読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

厚労省のニート支援「キミはまだ本気出してないだけ」は今すぐやめろ

仕事

f:id:ysk_wtnb:20161110215742j:plain

(※この記事は2016年11月28日に更新しました)

みなさんこんにちは。
当ブログ運営者の、Yoshikiです。

◆目次◆

仕事が続かない

短期(1〜4ヶ月)で仕事を辞め続けて、はや3年。
恐らく、僕は「1つの仕事を長く続けられない性分」であることに気づきました。

まあそれでも1社目で6年間続いたので元々はそうではなかったと思いたいのですが、いかんせんその1社目の影響で仕事が長続きしなくなってしまったと自覚しています。

恐らく、今の僕は「働く」ことそのものに怯えている状態のようです。

ここ3年ぐらいは、様々な職場へ就業しました。
しかし、そこで何か強いストレスを感じると、それが引き金となって会社へ行けなくなってしまう。

そんな状態で、職を転々としてきました。

それでも生活のために日銭を稼がないといけない。
なので、何かしらのアクションを起こすため、今回は新潟市にある

「地域若者サポートステーション(以下サポステ)」

へ行ってきました。

地域若者サポートステーション

サポステにてカウンセラーと40〜60分程度、会話をしました。
しかし、特に解決策が見つかったりだとか、自分の心が晴れたりだとかは無し。

むしろ、前回長々と話した自分の現状と考えられる原因について、もう一度最初から長々と話させられる始末…。
担当者が変わったとはいえ、「引き継いでおきますね」と言っていたのは一体何だったのか?

あ、それともこのもう一度言わせるのもカウンセリングの一種なんですかね?(笑)
結局、こっちが疲れただけで終了したカウンセリングでした。

キミはまだ本気出してないだけ

ちなみに、カウンセリングを一通り終えて帰る時に

f:id:ysk_wtnb:20160519114857j:plain

このようなパンフレットを貰いました。

「キミはまだ本気出してないだけ」って、どこかで聞き覚えのある言葉だな…と思って少し調べてみると、

俺はまだ本気出してないだけ コミック 全5巻完結セット (IKKI COMIX)

俺はまだ本気出してないだけ コミック 全5巻完結セット (IKKI COMIX)

 

これが出てきました。
漫画そのものは読んだことありませんが。

コレを厚労省が「ニート支援のためのキャッチコピー」に使っているということなんですね。

この貰ったパンフレットの中身はというと、「サポステがどういう支援をしているところか?」とか、「サポステを使って就職した人が何%います!」とか、そういった

サポステの宣伝

のような内容でした。

「本気」に対する違和感

それはまあいいんですけど、気になったのは表紙にある「本気」という言葉について。

「本気」とは

[名・形動]
まじめな気持ち。真剣な気持ち。また、そのさま。「―を出す」「―で取り組む」

2 めんこなどの子供の遊びで、勝てば相手の出したものを取れるというルール。ほんこ。 

本気にする
本当であると信じる。「作り話を―◦する」
本気になる
《軽い気持ちを改めて》真剣になる。「―・って戦う」

 (goo辞書より転載)

と、辞書を調べるとこういうことが載っています。が、僕は

「キミはまだ本気出してないだけ」

の一文を見てから、ずっと

本気って何だろう…?

と考えています。

20歳で就職をしてから就職し、仕事をしてきて、もちろん間違えたこともたくさんありました。が、仕事に関してはいつでも「本気」だったと思います。

本気を求めるのは逆効果

というか、本気じゃなかったらそもそも精神を病まないと思いますし。責任感が強くて、仕事に真剣に取り組むような人ほど、精神を病んでしまったり、最悪のケースである過労死に繋がってしまいます。

僕が今回サポステ行った動機もそうですが、あそこに行く人というのは

・働きたいけど、どうすればいいのか分からない・働きたいけど、一歩を踏み出せない・働いてきた過程でつまづき、悩んでいる

というような人が、相談するために向かうところです。

単に求職をする場所ではないからこそ、仕事を探す、いわゆる「ハローワーク」とは1枚壁を隔てた場所にあるのでしょうし。

(新潟市では1階が仕事を検索する場所、2階がサポステでした)

そういうのを目的として来所している人に、

「君はまだ本気を出してないだけだよ!」

と言われると、逆に負担になってしまうと思うんですよね。

散々本気でやってきたけど、まだ本気さを求めるの?

という気持ちになって、再就職をする気力もなくなる人もいるのではないでしょうか?

おわりに

これを見て、少なくとも僕の求職モチベーションはゼロになってしまいました。
パンフレットの表紙を見た影響が全てだ!とは言いませんが、何だか

「うつ病の人が"頑張れ!"と言われると負担に感じて逆に沈むというのは、こういう感覚なのかな…?」

と思います。

「本気」って、一体何なんだろう?
と、この表紙の台詞を見て思いました。

ただ、耳障りのいいキャッチコピーを並べても、なんの意味も無いと思いますよ。

スポンサーリンク