読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

「ご苦労様・お疲れ様・お世話様」はどれが挨拶として適切なのか?

仕事

f:id:ysk_wtnb:20150826220746j:plain

おはようございます。

9月から新しい職場で働くため、現在就業前研修として某所で研修中のヨシキでございます\(^o^)/

まあ、内容はどの会社でもやるようなごく一般的なものなんですけどね。

今回は、その中でも最初に叩き込まれる「挨拶」について書いてみます。

挨拶はお疲れ様?お世話様?

朝の挨拶は皆さん「おはようございます」だと思いますが、例えば仕事中に廊下などですれ違った場合は何と言うでしょうか?

多くの職場が「お疲れ様です」ではないでしょうか?

ぼくは今まで働いてきたほとんどの職場が「お疲れ様です」でした。

しかし、今回は少し違うようで、お疲れ様ですではなく「お世話様です」と声を掛け合うように。と言われました。

お疲れ様ですを使わない理由として、講師の方は「"お疲れ様です"も本来は目上が目下に使う挨拶だから」と言っていました。

ぼくはそれが初耳だったので、少し調べてみました。

すると、最近ではタモリさんも同様のことをテレビで言っていたんですね。

日刊ゲンダイ|「お疲れさま」目上に?目下に? タモリの問題提起で議論白熱

番組内のコントで学者に扮したタモリは、最近の芸能界について、「撮影現場などで子役がやたらと『お疲れさまです』と挨拶するようになっている」と指摘。

その上で、「子役が相手を選ばず『お疲れさまです』を使うのはおかしい。『お疲れさま』という単語は本来、目上の者が目下の者にかける言葉」という趣旨の発言で、言葉が乱れているとの考えを示した。 

 …だそうです。これは本当に知らなかったので、勉強になりました。

ぼくがサラリーマンを始めたのが約8年前でして、その時から、前述したようにほぼ全ての職場においてお疲れ様ですを使ってきました。現在は「お世話様です」を使うように心がけていますが…まだ慣れません(笑)

ただ、1つ発見がありました。それが、

「お疲れ様です」を早口で言うと「お世話様です」に聞こえる!

ということです(笑)実際に早口で発音すると「おつぇぁつぁらです」みたいになって、通路ですれ違う1秒程度の中で言えば「お世話様です」に聞こえる!\(^o^)/

真面目にやれって話ですね。

他にも調べてみたところ、やはり「お疲れ様=目上の言葉」とされている記事が多かったですね。やはりそれが一般的なのでしょうか。

タモリ口火の「お疲れ様禁止」 「こんにちは」導入の会社も│NEWSポストセブン

この記事でも「後輩にお疲れ様ですと言われのは…」というコメントがありますし、ぼくらのような20〜30代の人々はまだしも、上の40歳以上の方に使うのは気をつけた方が良いのかも…?と思いました。

「ご苦労様です」と挨拶する会社もある

上の中でぼくは「ほぼ全ての職場が"お疲れ様です"を挨拶としていた」というような事を書きました。

しかし、世の中には色々な会社があるもの。過去に勤めていた職場では「ご苦労様です」を常に使うところがありました。

「ご苦労様」と言えば、目上が目下の人間に対して使う言葉として有名ですよね。目下が目上にお疲れ様ですと言ってもほとんど何も言われませんが、ご苦労様ですと言えばかなりの確率で「上司にご苦労様ですと言うヤツがあるか!」となるでしょう。

しかし、その職場では逆に「お疲れ様です」と言うのを禁じられていました。そしてその代わりに使う挨拶は「ご苦労様です」でした。

ちなみにその職場は、某大手家電量販店。誰もが知っているようなお店です。

正直に言って違和感がありました。しかし、ぼくは先輩に「お前、死んでもお疲れ様ですって言うんじゃねえぞ!」と言われていたので、辛うじて使いませんでした。

が、もし使ってしまった日には

「お前、オレが疲れてるって言いてえのか?」

と言われて激怒される。だから絶対に使うな!と念を押されていました。

結局一度も使うことはありませんでしたが、結局最後まで違和感ありまくりでした。

ただ、その違和感というのも、そもそもはぼくが昔から「社内の挨拶=お疲れ様です」と刷り込まれた結果なわけで、もしこれが最初からご苦労様ですだったらこうはなっていなかったでしょう。

上にリンクを貼ったタモリさんの記事にもありましたが、言葉ってその年代ごとに徐々に変わっていくものですよね。今の世の中でさえ、例に挙げたように企業ごとの挨拶の仕方が異なっているわけですし。

もしかしたら、30年後には目下の人が目上の人に「ご苦労様です」と言っても違和感のない時代になっているかもしれません。逆もまた然り。

言葉って、難しいですね。

言葉はその時々で変化する。ならば、美しい日本語って何なんでしょう?

もちろんそこに正解は無いのでしょうが、ふと疑問に思いました。

スポンサーリンク