読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

まるで豪華なカプセルホテル?「ファーストキャビン 愛宕山」に宿泊してみた!

その他

f:id:ysk_wtnb:20161124204358j:plain

(※この記事は2016年11月24日に更新しました)

みなさま、こんにちは。
ビジネスホテルの類が大好きなYoshikiです。

◆目次◆

東京旅行と宿泊施設

先日、少し用事があったので東京に滞在していました。
まあ用事と言っても、中身はプチ旅行みたいなものでしたけど(笑)

用事は2日間あったので、1日目の夜はどこかに泊まらなければなりません。
男ひとり旅なので、その気になればネットカフェで夜を明かすこともできる。

がしかし、折角なのでネットカフェではない「宿」に泊まりたい!
「安くて良い宿はねーがー!」と探した結果、今回は

この「ファーストキャビン愛宕山」にて、一泊しました!

ファーストキャビングループ

「ファーストキャビン」は、飛行機のファーストクラスをイメージした新しいコンパクトホテルです。 

とリンクカードに書かれているとおり、
ファーストキャビンには2種類の客室があります。

それが

①ビジネスクラス
②ファーストクラス

になります。
クラスの名称は飛行機そのままです。

そして価格も、飛行機と同じくビジネスクラスよりもファーストクラスの方が高くなっています。

僕は今回、ビジネスクラスに宿泊しました。
肝心なビジネスクラスのお値段は、1泊4500円(税込)でした。
リーズナブルですね~。

ちなみにファーストクラスは、ビジネスクラスよりも約1000円高くなります。

そしてこのファーストキャビン、都内で現在5店舗を展開しています。
人気急上昇のカプセルホテルなんですね。

ちなみに場所は、

・秋葉原
・羽田空港ターミナル
・築地
・赤坂
・愛宕山

これら5つの街にあるようです。
ちなみに都内以外だと、京都・大阪・福岡に展開しています。

この5つの中で、今回僕は愛宕山に宿泊しました。
ちなみに愛宕山というのは、新橋や虎ノ門の近くです。

Googleマップで言うと、

この辺りです。
周りに4~5つほど駅がありますが、どこからも微妙に離れた位置にあります。

そんな感じで、微妙に不便な立地なんですよね…(笑)

今回、なぜ宿泊先をここにしたのかと言うと、

じゃらんで宿の検索をしたら、最安値が愛宕山だったから」

というだけの理由(笑) 場所にこだわったわけではありません。
逆を言えば、場所によって宿泊料金は変わってくるということです。
その点は、注意しましょう。

あいにく僕は、飛行機でもエコノミークラスにしか乗ったことがありません。
ファーストクラスをイメージした客室とは、一体どのようなものなのでしょうか?

楽しみですね!

ファーストキャビン愛宕山

というわけで、行ってきました!

f:id:ysk_wtnb:20160721101431j:plain

これが「ファーストキャビン愛宕山」の外観です。
パッとみ、普通のマンションのようですね。

場所としては、新橋駅から約700メートル。
歩いて約10分ぐらいでしょうか?
ちなみに、虎ノ門駅からも約700メートルほどのようです。

f:id:ysk_wtnb:20160721101649j:plain

入口はこんな感じです。
カウンターがありますが、基本的に人はいないようです。

f:id:ysk_wtnb:20160721101807j:plain

カウンターに置いてあるインフォメーションです。

Welcome to First Cabin

ホテルフロント、
Cafe & Bar 15は
6階でございます。
エレベータにて6階へお上がり下さい。

(英語がズラズラ) 

と書いてあります。
近くにエレベーターがあるので、それで6階へ上がりましょう。

ロビー

f:id:ysk_wtnb:20160721102131j:plain

エレベーターを6階で降りて右側へ進むと、このようにロビーがあります。
ここで受付をしたり、くつろいだり、朝食を食べたりするわけです。

ちなみに写真左側にある青い扉の先には、男性用のシャワー室と大浴場があります。
ここについては、後ほど書きます。

f:id:ysk_wtnb:20160721103236j:plain

受付でチェックインを済ませると、腕につける鍵とカードキーの2つを渡されます。

腕につける鍵は貴重品ボックスを開閉する時に必要なもので、カードキーは客室に入る時に必要な鍵となっています。

寝室(カプセルルーム)

ただ、寝る部屋はカプセルタイプなので、鍵をかけることができません。
カードキーは、そのカプセルが置いてあるフロアで使うことができます。

ちょっとややこしいので写真で説明すると、

f:id:ysk_wtnb:20160721103557j:plain

ここが、僕が実際に泊まったフロアです。
カプセルがずらーーーっと並んでいますね。

このフロアに入るためには、

f:id:ysk_wtnb:20160721103837j:plain

この出入り口でカードキーをかざす必要があるわけです。

これは女性専用フロアに男性が入ったり、非宿泊者が勝手に入ってこないようにしたり、そういうためのものだと思います。

もちろん、階ごとに男性と女性フロアは分かれています。
今回は写真で分かるように、3階にて宿泊をしました。

カプセルの設備

ちなみに、ビジネスクラスとファーストクラスの部屋は同じフロア内にありました。

f:id:ysk_wtnb:20160721104243j:plain

はい、これが僕が泊まったビジネスクラスの内部です。

ちょうど男一人分ぐらいで、カプセルホテルよりは少し広い気がします。

f:id:ysk_wtnb:20160721104512j:plain

ちなみにこっちが、ファーストクラスの内部です。
ちょうど僕の部屋の向かいがファーストクラスでした。

さすがビジネスクラスより広い!1.5倍ぐらいは広いかな?

