨拶(いらっしゃいませ、ありがとうございました等)を文字通り「大絶叫」するというもの。

しかも審査員(本社の偉い人)が5人ほどいて、全員が合格を出すまで終わらない。というものでした。

新人研修ということもあり、審査員は全員厳しめ。
三回目ぐらいまでは、誰も合格を出しません。

当然、人間の喉なんて絶叫を繰り返しても耐えられるほど頑丈にはできていません。
三回目の絶叫挨拶を終えるころには、全員の喉がガラガラになっていました。

もちろん女性社員も。

6~7回ほど絶叫挨拶を繰り返して、ようやく合格。
しかし、翌日は喉が痛くて痛くて、正常な声の人は誰もいませんでした…。

②携帯販売会社の場合

パチンコ店に入社してから6年後。
退職していた僕は、東京に本社がある某携帯販売会社の代理店に入社しました。

ここは、某大手通信会社であるY社(当時E社)の代理店であり、業務内容は

「E社の扱う商材を、家電量販店などで販売する」

というものでした。

ここでも、入社して一番最初に新人研修がありました。
連れていかれたのは、富士山のふもとにある某保養所。
周囲にあるのは、キャンプ場とゴルフ場のみ。そんな場所でした。

ここでの新人研修でも、最終日に「絶叫研修」がありました。

ただし、パチンコ店と異なったのは、ここで絶叫したのは挨拶ではなく、その会社が掲げる「社訓」でした。

ただし、その内容は

「契約とれるまで帰ってくるな!我ら火の玉特攻隊!!」

という感じで、まるで軍隊のような社訓でした…!(笑)

そしてそれを、超早口でまくしたてながらの絶叫。
大声でなければNG、早口で噛んでもNGという、パチンコ店時代を超える厳しさ。

軍隊営業系の会社だったので、上司もいかつい人ばかり。
合格が貰えないと、

「テメーらやる気あんのかオラァ!!」

と恫喝してくる。
そんな、とてもつらい新人研修でした。

結局、ここでは6回ほど絶叫社訓を唱和し、ようやく合格をもらえました。

僕はパチンコ店時代に似たような研修の経験をしたので、合格を貰っても冷静でした。
しかし、中には合格を言われた瞬間に嬉しさで号泣する人も…。

ちなみにパチンコ店時代の研修にも、合格後に嬉し泣きしている人は多くいました。

数年前、「餃子の王将」での新入社員研修が「スパルタすぎる」と話題になりました。動画は削除されたようですが、合格を言い渡された途端に号泣する人も多数いました。

打たれたムチが痛ければ痛いほど、その後に貰うアメに感動して泣いてしまうのだと思います。

僕が受けた研修でも、泣いているのは女性社員が多かったですね。
きっと、「厳しく叱られる」という経験が少ない人が多いのでしょう。

こういうのって、ほとんど「洗脳」ですよね…。

絶叫研修はやめなさい

以上、僕が経験した2社の「絶叫研修」について書いてみました。

接客では「大きな声で挨拶」をするのが大切だと言われています。
しかし、僕は研修で絶叫をさせてまで、大きな挨拶を徹底させる必要はないのではないか?と思います。

声がそんなに大きくなくても、丁寧な接客がいいという人もたくさんいますし。

そしてこれはよくないと思っているのが、大きな声が出ていないことに対して「恫喝をする」ということ。これはやめた方がいいと思います。

なぜなら、恫喝されながら育った新入社員は

「部下教育とは恫喝するものだ」

と思ってしまうからです。すると、その部下はさらに部下に対しても恫喝をする。
そういった「負のスパイラル」ができてしまいます。

特に2社目の携帯販売、ここは辛かったですね。
「この会社は恫喝する人間しかいないのか?」と思いました…(笑)

なので、こういった「激怒や恫喝によって新人を社畜にする」ような研修は、もうやめた方がいいと思うんですよね。なにより古いですし。

「気合と根性で働くのは昭和で終わった」と、研修担当は認識しましょう。

スポンサーリンク
 

パチンコ店員時代の「対応に困ったトラブル」を5つ思い出してみた

パチンコ業界

f:id:ysk_wtnb:20161205192134j:plain

(※この記事は2016年12月6日に更新しました)

