読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

ネット上の「荒らし」や「炎上」が気にならなくなる5つの方法

その他

f:id:ysk_wtnb:20161125221506j:plain

(※この記事は2016年11月25日に更新しました)

みなさん、こんにちは。
当ブログ運営者のYoshikiです。

◆目次◆

荒らしや炎上が気にならなくなる方法

先日、こんな記事を読みました。

この記事を読んでまず思ったのは、

ああ、やっぱりあの記事荒れてたんだ。

ということでした。

すなわち、言及されていた記事のブコメは全く読んでいません(笑)
ネットイナゴの罵詈雑言なんて、いちいち読んで消耗していられませんので。

今でこそそういったコメントがあまり気にならなくなりましたが、昔はこうも行かずによく枕を濡らしていたものでした…(遠い目)

ということで、今回は自分の記事が荒らされたり炎上してしまった際の「気にならなくなる方法」を5つほど伝授しようと思います。

特にはてなブログって荒れやすくて有名ですよね。
ここでボロクソ言われたせいでブログサービスを移行したり、ブログそのものを辞めてしまった人も数知れず……。

なので、今回の話は特に「はてなブロガー」に読んでほしいですね。
それでは行ってみましょう。

①コメントは見ないようにする

やっぱり、まずはコレですね。
最近の僕は、もう完全にコメントは見ていません。

だって、どうせ不快になるの分かっているんだから。
そもそも読まなければいいだけじゃないですか?

ただ、人間って怖いもの見たさな部分があるので、ついつい覗いて凹んでしまう人もいるでしょう。見ないで見ないでー!誘惑に負けないで!(笑)

イケハヤさんではありませんが、僕もブログ開設当初からコメント欄も閉じています。もう10ヶ月ぐらい経つでしょうか。
閉じた理由も、変なコメントがついたからでしたね。

本当にしんどくなったら、ブコメも非表示にしてしまいましょう。

②「ファンもアンチも1PV!」と心得る

それでもしんどくなったら、下の動画を観ましょう。

特に下の動画のシバター、良いこと言うよなー。
僕もこのぐらいのメンタルを持てればいいなと思いますね。

前の記事にも書きましたが、アンチも1ブクマ、ネットイナゴも1PVなんですよね。
それは頭で分かってるんですけど、なかなか上手くいきずらいんですよね。

でも、いざネガコメとか見ちゃうとイラッとしてしまいますよね。
動画のシバターさんのように、

「アンチの皆さん、あざーす!」

と言えるようになりたいですね。

③自分の理解者を持つ

コレも大事なことかなーと思います。

今回記事にしてくれたのは「付利意雷布亜」さんというブロガーでした。
やっぱり理解者がいるのといないのとでは、批判された時のふんばれる強さが違うなと思いますね。

炎上ブロガーとして有名なイケハヤさんが炎上に耐えられる理由には、夫人の存在が大きいですみたいですし。

理解者が一人いれば、他の「その他大勢のジャガイモ」はどうでもよくなりますよね。

④ブログ以外に集中できるものを見つける

「集中している」というより「集中せざるを得ない」という方が正しい状態ですが、現在の僕は仕事に熱中しています。

正確には、忙しくて集中しないと帰れない状態だからなんですけどね…残業代美味しいれす(^q^)

仕事自体は忙しいですが、そのおかげでブコメなどのブログに対する反応もいちいち気にしなくなってきました。まあ、いちいち確認する暇もないし、そもそも確認する必要もないんですけどね。

忙しいからこそ、本当に見たいものしか見ない。
みたいな毎日ですね。

⑤炎上なんて「一時的なもの」と心得る

これは長期に渡ってブログを書いていれば分かることですが、炎上なんてのは、基本的に「一時的なもの」なのです。
ネットイナゴは常に最新の餌に群がりますから、こっちに来たかと思いきや、すぐにどこかへ飛び立ってしまいます。

なので、長くても2日ぐらいです。

その間だけ我慢すれば、ネットイナゴはやがて次の餌を求めてどこかへ飛来していきます。台風みたいなものですね。

おわりに

こういう記事を書くこと自体が、実は「荒らしや炎上を気にしている」ということの証明になってしまうかもしれません。
たしかに、昔は過剰に荒らしやネガコメに敏感になっていました。

しかし現在は、ネガティブな反応に対しても前ほどビクビクイライラする事はかなり減りました。
それが上に書いた5つの心構えや方法を実践した結果だと思います。

上記の5つを心に留めつつ、「自分が」楽しいブログライフを送りましょう。

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

 
スポンサーリンク