読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

マスオさんと野原ひろしのサラリーマン待遇が予想以上にすごかった

その他

(※この記事は2016年11月18日に更新しました)

みなさん、こんにちは。
当ブログ運営者のYoshikiです。

◆目次◆

マスオさんと野原ひろし

自分で働き、お金を稼ぐようになり、僕は気づいたことがあります。
それは、 

・サザエさんのマスオさん
・クレヨンしんちゃんの野原ひろし

この2人って、実は「サラリーマンとしてかなり高待遇なのでは?」と思いました。そして調べてみたところ、実際にどちらもかなりの高待遇でした(笑)

なので、今回は二人が「どのぐらい優秀なのか?」を記事にしてみました。子どもの頃には分からなかった、この二人の凄さ。今改めて見ると圧巻です!

①マスオさん("サザエさん"より)

まずはマスオ兄さん。
マスオさんのwikipediaでのプロフィールはこんな感じでした。

アニメ版のみの設定として、二浪した後に早稲田大学商学部に入学し、在学中は野球部に在籍(ただし、補欠。原作では「学生時代は豪速球のピッチャーとしてならした」と自慢している。

同大学卒業後、海山商事営業課に就職し、現在は係長。隣席は穴子。まだ20代ということで若干空回りやうっかりミスを発生させるため、部長や上司に指導を受ける場面もときどき見られるが、真面目な性格ゆえに信頼度も高い。 

え、

マスオさんって早稲田卒だったの!?

  

f:id:ysk_wtnb:20150204214508j:plain

それだけでも凄いけど、マスオさんなんてぼくから見たらパーフェクト人間ですよ。

だって、 妻であるサザエと仲良しだし、義父母である波平・フネの二人とも仲良し。義理の兄弟であるカツオ・ワカメとも仲良し。

さらには早稲田卒で、現在は係長だそうです。

ちなみに、年齢は32歳(アニメ版は28歳)という設定。まさに完璧ですね。同僚のアナゴくんとちょいちょい赤提灯に入る辺り、懐にも余裕がありそうですよね?(笑) 

②野原ひろし("クレヨンしんちゃん"より)

さて続いては、足が臭いことで有名な野原ひろし。
しんちゃんこと野原しんのすけのお父さんですね。 

そんなひろしの年収はというと……

アニメ第94話「ひさんな給料日だゾ」では月収は手取りで30万円(額面だと約40万円程度)、年収は約600万円台であるかのように表現されており同年代の平均収入を上回っているものの、みさえやしんのすけらからは「安月給」とバカにされている。 

……おいおい、

年収600万円超えとか凄すぎだろ! 

f:id:ysk_wtnb:20150508104519j:plain 

ちなみに、某まとめサイトだと年収650万円とも言われていますね。

それを「この安月給!」って言っちゃうみさえとしんのすけの金銭感覚ってなによ。ちょっと何言ってるか分からないってレベルだな!

ちなみに現在のひろしの年齢は35歳だということなので、現代日本でのリアル35歳の平均年収を調べてみました。

f:id:ysk_wtnb:20150204215418p:plain

※DODA調べ

このデータを見ると、35歳男性の平均年収は494万円。ひろしはこれを100万円以上も上回ってるじゃないですか!しかも一軒家まで持っているとか…凄すぎるな。

これで安月給って、みさえとしんのすけがちょっと贅沢すぎますね(笑)

磯野家と野原家は今の時代とずれている?

とは言え、この2つの一家を例に挙げるのはちょっと今の時代にはそぐわないのかな?と思ったりもします。

なぜなら、サザエさんは戦後~高度成長期(1946~1974年)に書かれたマンガですし、クレヨンしんちゃんもバブル崩壊直後の1990年から書かれたマンガ。なので、当時の30代でこのぐらい稼いでいる人は結構いたのかもしれません。

ただ、今の世の中ではこの二作品のような「普通の生活」すらも普通ではなくなって来ているのか……と思うと、世知辛い話だと思います。

もう僕は、ひろしやマスオ兄さんには共感が出来なくなってしまいました。ヒロシの足が臭いこと以外は(笑) 

現在は不況が長引いていて就職難と言われていますので、今の時代で考えると、ちょっと現実とかけ離れているのかもしれません。

果たして、僕がこの2人と同程度の年収に辿り着けるのはいつのことになるのやら……(´・ω・`)

サザエさん よりぬきマスオさん

サザエさん よりぬきマスオさん

 
野原ひろしの名言 「クレヨンしんちゃん」に学ぶ幸せの作り方

野原ひろしの名言 「クレヨンしんちゃん」に学ぶ幸せの作り方

 
スポンサーリンク