読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ業界での体験談がメインです

カラオケは一人が最高!僕が「ヒトカラ」を好む3つの理由

その他

f:id:ysk_wtnb:20161123215629j:plain

(※この記事は2016年11月23日に更新しました)

みなさん、こんにちは。
当ブログ運営者のYoshikiです。

「飲み会の次はカラオケ!」

…僕が今まで参加した飲み会は、かなりの確率でこうなります。
こういう点は東京も地方もあんまり変わらないんですねぇ。

別にカラオケは嫌いじゃないんですけど、最近は行っていません。
なぜなら、飲み会自体に参加していないから。

一次会がカラオケってまずないし、僕のような人間は一人カラオケ、いわゆる「ヒトカラ」が一番合っているんだということに最近気がつきました。

今回は、そんな「ヒトカラ」が好きな理由について書きました。

◆目次◆

ヒトカラを好む3つの理由

① 他の人が歌う曲を僕が分からない

経験上、カラオケで皆が歌う曲って大体以下の4種類なんですよね。

・流行り系(AKBとかEXILEとか)
・アニソン系(エヴァとかスラムダンクとか)
・バンド系(BUMPとかセカオワ?ワンオク?とか)
・定番系(ミスチルとかゆずとか) 

この中で僕が何とか歌えるのは、ほとんどありません。
仮にアニソンだったら、国民的に有名な「ドラゴンボール」とか「スラムダンク」ぐらいに有名なアニメの曲しか歌えません。

分からない=ノレない。
でも、常に「(  ゚д゚)ポカーン」としているわけにもいかない。

なので、そんな時はとりあえず奇声を発しながら、タンバリンやマラカスをシャカシャカ振りまくることに集中しています(笑)

疲れるのは喉より腕なんですよ、僕の場合。

② 僕が歌う曲をみんなが知らない

①に挙げた曲はほとんど知らないぼくですが、一応好きな音楽というのはあります。

それが、

こういう日本語ラップが大好きなんです。
ちなみにこれは「ライムスター」という、ヒップホップユニットの曲です。

僕はこのライムスターを始めとする、「日本語ラップ」の曲ばかりを歌います。
家でも移動中でも常にそれしか聴いていないので、それ以外の曲が分かりません。

さらに、正直言って興味もわかないのです。

ラップって「早口言葉かよ!」と思うぐらいBPMが速いものもあるので、ラップそれ自体を「凄い!」と言われることはあります。
ですが、「この曲知ってる!」とはほぼなりません。

なったとしても、湘南乃風やケツメイシぐらいのメジャーなグループぐらいですね。

昔はそれでも、ラップ知らない人の前でも歌っていました。
しかし、そういうのはあまり受け入れられないもの。

ついには、「ラップ以外歌えないの?」と言われるようになってしまいました…。

日本語ラップ以外の曲は知らないし、歌う気にもならない僕は、いつしかカラオケには行かない方がマシだな…と思い、行かなくなりました。

③ 他人が歌ってる時にどうすればいいのか分からない

①でひたすらタンバリンやマラカスを振っていると書きましたが、正直しんどい。
しかも、そもそも分からない曲ではノレない。

そんな時に、僕は一体どうすれば良いのか?

曲を選ぶ機械(タブレットみたいなの)を操作するのはもうすぐ自分の番になる時ぐらいだし、スマホをいじっていると怒られるし、ボーッとしていると眠くなってくる。

まとめ

はい、ここまでこれを読んでいる人は思ったでしょう。

こいつカラオケにいると盛り下がるな…

と。

そう、本当にその通りなんです。
僕もそこは自覚しているので、結局はヒトカラに落ち着くんですよね。

しかし、1つ思っていることがあります。

それは、まだまだ店舗数が少ないということ。
あるのはせいぜい23区の駅前ぐらいだと思います。

また、新宿や池袋などのターミナル駅は人が多いので沢山ありますし、秋葉原などのオタク文化とカラオケは親和性が高いので、集客が容易でしょう。

そういう場所では「ヒトカラやってます!」みたいな看板を多く見かけます。
しかし、それ以外ではあまり見たことがないなと思います。

そんな時は、普通のカラオケ店に入ればいいのだと思います。
しかし、正直「パセラ」や「ビッグエコー」って一人じゃ入りづらいんですよね。

僕のようなコミュ障は、頑張っても「歌うんだ村」とか「カラオケの鉄人」ですね。

なので、これからもっと「ヒトカラ専門店」を増やしてほしいと思います!

のぼり旗スタジオ のぼり旗 ヒトカラ003 大サイズ H2700mm×W900mm

のぼり旗スタジオ のぼり旗 ヒトカラ003 大サイズ H2700mm×W900mm

 
スポンサーリンク