読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

1円や0.5円の「低玉貸しパチンコ」がもつメリットとデメリット

パチンコ業界

f:id:ysk_wtnb:20160613213307j:plain

(※この記事は2016年11月26日に更新しました)

みなさんこんにちは。
元パチンコ店員のYoshikiです。

◆目次◆

ここ最近のパチンコ業界ですが、

「低貸しパチンコ」

が流行っていますね。
ちなみに低貸しパチンコについて簡単に説明すると、

「従来のレート(1玉4円)よりも下がった1玉2円や1円などで打つことができるパチンコ」のことです。

ちなみに、もっと低いところだと1玉0.5円で貸し出すところもあります。
1玉0.5円となると、1000円で2000発が貸し出されます。

今までは1玉4円だったので、実に8分の1の価格差になります。
4円パチンコだと1000円で250発なので、かなりの差ですね。

ユーザーの使えるお金が減ってきたのが低貸しパチンコが流行った原因とされていますが、これが流行っていくことによるメリットは当然あります。

ただ、それと同時にデメリットも出てきます。

低貸しパチンコのメリット

まずはメリットですが、まず店側にとっては

集客力を高めることができる

というものが大きいでしょう。
4円と1円があれば、ユーザーの選択肢を増やすことに繋がりますからね。

そしてユーザー側のメリットとしては、

お金をあまり使わずに済む

という事が挙げられます。

1玉4円だとどうしても消費するお金が増えてきます。
なので、ハイリスク・ハイリターンで遊びたい人にはいいでしょう。

が、最近のパチンコは金銭消費型から時間消費型へ移行していると言われています。
まさにそれを望んでいるユーザーにとっては、1円などの低貸しパチンコというのは、かなりメリットがある遊びになるでしょう。

実際に低貸しパチンコというのは人気があります。特に1円パチンコ。
今や全国的に「低貸しパチンコ専門店」までありますからね。

低貸しパチンコのデメリット

続いてデメリットについてですが、
これはユーザーよりも店側に大きくデメリットがあると思っています。

まずはユーザーにとってのデメリットですが、低貸しパチンコの場合は

4円よりも交換率を下げてくる店が多い

ということが挙げられます。

1玉あたりの単価が低いということは、その分店が得られる利益も少ないということになります。
なので、少しでも店側の取り分を増やすために、交換率を低めに設定してくる店が多いのが、現状です。

対して店側のデメリットですが、最も大きいと思うのが

客層が悪くなる

ということでしょう。
4円パチンコのみだった頃は、何だかんだ言ってもある程度お金を持っている人しか来ませんでした。でないと、満足に遊べませんからね。

しかし、低貸しパチンコが流行ったことによって、お金を全然持っていない人でも気軽にパチンコを打つことができるようになりました。

商売をするにあたって、「安かろう悪かろう」という言葉があります。
安いものは、その分品質も悪く、値段相応だという意味です。

これはパチンコを打つユーザーにも当てはめることができる言葉です。
やはり「使えるお金が少ないユーザー」というのは、あまり良い顧客ではありませんでした。

お金がない客というのは、総じてマナーが悪かったり、会話が成立しないようなお客(酔っ払いなど)の、店としても「招かれざる客」である可能性が高かったですね。

ま、僕はそういう客には平気で「帰れ!」とか言う店員でしたけど…(笑)

ちなみに、僕が勤めていたパチンコ店では、低貸しパチンコを競合店よりも早い段階から導入していました。

世間の流行に合わさるかのように評判は上々でしたが、やはり低貸しパチンコしか打たない人というのは、少し人間的に異常な人が多かった覚えがあります。

具体的に言うと、

・すぐ台を殴る
・玉を床にバラ撒く
・店員に食ってかかる
・店の設備を破壊する

…こういう事を平気でする、頭がおかしい人が多かったですね。

まあ、そういう迷惑なお客は4円パチンコにも多少はいましたが、割合としては1玉あたりの値段が安くなればなるほど多くなっていきましたね。

なので、僕は1円パチンコのコーナーを担当するのが嫌いでした!(笑)
だって、ロクなお客がいないんですもん。

パチンコ業界は「冬の時代」

前述のとおり、最近のパチンコ業界は大変そうです。
なぜなら、4円パチンコよりも1円パチンコの方が人気だから。

低貸しの方が人気ということは、4円しかなかった時代よりも利益を出しにくい状況だということですからね。

1円パチンコを生んだ“感動”ビジネスの「非常識」学

1円パチンコを生んだ“感動”ビジネスの「非常識」学

 
スポンサーリンク