読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ業界での体験談がメインです

派遣において「20代未経験」と「50代経験者」はどちらが採用されやすいのか?

仕事 派遣業界

40+234 Work!
40+234 Work! / bark

派遣会社に勤めていると、日々色々な仕事が入ってきて、日々色々なスタッフを派遣就業させています。

その中でよく聞かれるのが、「若い未経験者」と「歳を重ねた経験者」はどちらが採用されやすいのか?という質問があります。

もちろん100%コッチだ!というものではありませんが、傾向としては「若い未経験者」の方が採用されやすいと考えて良いでしょう。

現代の日本において、若さというのは「ポテンシャルがある」という理由で、かなり強い武器になります。新卒採用や第二新卒採用が重視されるのと同じですね。

実際、先方も募集をかける時に「30代まで」とか「49歳まで」とか言ってきます。それをスタッフに言うのはNGなので伝えませんが、年齢制限は実際にあります。

今まで携わってきた案件から考えると、

「経験があれば50代ぐらいまでは許容してくれる会社は多い。60歳を超えていると…」

というのが、現状ですね。

若い人を採用したがる理由としては、前述したポテンシャル採用の部分もあります。が、やはり年齢が高い人は「謙虚さ」に欠けるわけです。言い換えると、扱いづらい。

場合によっては親子以上に歳の離れた上司と部下になるわけで、そんな上司から指導をされた際に素直に受け入れられる人というのが…はっきり言って少ない。

そういう理由から、高年齢の人を受け入れたがらない現場が多いのが、実情です。

しかし、経験者であれば50代以上でも採用してくれる所は多いし、未経験歓迎であれば年齢にあまりこだわらない所も多いです。向こうも人を欲しがっていますからね。

なので、今50代の派遣社員の方がこれを読んでいても、あまり落ち込まないでほしいと思います(笑)

おわり。

スポンサーリンク