読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ業界での体験談がメインです

お笑い界のコブラこと、メイプル超合金のカズレーザーに憧れる

動画・映像

f:id:ysk_wtnb:20160802134606j:plain

巷で話題の「カズレーザー」を追いかけるのが、最近のマイブーム。別にお笑いライブを見に行ったりするわけではないけれど、YouTubeやウィキペディアなどをよく視聴しています。

昨年のM-1グランプリにコンビ「メイプル超合金」として出ていたのは知っていましたが、その頃は別にそこまで興味を持っていなかったです。ネタも見たけど、爆笑するほどでもなかったし。

でも、このカズレーザーさんて何か人を惹きつける力があると思います。カリスマ性とかそういう大層なものではありませんが…。実際、最近の僕は非常に彼に惹きつけられております(笑)

①インテリである

僕がカズレーザーさんに惹かれる理由というのは大きく3つあって、1つめは「インテリ」なところ。彼は同志社大学卒と学歴も高いのですが、テレビのクイズ番組でも優秀な成績を収めています。

YouTubeで「カズレーザー_クイズ」などと検索をすれば、カズレーザーさんがクイズ番組で他者を圧倒している動画が沢山出てきます。また優勝しなかったとしても、医者を相手に優勝目前のところまで行ったりしています。

彼の趣味の一つに読書があるそうで、年間200冊以上を読むそうです。それがクイズ番組にも生かされていて、特に国語や歴史に対して非常に博識なところを見せつけているのが分かります。

一見するとアホそうな雰囲気があるけど、実は頭が良い。こういうギャップがある人間に非常に憧れるを抱くんですよね。僕はアホのようでいて、実際にアホなので(笑)

②リスクを取りにいく

①で紹介したクイズ番組での話ですが、カズレーザーさんはかなり「攻め」た解答をしていきます。「ここを逃したら落選する!」という場面では特に顕著で、まだ問題が出きっていないのに答えに行きます。そして、それを正解してしまうから凄い。

「ここでいかないと負ける!」となった時に、躊躇なくリスクを取りに行ける人というのは、見ていても格好いいし、憧れますね。

③自由である

そしてもう1つの惹きつけられる部分が、自由であるということ。最近はテレビに引っ張りだこなので皆さん見たことがあるでしょうが、良く言えば「自由」であり、悪く言えば「非常識」な人であることが分かります。

エピソードとしては、先輩芸人でも一度会ったことがある人には挨拶をしに行かないとか、かつて就職活動で「服装自由」と書かれていたから、金髪に全身赤のコブラスタイルで行ったとか。

そんなエピソードを聞いていて思うのは、善悪はともかく「自分を曲げない人」って良いなあ、ということ。僕も、世間知らずで非常識だと会社員時代から散々周りに言われてきました。当時は周囲に順応しようとして必死に合わせて生きてきたのですが、9年ほど経って思うのは、人って「ないものねだり」だということ。

変わる前は「お前は変わらなきゃダメだ」と言っていた人が、いざ変わったら今度は「変わる前の部分を要求してくる」ということがよくあったんですよね。言われる側からしたら、どっちだよ!と言いたくなります(笑)

カズレーザーさんも、散々周りから「そんなんじゃダメだ」って言われ続けてきたと思うんですよね。奇抜だし、メイプル超合金結成までまるで売れていなかったし。それでも自分流のスタイルを貫いてきて、結果的に今売れっ子になっている。本人からしてみれば、さぞかし爽快なんじゃないかなと思います。見たかお前らと。

僕は昔から周りに流されやすい性格でもあるので、カズレーザーさんを見て「自分を曲げないのは格好いいことだな」と感じました。

もちろん、自分の非を認める時とかには自分を曲げて謝罪をするというのが大事だとは思いますが、自分が悪くない部分は変えずに生きていく。そう生きていくための勇気を、カズレーザーさんから貰えた気がしました。

スポンサーリンク