読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

夏がくると思い出す「インキンタムシ」に苦しめられた話

思い出

f:id:ysk_wtnb:20150724122018j:plain

インキンタムシ【陰金田虫】とは

陰部・股(また)などにできる皮膚病の俗称。青年男子に多くみられる。頑癬(がんせん)・輪型の紅疹(皮膚炎)・疥癬(かいせん)・陰囊(いんのう)湿疹・小水疱性斑状白癬(ぜにたむし)などが含まれる。

あれは忘れもしない、高校生の時。

当時、今以上にデブだったぼくは高校の部活でジョギングの楽しさに目覚め、ダイエットも兼ねて平日も休日も走りまくっていました。

ちなみに、部活は陸上部ではなくて卓球部。「何で卓球部でジョギング?」と思う人が多いかもしれませんが、卓球って瞬発力と持久力両方持っていないと強くなれないスポーツなんですよね。中学ではお遊び卓球部だったのですが、高校の卓球部は結構真面目にやっていて、毎日走っていました。

今まで運動を全くしてこなかったぼくがジョギングを始めたところ、どんどん持久力がついてきて、それに反比例するかのように体重が落ちていきました。

そんなジョギングに夢中になっていた、高校1年生の夏。

急に、ぼくの股間がとてつもなく痒くなりました。

インキンになった人なら分かると思いますが、めちゃくちゃ痒いんですよね。冗談じゃなく痒い。夜もろくに眠れず、何度痒さで目が覚め、ボリボリやったことか…。

あと画像等は「インキン_画像」などで検索してもらえればすぐ出てきますが、太ももの内側あたりが赤くただれたようになり、そこが猛烈に痒くなります。

これはマズい!と思ったぼくは、すぐに皮膚科へ駆け込みました。すると案の定「インキンですね」という診断が下されました。

恐らく、ジョギングをしまくっていたせいでその周辺が蒸れ、太っていたせいで太もも同士が擦れて雑菌が繁殖したのではないか?と医者には言われました。

そして患部に塗る薬を貰いました。

一度友だちに薦められてウナコーワクールという蚊にさされた時に塗る薬を塗ったら激痛+患部が真っ赤になったので、医者から処方された薬を使うようにしましょう。ウナコーワ本気で痛かったからね!

とりあえず医者から処方された薬を塗る➔無くなったら病院へ行って経過確認+まだ薬が必要なら処方、を繰り返していたところ、2〜3ヶ月ぐらいで痒みは無くなり、患部の腫れもなくなりました。

それからは今まで以上にお風呂やシャワーを徹底するようにしていますが、本当にこの時期になると思い出すんですよね…あの青春(?)を。特にまたジョギングを再開しているので尚更。

皆さん、くれぐれもデリケートな部分は清潔にしましょう!男女問わずね。

⇧インキンで検索したら一番最初に出てきたので、一応貼っておこうっと!(笑)

おわり。

 

スポンサーリンク