みなさんこんにちは。
元パチンコ店員のYoshikiです。

今回は、

「パチンコ店員時代の対応に困ったトラブル」

について、記事を書いてみました。

パチンコ店というのは、店員もお客も含めて、大勢の人で賑わう場所です。
人が多くなると、当然トラブルも多く発生します。

僕は約6年間パチンコ店に勤めていましたが、今回は「働いていた時に体験したトラブル」を思い出しながら書いてみました。

よければ、お付き合い頂ければと思います。

◆目次◆

対応に困ったトラブルベスト5

第5位:盗難事件

冒頭に書きましたが、パチンコ店というのは多くの人で賑わいます。
多くのお金が飛び交う場所だからなのか、実に多くの「盗難事件」が発生します。

ざっと思い出してみても、

・お客の財布
・お客のパチンコ玉やメダル
・店のトイレットペーパー
・景品コーナーにある景品

こういったものが、よく盗難被害に遭っていました。

お客の財布はもちろん「お金目当て」ですし、お客の出したパチンコ玉やメダルも最終的にはお金に換えるので、お金目当てと言えます。

また、店のトイレットペーパーもよく盗まれました。
なぜか圧倒的に女子トイレが多いという…使用頻度が高いからかな?

他にも、景品コーナーにある景品もよく盗難されていました。
特に多かったのは、お菓子や洗剤などの日用品。

きっと、小さくて隠しやすかったからだと思います。

しかし、盗難した犯人が捕まることは少なかったです。理由は、現行犯で捕まえられる可能性が低かったのと、意外と被害届を出さない被害者が多かったから。

まあ被害者が自ら泣き寝入りするのはまだいいのですが、腹が立つのは

「開き直る加害者が多かったこと」

でした。

運良く捕まえられたとしても、まあ開き直る人間の多いこと多いこと。
加害者の言い分はいつも、

・拾った金を貰って何が悪い!!
・この店でいくら負けてると思ってるんだ!!

この2つがほとんど。

1つめは「良いわけねーだろボケ!!」という話だし、
2つめも「それとこれを一緒にするんじゃねえ!!」という話です…。

パチンコ店には本当に民度の低い、犯罪者予備軍のような人がたくさんいます。
店員として働く人は大変ですよ…。

第4位:台へのイタズラ

4位は、パチンコ・パチスロ台へのイタズラです。
特に多かったのは、

「台へ飲み物を流し込む」

これがとても多く、そして極めて迷惑な行為でした。
特にコーヒーやジュースの「甘いもの」は最悪。

パチンコ台というのは、精密機械がいくつも繋がれています。
そこに水分を流し込まれることで、台が壊れる危険性があります。

ただの水やお茶ならまだマシですが、前述した甘いものを流し込まれると、その部分がベタベタしてしまい、やがて玉やメダルがそこを通らなくなり、遊技が完全にできなくなります。

こうなると、非常に面倒です。
台を分解して、ベタベタする部分をキレイにしなければなりません。

ここまで来ると、場合によっては警察に「被害届」を出すことがあります。
理由としては、

・遊技できなくする=営業妨害である
・台を分解する=余計な人件費がかかる
・よって、迷惑行為の範疇を超えている

パチンコ・パチスロ台って、分解するの大変なんですよ。
前述しましたが、精密機械がいくつも繋がっているものなので…。

ただし、犯人を捕まえられる可能性は低いです。
そんな行為をして、また来店する人間は少ないですからね…アホな犯人は来ますが。

第3位:店内が停電

パチンコ店というのは、膨大な電気を使っています。
パチンコ・パチスロ台の電気、店内の照明、外のネオン…その他もろもろ。

そんな状態なので、万が一停電になった時はもう大変です。
特に「大当たり中」のお客なんて、発狂します(笑)

まあ、やっと引いた大当たりなら気持ちが分からなくもないですが、
「おいおい…ちょっと落ち着けよ」となります。

実は今のパチンコ台というのは、ちゃんと内部で

「台の状態を記憶」

するようにできています。
なので、もし大当たり途中で電源がOFFになっても、再度ONにすると大当たり中から再開します。

それを知らないお客が発狂するので、なだめるのが一苦労ですね…。

ただし、台というのは当然「機械」なので、故障することもあり得ます。

これは僕が店員としてではなくお客として行ったお店での出来事ですが、

・打っていたパチスロ台が「ボーナス確定画面」になる
・その瞬間、店全体が停電になる
・復帰したが、確定画面からフリーズして動かない
・復旧不可能ということで、ボーナス分のメダルを補償されて終了

