読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

note(ノート)で有料記事が売れる人と売れない人の違い

その他

f:id:ysk_wtnb:20160302070417p:plain

自分が書いた記事を有料で売ることができるサイト、note(ノート)が流行ってきていますね。

 これはブログ界隈で有名な「はあちゅう」氏や「イケダハヤト」氏が参入し、稼げることを宣伝しまくっていることが強く影響しています。

さらにはホリエモンこと堀江貴文氏も参戦したようです。盛り上がってるなー。

特にイケダハヤト氏の熱の入りようは凄くて、プロブロガーと名乗っているにも関わらず「ブログよりもnoteに注力します!」と宣言する始末(笑)

これらのインフルエンサーに影響を受けて、様々な人がnoteへ参入しているようです。 が、これらの人の中からは確実に「稼げる人」と「稼げない人」が出てきます。

当然ですが、全員が全員稼げるわけではありません。

この稼げる人と稼げない人の違いはというと、稼げる人は

「元々影響力がある人」

に限定されるという事です。

はあちゅうも、イケダハヤトも、ホリエモンも、他にnoteで稼いでいる人も、そのほとんどはnoteとは別の分野で成功している人ばかりです。
逆に稼げない人というのは影響力がなかったり、他の分野での実績が特にない人です。

ここを勘違いしてしまう人が、非常に多いんですよねぇ。

インフルエンサーが「これは稼げるよ!」と言えば、誰でも無条件で稼げると思われがちですが、そうではない。元々他の分野で実績を作り、影響力を持った人でないと、ほぼ稼げないと思っていいでしょう。

もちろん、noteで実績を作る方法もあると思います。それでも、最低半年〜1年間ぐらいは書き続けないといけないでしょう。お金目当てで参入した人は、ここで脱落してしまう人が多いんですよね。

稼げない時期を乗り越えられる人というのは、稼ぐためにやっている人ではなくて、稼げなくても好きだからやっている人です。

あなたは、noteで何年も稼げなかったとしても、やり続けることができますか?

この問いかけに「YES!」と言える人は、noteで稼げる要素がある人でしょう。逆に、すぐに稼ぎたい!という人は、noteでもnote以外のコンテンツでも、稼ぐことは難しいと思います。

「好きこそものの上手なれ」という言葉は真理だと思います。そして、そこにお金がついてくるまで継続できるのは、それ自体が好きで行っている人になるでしょう。

スポンサーリンク