読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

果物の路上販売と「労働マルチ」の話

その他

f:id:ysk_wtnb:20161029185703j:plain

(※この記事は2016年11月25日に更新しました)

路上の果物売り

東京都内や地方都市に住んでいる人は見た事があるかもしれませんが、たまに「路上で果物を売っている人」って見かけませんか?

僕が初めてソレを見たのは名古屋に行った時でした。
その後に、東京や埼玉でも数回見かけた事があります。

そして最近、とある事情で過去にその果物売りをしていた人と知り合いました。
話を聞くと興味が出てきたので、この「果物売り」という仕事について、少し調べてみました。

とりあえずウェブログ 「あの、八百屋なんですけども」

たとえばこの記事のように、少し調べればこういった情報がゴロゴロ出てくるぐらいには有名のようです。
ちなみに、NAVERにもまとめられていました。

特徴としては以下のとおりで、

ちょっと観察すると売りつける人の特徴はだいたい一緒で以下のようです。
・見た目は比較的若者が多い
・やたら笑顔
・ダンボールかトレイに野菜(?)を積めて持ち運んでいる
・一人でふらふらと行動している
・一人で歩いている人(客)に対して、男に対しては女が、女に対しては男が近づいて来る

こういうのを読むと、出会った経験のある自分も同意できます。
女性一人で、駅弁販売の人のような出で立ちで、たしかあの時は…マンゴーを売っていました。

その時はもちろん怪しさもあったけど、路上で果物を売り歩いている人なんて初めて見たので、そっちの新鮮さの方が強かったなあ。

まあ、結局は買わなかったけどな!(笑)

軽トラで桃を安く売る類いの輩は知っていたが(5個300円とか激安の札を目立つように置いて、話しかけるとそっちは質が悪いからと3個1000円などの高い物を売りつけてくる)、こちらについては知らなかったのでネットで検索してみる。 

これはよく都内の駅前で見かけますね。
かつて荻窪駅と御徒町駅で見た覚えがあります。
どっちも警察に注意されていたけど…(笑)

たしかに、「結構安いよなー」とは思っていました。
しかし、そういう裏があったんですね…。
アメ横に売ってるものが安いのと同じ理由かな?

ちなみにこういうのは「労働マルチ」と呼ばれているらしく、

「『がんばれば高収入・好待遇が得られる』と説明されて、果物や雑貨の訪問販売に従事させられ、低収入で長時間労働を強いられるが、結果的に上層者に搾取されてしまう労働」 

若者を食い物にする労働マルチ 甘い言葉で誘い、違法な低賃金・長時間労働 | ビジネスジャーナル

というもの。
たしかに、その知り合いが言っていた会社を調べてみると、やたらと

・夢
・やりがい
・気合

・根性
・熱血
・絆

という類の文言がズラズラと書かれていましたね。
なんだよこれは…スパロボの精神コマンドかな?

そして「頑張れば高収入!」という言葉で洗脳して、長時間労働をさせるわけですね。うーん、これなんてネットワークビジネスですかね?

特に駅前で販売している桃に関しては、買ってしまいそうになっていた自分もいて、気をつけなければいけないな…と思いました。
質が悪いのを叩き売りしているという事実を知ったいまは、恐らく見向きもしないでしょうけど。

過去にはこんな体験もしたし、東京はおっかねえところですよね本当に。
まあ、今は横浜に住んでいるので都会に住んでいることには変わりありませんが。

そういえば、まだこっちでは果物売りに出会ってないな。
いるのはいるらしいんですけどね。

「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー (ベスト新書)

「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー (ベスト新書)

 

「意識高い系」という人種には、本当にろくなのがいませんね……。

スポンサーリンク