f:id:ysk_wtnb:20160721104757j:plain

ここは、アメニティもきちんとあります。

部屋に置いてあった分だけで、

・部屋着(上下)
・タオル3枚(バス・フェイス・ボディ)
・歯ブラシ

などが置かれていました。

ちなみに部屋着は、デフォルトでMサイズが置いてあるようです。
僕はLサイズの身体をしているので、フロントで交換してもらいました。

サイズが合わない人はフロントに行きましょう。

また、カプセルの中は電源もあるので、コンセントを使うこともできます。

f:id:ysk_wtnb:20160721110253j:plain

このように、コンセント対応の充電器も貸し出しています。便利ですね。

そして部屋の設備ですが、

f:id:ysk_wtnb:20160721105228j:plain

フリーWi-Fiもあります。
速度は10M程度出ましたので申し分なし!

f:id:ysk_wtnb:20160721105306j:plain

32インチのテレビもあります。観ませんでしたが…(笑)

f:id:ysk_wtnb:20160721105417j:plain

部屋には鍵がかからない作りなので、このように貴重品ボックスもあります。
最初に渡される鍵の1つは、この貴重品ボックスを使うためのものとなります。

トイレ

f:id:ysk_wtnb:20160721105947j:plain

同じフロア内には、このように洗面台もあります。
朝はここで身だしなみを整えている人が多かったですね。
もちろんトイレもあります。

大浴場

写真を撮りまくっていたら暑くなってきたので、お風呂へ行きます。

f:id:ysk_wtnb:20160721110508j:plain

前述した、6階フロアにある青い扉。
それを開けると、このように大浴場やシャワー室へ行くことができます。

ちなみに、シャワーは大浴場にもあります。

f:id:ysk_wtnb:20160721110619j:plain

コインランドリーもあります。

f:id:ysk_wtnb:20160721110711j:plain

脱衣所のすぐ横に、シャワー室もあります。大浴場にもあるのに、このシャワー室は何に使うためにあるんだろう…せ、洗濯用?

ちなみに、脱衣所では外国人3人組がずーっとだべっていました。お前ら部屋か6階のラウンジでやれよ…。

f:id:ysk_wtnb:20160721111137j:plain

これが大浴場です。左側にシャワーが6つほどあります。ジャグジー風呂、サウナ、水風呂など銭湯のような設備はありません。大浴場オンリー。シンプルでいいですね。

また、シャワーの横には必ずシャンプー、リンス、ボディソープがあります。ボディソープは、バニラ系というか、女性が使うような甘い香りのするものでした。まるでラブホ(ry

平日に行ったからなのか、人が全然いなくて快適でした。

f:id:ysk_wtnb:20160721111827j:plain

部屋着を着ると、こんな感じになります。
Lサイズ…大きかったな。
外国人宿泊客に合わせたサイズなのかな?

夕飯を食べようかと思いましたが、この日のお昼に「餃子の王将」で食べまくっていたせいで、全くお腹が減っていませんでした…(笑)

f:id:ysk_wtnb:20160721112220j:plain

仕方がないので、6階のラウンジで缶ビールを買ってチビチビ飲んでいました。
ビールについてはアドセンスの規約的にアレなので、あまり言及はしないでおきます。

そして部屋のカプセル内でゴロゴロしていたら、いつの間にか寝てしまっていました。

そして朝。
朝となれば気になるのが「朝食」ですよね。

f:id:ysk_wtnb:20160721112443j:plain

ここでは、600円払うことによって朝食セットを食べることができます。
おお、焼きたてパンが食べ放題だってさ!!

ただ、僕はその日の約束が早かったせいもあり、朝食セットは食べずにチェックアウトしました…次来たら食べてみます。

あと朝食とは関係ありませんが、アイロンを借りることも可能です。
Yシャツなどを着る仕事の人は、シワのばしのために借りるといいでしょう。

宿泊した感想

f:id:ysk_wtnb:20160721112627j:plain

以上、そんな感じで過ごした、ファーストキャビン愛宕山での1泊でした。

値段も4500円(税込)とリーズナブルです。
そしてサービスも「めちゃくちゃ良い!」というわけではありませんが、不快には全くならないレベル。

ただ、カプセルの扉というか仕切り?を閉めると内部が熱くなったのは夏は大変そう…。
と思いましたが、全体的には〇でした!

2時間からの小休憩にも対応している(900円/h)ようなので、気軽に使えるいいコンパクトホテルだなと思いました!

ファーストキャビンの予約はこちらから

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

スポンサーリンク