読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

会社員を続けられる人は絶対続けた方がいいよ、マジで

仕事

f:id:ysk_wtnb:20160702110521j:plain

僕は現在、十日町市で専業ブロガーをしています。
「専業」という名のとおり、会社員ではありません。ニートです。

こうした現状については、半分は「自分のしたいこと」ではありますが、もう半分は「もし会社員が続けられるなら、続けていただろうな」という気持ちがあります。

今の僕は過去に働いた会社の経験から、仕事をすることや、仕事を通じて人と関わること、仕事を通じてお金を貰うことに対して、恐怖心を抱いている可能性が高いです。

社会人になったばかりの2007年ごろには確実になかった感情で、あの頃のテンションだったらきっと、ブログを書いていたとしても会社員を続けながらだったと思います。会社員を無条件に批判するブロガーもいますが、学生時代には得られないような学びが得られることがあるし、単純に仕事内容がブログのネタに繋がることもよくあります。

かのイケハヤさんも、ルネサスというイケハヤ氏いわく「ダメダメな大企業」や、2社目のベンチャー企業(トライバルメディアハウス?)での仕事を経験したからこそ、現在のスタンスで記事が書けているものだと思いますしね。

また、会社員のメリットとして「福利厚生」や「安定性が高い」という点を挙げる人は多いですが、仕事内容そのものについても、結構楽しかったりします。もちろんしんどい事もめっちゃありますけど、それも含めて、経験として蓄積していくでしょう。

ただ、僕はその仕事のしんどかった部分に心をやられてしまった影響で、仕事を長く続けることが難しくなり、ジョブホッパーとなりました。3年ぐらいそれを続けた結果、このままこれを繰り返していても何にもならないと考え、思い切って「仕事そのものをやめて、ブログに専念してみる」ということにトライすることにしてみて、今それを実践中という感じです。

過去にはこんな記事を書いてあれこれ言及されたりもしましたが、この記事の中でも「サラリーマンができる人はそのまま続ければいい」というようなことも書いています。世の中にはそれに適応できない人もいるはずだし、そういう人が無理やり会社員を続けても心を病んでしまう結果となる可能性が高いでしょう。それでは誰も幸せにならないので、その場合はサラリーマン以外の働き方を考えてもいいのでは?と思います。

というスタンスなのは、今も変わっていません。ただ、最近は「新卒フリーランス」と言って一度も会社勤めをせずに独立(?)する人が増えている気がします。特にはてな界隈に多いですよね(先日、追放された人も含めて)。

別にその人の人生なので好きにすればいいと思いますが、会社員として働ける時期(年齢的な意味、職歴的な意味、精神的な意味、もろもろ含めて)は限られています。

そういった時期に、多少なりとも会社員としての経験を積んでも罰はあたらないのではないでしょうか。石の上にも三年とは言いませんが、自分が「経験値を積めた」と思えるあたりまでは、やってみてもいいんじゃないかなあ。僕のように、「もうこれ以外、自分には何もない」と心の底から思える人なら、やってみてもいいと思いますが。

スポンサーリンク