読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ店で働く、就職を目指す人の参考にしてほしいブログです

仕事が嫌すぎてうつ状態になっていた時にした奇行3つ

仕事

f:id:ysk_wtnb:20161009045208j:plain

2011年ごろから3年ぐらいうつ状態(うつ病一歩手前)になっていたわけですが、今思い返すとその頃は色々気が狂った行動をしていたなと思い出します。まあ気が狂っているのは昔からですけど。

奇行① 休日前は無理やり徹夜

なぜこんな事をしていたのかというと、要は「せっかくの休日なのに眠る時間がもったいない」と心の底から思っていたから。だから夜中はネットをしたり音楽を聴いたりして、ひたすら朝まで起きていました。まあ、それでも朝7時ぐらいになったら眠たくてしょうがなくなって、結局8時ぐらいに力尽きて寝てしまっていたわけですが。そして夕方頃に起きて「ああ、結局一日無駄にしてしまった……」と自己嫌悪に陥ることもしょっちゅうでした。

その後様々な仕事をして、その中で夜勤の仕事もしましたが、かなりきつかった。自分は完全に朝型な人間なんだなという事に気付いてからは、無理に朝まで起きているということはしなくなりました。夜勤中に寝てしまうこともしょっちゅうでしたし。

当時書いた記事→快適な睡眠のために、アイリスオーヤマの「高反発マットレス」を購入しました

奇行② 深夜に急にジョギング

その日も翌日が休みだったので夜中まで起きていたのですが、なぜか急に「ジョギングしたい!」と無性に思いたち、夜中の2時ごろでしたがジャージに着替えてジョギングをし始めるという奇行をやりだしました。今思い返してみても、なぜ急にそんな事を思い立ったのかは分からず……。

結局その日は深夜2時~朝8時ごろまで6時間ぶっとおしで走っていました。元々走るのは好きで今でも定期的にしていることではありますが、そういえばその時期に

ウルトラマラソン マン

ウルトラマラソン マン

  • 作者: ディーン・カーナゼス
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2012/02/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

この「ウルトラマラソンマン」という本を読んでいたので、それに影響されたのかもしれません。この本も冒頭から深夜にマラソンしながらピザを注文したりと破天荒な感じの内容だったので、そこに共感したのかも。ただ深夜にジョギングする必要はなかったかなと思いました。アホですね。

奇行③ 会社の駐車場で寝泊り

最後はコレ。厳密には駐車場に停めた車の中ですが。家は会社から車で7~8分ぐらいの場所に社宅(といってもレオパだけど)があったのですが、なぜか無性に運転したくなくなって一晩車中で夜を明かしました。

すると翌朝、おもむろに僕の車を「ガチャッ」と開ける人が。目を覚ますと、店長でした。店長も僕がうつ状態になったのは知っていたので、「……お前、一体どうした」と「コイツマジで大丈夫か?」みたいな目をしながら聞いてきました。その後も、出勤してきたスタッフに次々と車のドアを開けられ、「……何してんのコイツ?」みたいな目で見られ続けました。

僕はその日休みだったので、結局お昼ごろまで車中にいて家に帰りました。その頃店では「Yoshikiが車で寝てた。ついにおかしくなったのかアイツは?」みたいな話題で持ちきりだったようでした。僕自身も、なぜそんな事をしたのかは分かりません。今振り返っても分かりません。1つ言えることは、当時はとにかくそういう精神状態だったということでした。

そしてこの経験から言えることは、「うつになりそうだと思ったら、とにかくそれを回避することを最優先に考えてほしい」ということです。自分がなるまでは気付きませんでしたが、一度こうなってしまうと治すまでに相当な時間と労力がかかります。3年以上経ちますが、僕は未だに治っていません。本当にヤバイと思ったら、そうなる前に逃げることをオススメします。

関連記事→「仕事で無理をしすぎるとこうなるぞ!」という悲しきお手本

スポンサーリンク