ということが、実際にありました。

f:id:ysk_wtnb:20161205201351j:plain

(↑パチスロ「新世紀エヴァンゲリオン」のボーナス確定画面)

僕が打っていたのはエヴァではありませんでしたが、こういう画面で完全に固まってしまったのです。

その時は、僕も店員経験者だし、機械が故障するのはある意味当たり前。
なので、何も言わずに補償だけしてもらって終わりました。

ちなみに、ほとんどのパチンコ店には

「地震、雷など"天災"時の補償は一切お断りしております」

というような貼り紙がしてあります。
なので、もしかしたら補償すらしてくれないお店の方が多いかもしれません。

しかし、大当たりしていたお客は必ずと言っていいほどクレームをつけてくる可能性があります。それに対処するのも大変でしたね。

第2位:ヤクザの親分が激怒

過去にはこんな記事も書きましたが、パチンコ店には「ヤクザ(暴力団)」がよく来ます。

やはりヤクザはギャンブルが大好きなのでしょう。
僕が働いていたお店にも、その街を仕切っているヤクザの「親分」が、常連としてよく来店していました。

普段はカタギの一般客とあまり変わらず、静かにパチンコを打っている親分。

しかし、とあるアルバイト店員が親分に無礼な振る舞い(ひょんな事から、親分の服を引っ張ってしまった)をしてしまいます。

するとさあ大変。

「てめえ、何してんだこの野郎!!」

と、アルバイト店員をどこかへ連れていこうとする親分。
アルバイト店員は必死に「誰か助けてー!」とインカムを飛ばす…(笑)

結局、その時間にいた責任者(店長ではない)が対応しましたが、親分は

「責任者のてめえが指詰めろ!!」

と、ずっと責任者に激怒していました。
「指詰めろ」って…Vシネマでしか観たことなかった(笑)

ちなみにその後、警察がやってきたのですが、

警察「ご職業は?」
親分「ヤクザ」
警察「あー…じゃあ"無職"って書いておきますね」
親分「…ああ、そうだな」

というやり取りをしていたのが面白かったです(笑)

第1位:東日本大震災

やはり、1位はコレですね。東日本大震災。

上の記事にも書きましたが、2011年3月11日当時。
僕は地方のとあるパチンコ店で働いていました。

震度6を超える地震というのは、やはりとてつもない衝撃でした。

店内にある物はすべて倒れたり。
玉やメダルは散乱したり。
設備が動かなくなったり。
そして、天井の一部が抜け落ちてきたり…!

もうね、本当に大変でした。

さいわい停電にはならなかったのですが、営業続行は不可能。
店は一ヶ月ほど営業をストップし、僕ら会社の人間は県外へ避難しました。

その後、4月になってから店は再開しました。
最初はいい感じに再スタートを切れたと思いましたが、

4月11日に、再度大きな地震(余震?)が来てしまいました。

これによって、ライフラインは再度停止しました。
前回は電気がギリギリ生きていたのに、今回は電気・ガス・水道すべてが停止。

震度は4月の方が低かったのですが、体感的にはこっちの対処の方が大変だったのを、いまだによく覚えています。

そしてつい先月、再び大きな地震があったではありませんか。
僕はもうパチンコ店員ではありませんが、

「また3.11のような巨大地震が来るかもしれない…」

と思うと、気が気ではなくなってしまいます。
あっちには知り合いも何人かいますし。

どうか、震災前のような平穏な日々が続きますように…。

おわりに

以上、ランキング形式にて5つ書いてみました。

お客として行く人ならともかく、店員として働いている人や過去に働いていた人には、思い当たる部分もあったのではないでしょうか。

冒頭にも書きましたが、パチンコ店というのは非常にトラブルが多くあります。店員はもちろん、お客として行った場合でも巻き込まれる可能性があります。

パチンコ店に行く際には、十分に注意しましょう。

スポンサーリンク