読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

夜勤対策のために、睡眠改善薬「スリーピン」を飲んでみました(追記あり)

仕事

f:id:ysk_wtnb:20161127194921j:plain

(※この記事は2016年11月27日に更新しました)

みなさんこんにちは。
派遣社員として働く、Yoshikiです。

今回は、夜勤で働いていた時期について書いた記事になります。

◆目次◆

夜勤がつらい

夜勤で働き始めてから一番つらいこと。
それは「上手く眠れない」ことです。

いつも朝8時に仕事が終わり、帰宅するころには朝10時ぐらいになっています。
片道2時間近くかかるため、家についた頃には体温が高い状態となっているので、身体が眠る状態に入るまでに時間がかかっているのだと思います。 

最近の僕としては、朝10時頃に帰宅してすぐに就寝。
しかし寝付けず、ご飯を食べたりダラダラして、12〜13時頃にようやく眠気が襲ってくるので、そこで眠ります。

しかし、そこでも熟睡できず15〜16時頃に起きてしまう。
そんな「眠れない」生活を送っています。

夜勤後に眠れない

最低でも7〜8時間ぐらい眠れれば、まだ元気に夜勤に行けると思います。
しかし、現状では眠ろう眠ろうとしても、4〜5時間ぐらいしか眠れないことが圧倒的に多くなっています。

眠れない状態というのは、やはり身体がダルい。
そんなダルい状態で出勤しても、夜勤中に眠くなる…。
という悪循環になってしまい、つらい状況で働いておりますです。

この状況をなんとかしなくてはいけないと思い、今回は

睡眠改善薬

という薬を購入してみました。

睡眠改善薬 

薬剤師の人からも聞いた話なのですが、睡眠改善薬というのは風邪薬などが持つ

「眠くなる副作用」

をメインの作用に持ってきたものだそうです。
そして、「依存性などはほとんどないように作られているので、その辺りは心配ない」ということを言われました。

ちなみに、睡眠改善薬の中でも最も有名であろう「ドリエル」は他に比べて値段が高いんですよね。

【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠

【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠

 

ドリエル、ネット上でもぼったくり呼ばわりされていました…(笑)

なので、今回はドリエルよりも安いジェネリック系の「スリーピン」という薬を購入しました。

「スリーピン」を買ってみた

f:id:ysk_wtnb:20150614114744j:plain

はい、これがスリーピンです。

【指定第2類医薬品】スリーピン 6カプセル

【指定第2類医薬品】スリーピン 6カプセル

 

カプセルの中身はジェル状の薬剤が入っていて、1回につき1錠飲みます。

これがドリエルの場合、同じ量の成分を摂取するためには、一度に2錠飲まないといけないんですよね。
ただでさえ1錠あたりの値段が高いのに…。

スリーピンを飲んだ感想

そして金曜日の朝11時ごろに初めてスリーピンを飲んだのですが、その効果を一言で言うと、

凄かった!

ですね。
あ、卑猥な表現じゃありません。

飲んだ当初、飲んだ直後は全く眠くならない。
なので「本当にコレ効いているのか?」と怪しんでいました。

しかし、飲んでから15〜20分ほど経過してきたところで、急速にまぶたが重くなるのを感じ、そのまま泥のように眠りにつきました。

スッと眠れましたよ、スッと!

そして起床したのが、夕方の18時ごろ。
その間途中で目が覚めるということは無く、7時間ほどグッスリ眠ることができました。

「睡眠改善薬すげえ!」

という感じですね。

睡眠改善薬の注意点

ただし、睡眠改善薬は「一時的な不眠症状」を和らげるための薬です。
なので、常用しているとすぐに耐性がついて薬が効かなくなってしまう。

ということも、薬剤師の人に言われていました。

ちなみに、ドリエルを販売しているエスエス製薬のホームページでは、このように記載されています。

睡眠改善薬とは、医師の処方が必要な「睡眠薬」ではなく全国の薬局・ドラッグストアでご購入いただける「寝つきが悪い」、「眠りが浅い」といった一時的な不眠症状※を緩和する薬です。

「睡眠薬」とは異なり、慢性的な「不眠症状」ではなく、「一時的な不眠症状※」に使用するもので、かぜ薬などに使用されてきた有効成分の眠くなる作用を利用したお薬です。

※一時的な不眠とは、「精神疾患等病的な原因のない人が経験する一過性の不眠」のことを言います。

僕にもさっそく耐性がついてしまったのかもしれませんが、初めて飲んだ翌日にも再度スリーピンを飲みました。しかし、今度はほとんど眠くならず…。

前述したように、睡眠改善薬と睡眠薬とは違うもの。
なので、飲んですぐに眠くなったりする薬ではないようですね。

ただ1つ気になったのが、スリーピンの説明書に書かれていた文章。
そこには、このように書かれていました。

寝付きが悪い時や眠りが浅い時のみの服用にとどめ、
連用しないでください

…この場合、2日連続で寝付きが悪かったらどうすればいいのでしょうか?
それこそ睡眠薬を貰いに行けとそういうことなのでしょうか?

来週、月曜の夜からまた仕事が始まります。
また寝付きが悪い日が続いた場合は、今度こそ「睡眠薬を処方してもらい」に行かないといかんのかな…?

と考えております。
とりあえずは、様子見ですね。

記事を書いてから一年以上経過して

さて、この記事を書いてから一年以上が経過しました。
ここから2~3回ほどスリーピンを飲んでみましたが、僕にはあまり効きませんでした。

一度、睡眠薬を処方してもらいにいこうとも思いましたが、
夜勤時代の会社の上司に止められたこともあり、結局は貰いませんでした。

やはり夜勤そのものが僕にとって合わないのかな…?
という考えもあり、現在は日勤のみの仕事をしている次第です。

もちろん、睡眠改善薬も、睡眠薬も必要ありません。
やはり人間は、太陽の出ている時間帯に働くのが一番健康的なのではないか?

現在は、そう思っています。

スポンサーリンク