読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

「ネオヒルズ族ダラケ!」を観た感想

動画・映像

f:id:ysk_wtnb:20160629113236p:plain

今回は、YouTubeでこんな動画を観ました。

この記事でも書いた「ダラケ!」という番組で行われた、「ネオヒルズ族ダラケ!」の回です。この回では、4人のネオヒルズ族が出演します。ちなみに、放送は昨年2月に放送されたようです。

個人的には「まだこういうのいたんだ…」と思いました。与沢翼がシンガポールへ移住してから、日本での情報商材ブームも下火になり、以前以上に「情報商材=詐欺まがい」と認識されているような気がさえします。

それでもテーマとして取り上げるということは、まだまだネオヒルズ族のような人種というのは需要があるのかもしれませんね。「お金稼ぎ」というテーマは人を惹きつけるコンテンツですし。

まあ僕自身もこういう人らについて興味があるのでこの動画にたどり着いたわけですが、今回はこれを観て思ったことを書いていこうと思います。

感想① 金持ってるぜアピール

f:id:ysk_wtnb:20160629113642p:plain

(服に総額600万円位かけてるぜアピール)

この手の人々というのは昔から変わらず、とにかく「俺金持ってるんだぜ!」アピールがすごいなと思います。まあそれをする事によって「どうやって稼いでいるのか気にさせる」ことも、戦略の一部ですからね。かつてのネオヒルズ族、与沢翼も高級タワーマンションをいくつも借りていましたし。

感想② 成り上がりアピール

f:id:ysk_wtnb:20160629114836p:plain

(今は年収2億円生活だけど前は回転寿司の店長でしたアピール)

こういう人々って、やたら「成り上がり」とか「どん底から復活」とか「一発逆転!」という言葉とともに、自分がいかに映画のようなサクセスストーリーを経験してきたか?をアピールするなと感じました。

これも恐らく戦略で、こういう人々が顧客としている対象というのは「今現在お金がなくて、何とか一発当てて稼ぎたい」と思っている人々です。そういう人には、順風満帆なサクセスストーリーよりも、一発逆転するカイジのような話の方が、琴線に触れるのでしょう。

感想③ 女好きアピール

f:id:ysk_wtnb:20160629122623p:plain

番組内では、やたら女好き、モテることをアピールしていました。合コンばかりしているとかすぐやれる女の条件とか、そんな話ばかりしていた印象でした。

昔から「英傑色を好む」という言葉があるように、成功者は女好き。ということから来るものなのか、それとも「俺たちのようになれば女からもモテるぜ!」ということをアピールしているのでしょうか。

感想④ まだ与沢翼の影響力は強い

f:id:ysk_wtnb:20160629125829p:plain

「元祖ネオヒルズ族のカリスマ」としてゲスト登場した、与沢翼。面白かったのが、彼が登場した瞬間、今回出演しているネオヒルズ族がみんな

f:id:ysk_wtnb:20160629134338p:plain

このように、直立不動していましたから(笑)

参加している久積篤(赤い扉の前にいる人)氏なんて与沢氏の直の弟子ですし、他の3人もその久積氏の弟子だったり、与沢氏が過去に販売していた高額塾の塾生だったりします。つまり、何らかの繋がりは未だに存在しているというわけです。

そんな与沢氏も、以前のネオヒルズ族時代と同様、シンガポールからデイトレードに関する高額塾を勧誘しています。やはりこの業界は儲かるんでしょうねぇ…。

感想⑤ 与沢翼は「痩せなかったら坊主」と言ったのに痩せてないし坊主にもなっていない

f:id:ysk_wtnb:20160629140508p:plain

すでに記事は消されていたのですが、僕も見覚えあったんですよね…与沢翼がダイエットに挑戦して、痩せなかったら坊主にするっていう記事。

あれから約2年経過しましたが、痩せたどころか前よりも肥えています。そしてもちろん、坊主頭にもしていませんね。…まあ、話題づくりだったと思うしどうでもいい話なんですけど(笑)

今回ゲストとして出演した4人にはない(久積氏はギリギリあるかも?)と思いますが、なんやかんや言って与沢翼の知名度は残っているようで、テレビのネタとしてはまだまだ需要がありそうな感じですね。

まあ、これからどうせ「シンガポールから奇跡の復活!」とかするでしょうし、高額塾も始めているので、これからも定期的にメディアなどに露出しそうだと思いました。

スポンサーリンク