読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

パチンコ台を破壊する事件があった(埼玉県 やすだ八潮店)

パチンコ業界

f:id:ysk_wtnb:20160706233206j:plain

(※この記事は2016年11月26日に更新しました)

パチンコ店で台を破壊するおじさん

ツイッターを眺めていたところ、こんな動画をみつけました。

…元パチンコ店員だったもので、こういうのを見るとどうしても反応してしまいます。

恐らく、壊している台は牙狼ですね。
上に牙狼のタペストリーが飾ってありますし。

まあ牙狼のようなMAXタイプは、はまる時はガッツリはまりますからねぇ。
2000回して大当たりゼロなんてこともありますし。

これだけ暴れているということは、この人はきっと数十万~数百万単位でこの店で負けているのでしょう。

もちろん、この後は逮捕されたようです。
連行されている時の正気に戻って後悔しているような表情が、悲哀を呼びますね。

……何とも痛々しい(パチンコ台が)

かつて大阪の方でパチンコ店にガソリンを撒いて火をつけたという事件がありました。
あそこは店の防火設備が万全ではなかったこともありましたが、死者が出るなどの甚大な被害となってしまいました。

パチンコ店って、どこにおいてもあれと同じ事件が起きるリスクってあると思います。たまにある、一日数人しかお客さんが来ないようなお店は別としますが。

やはりパチンコって建前はどうであれギャンブルですし、今って1円パチンコや5円スロットなどの安く遊べるのが人気ですから、お金無い人でも気軽に行けてしまいます。

ここで怖いのは、お金が無い人って大抵「モラルもない」んですよね。
貧すれば鈍するというか、余裕がないのでしょう。

そういう安いパチンコに群がるお客とは対照的に、今回の牙狼のような、ハイリスク・ハイリターンの台も同じぐらい人気があります。

要は、時間消費型の打ち方をするか、ギャンブル投資型の打ち方をするか?
そういった極端な状態が、今のパチンコ台なのです。

もちろん、動画のおじさんのような人も、沢山います。
僕も何度「店潰すぞ」とか「火つけるぞ」とか「殺すぞ」と言われたことか…。

ちなみに、そういう通報に対して警察はあまり真剣に相手をしません。「パチンコってそういうものでしょ?」で終わりです。まあ、たまに本当に来ることもありますけど。

クスッとしてしまったのは、「ネット掲示板に書き込むぞ!」という脅し。
2ちゃんねらーかな?と思い、「あ、どうぞどうぞ」とだけ言っておきました。

というように、パチンコ店なんてそういった危ない客ばかりです。
とは言いつつ、動画の客のように実力行使に出る人というのは珍しいですけどね…。
あまりに負けすぎて、狂ってしまったのでしょうか?

あと動画ではよく分かりませんが、かなりの台数を破壊している様子。
台数によっては、とてつもない額の弁償をしなくてはいけませんね。

単純に壊した台の数だけでなく、その台を動かせない日数分の「本来入るはずだった利益」というのも、計算されて請求されますからね。

やすだ八潮店

ちなみに、今回被害を受けたお店はこの「パチンコ やすだ八潮店」ですね。
パチンコ台数が560台で、スロット台数が320台。

結構大きいお店ですね。

大型店で1日の稼働数が良い店ならば、恐らく、数百万円は軽くいくぐらいの弁償になるのではないしょうか。
パチンコなんて遊び感覚でやるものなのに、熱くなりすぎたようですね。

もったいない。

ニュースにもなっていた

記事そのものは消えてしまいましたが、ニュースにも取り上げられていました。
記事内にあった文章を引用すると、

いったい何が起きたのか。

J-CASTニュースが埼玉県警に取材すると、八潮市のパチンコ店で男が暴れていると16年7月6日に通報があり急行し、男はハンマーと刃渡り18センチの包丁を持っていたため銃刀法違反で17時17分に現行犯逮捕した。

お客や店員に怪我はなく、男は若干負傷していた。
壊したのはパチンコ台約30台で、男は、

「パチンコで負けたから」

という理由で犯行に及んだと供述しているという。
男は取り調べに対し、年齢は66歳で、職業は解体工だと言っているという。

ということだそうです。
30台も破壊するって、一体いくら負けていたのだろうか…?

まあ負けた腹いせで台に危害を加える客はたくさんいますが、こんなに大量に壊す人というのはまずいません。単純に時間がかかりますし。

ていうか、30台も壊したら損害賠償うん千万とかいくのではないでしょうか。
もし繁盛している店だったら…億までいくかもしれません。ヤバすぎる。

年齢も66歳なのに…やってしまいましたね。お先真っ暗。

とにかく、パチンコというのは「娯楽」ですから。
そこを忘れると、この事件のように大変なことになります。

パチンコユーザーの人々は、正気を失わないように気をつけましょう。

スポンサーリンク