読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

「一般派遣」「人材紹介」「紹介予定派遣」はどう違うのか?

仕事 派遣業界

f:id:ysk_wtnb:20151223104721j:plain

派遣会社が扱う案件には、主に3種類の雇用形態があります。それが

・一般派遣
・人材紹介
・紹介予定派遣

の3つです。
今回は、それぞれの違いについて書いていきます。

1:一般派遣

世間一般で言われている、いわゆる「派遣」というのは、大抵がコレです。登録スタッフは派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の現場へ就業する。というものですね。

雇用契約は派遣会社にあるので、お給料も派遣会社から支払われます。

2:人材紹介

人材紹介と一般派遣の違いとは、それが「派遣社員」として就業するのか「直接雇用」として就業するのかの違いになります。人材紹介の場合は、採用後は直接雇用になり、派遣会社との契約はそこで終了になります。

また、直接雇用になるので、派遣社員よりも給料や福利厚生の面が充実している場合が多いですね。交通費が支給される場合も多いし。

ただし、派遣会社はあまり人材紹介のお仕事を紹介したがりません。それはなぜか?

理由は、派遣会社は「人を派遣する」ことによって利益を上げる会社だからです。前述したように、人材紹介の場合は直接雇用として採用になった時点で、派遣会社の手を離れる事になります。一応紹介料のようなお金は貰えますが、それも一度きり。

対して、派遣の場合は継続的な利益が見込めるので、比較すると非常にメリットが少ない。なので、派遣会社は一般派遣の仕事を積極的にお薦めしてくるんですね。

3:紹介予定派遣

今まで書いた1番と2番の中間に位置する雇用形態が、この「紹介予定派遣」です。これを簡単に説明すると、

・派遣先の直接雇用になる「前提で」派遣社員として就業する

というものですね。
ちなみにそれを「転籍」と言い、大体3〜6ヶ月程度で直接雇用になる場合が多いです。

待遇としては、転籍前は派遣社員としての待遇であり、転籍後は直接雇用としての待遇に変更となります。なので派遣社員以上、人材紹介未満の待遇ですかね。

派遣会社は人材紹介の仕事は上に書いた理由から嫌がりますが、紹介予定派遣は派遣期間がある分まだ紹介しやすい案件として重宝していますね。

どの案件が多いのか?

今まで書いた「一般派遣」「人材紹介」「紹介予定派遣」の3つですが、派遣会社はどの案件を多く持っているのか?

これはもう断トツで「一般派遣」の仕事が多いですね。だって、派遣会社は「派遣した人数✕派遣期間」によって収益を上げるビジネスモデルですから。紹介予定派遣は派遣期間はありますが、後々直接雇用になってしまいます。

ずーっと派遣契約が続く一般派遣が、一番美味しいわけですね。

おわり。

スポンサーリンク