読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ業界での体験談がメインです

NHK受信料を支払うべきなのは入居者?それともレオパレス?

その他

f:id:ysk_wtnb:20161027220828j:plain

「レオパレス21において、誰がNHK受信料を支払うべきか?」という裁判が行われていたのを、今日この記事を読んで初めて知りました。

この裁判の原告は、2015年に短期滞在で33日間入居した人。NHKの集金人にしつこく受信料を払うよう言われて泣く泣く支払ったが、よく考えたら「受信設備であるテレビを設置しているのはレオパレス側じゃね?」ということに気付き、支払った受信料を返還してもらうための裁判を起こしたようです。

NHK側は「いやレオパレスの規約に"受信料は入居者が支払う"って書いてあるから」という反論で裁判を受けて立ちました(実際にレオパレスの規約にはそう書かれている)が、地裁での判決は原告勝訴。つまり、入居者であった原告に支払い義務は「無い」という判決が出たということです。まだ一審ですが。

これを読んだ僕は、真っ先に「あ、そういえば僕も1ヶ月分の受信料支払ってるんだった!ウェーイ!この判決を理由にして僕も返還してもらおーっと!!」と考えました。新潟市のアパートでは一切の受信料支払いを拒否した僕でしたが、ここではちょっと大相撲を観てしまったのでね、「観たなら払う」という信念に従って払ったわけです。

しかし、この判決を簡単に鵜呑みにはできません。今回の原告は「短期入居者」なわけで、33日間なら……まぁ設置者とは言いがたいよね。という裁判官の判断があった可能性が高いと思うからです。仮にこれが僕のような3ヶ月以上の長期入居者ならば、テレビの設置者と扱っても問題ないのではないか?という判決が出そうな気がしています。

これは元NHK社員で、現在「NHKから国民を守る党」の代表を務める立花孝志さんの動画です。恐らく今回の裁判にも関わっているんだろうな~……と思ってYouTubeを調べてみたところ、しっかりと関わっていましたね。

立花さんの主張も「受信料を支払うべきなのはテレビの設置者(レオパレス21か物件のオーナー)であり、使用者である入居者は支払うべきではない」としています。そしてその主張を裁判所は認め、原告はNHKに対して支払った受信料の返還請求ができる。という判決が下ったということのようです。

しかしNHKは即日控訴をし、仮執行ができないように申し立てたとか。恐らくNHKは、自分たちに都合のよい判決が出るまで、たとえ最高裁まで行ったとしても裁判を続けるでしょう。「レオパレスの入居者に受信料を支払う義務はない」という判決を認めてしまっては減収になってしまいますからね。

僕はまだ1ヶ月分しか支払っていないので返還請求をするつもりはありませんが、最終的な判決が出るまで支払うのを止めようと思っています。「入居者に支払い義務がある」という判決が出れば支払いますが、義務がないのに支払うのはイヤですからね。

NHK受信料に関する記事

スポンサーリンク