読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ業界での体験談がメインです

パチンコで勝ちたい人は「バラエティコーナー」で打ってはいけない

パチンコ業界

Pachinko machines

(※この記事は2016年11月28日に更新しました)

みなさんこんにちは。
元パチンコ店員の、Yoshikiです。

今回は、パチンコ店にある

「バラエティコーナー」

についての話になります。

いまや大抵のパチンコ店にある、バラエティコーナー。
バラエティという名のとおり、色々な種類の台が並べられているコーナーです。

大抵のお店は「海物語」や「北斗の拳」などをメインに据えていますが、お客の全員が全員、そういう人気台を打ちたいわけではありません。

コアなファンに人気がある台や、過去に人気があった台。
そういうのをお店はバラエティに配置し、それ目当てのお客が打つわけです。

しかし、もしあなたがパチンコで

「勝ちたい!」

と思っているのであれば、
バラエティコーナーにある台を打ってはいけません

なぜかというと、パチンコ店では

・出す台(コース)
・出さない台(コース)

これらを明確に決めています。
そして「出す台」でお客に還元をし、「出さない台」で利益を抜いています。

その出す台というのが、前述した人気のあるメインコース
海物語、北斗の拳、花の慶次などがそれにあたります。

そして出さずに利益を抜く役割を果たす台。
これが、今回のテーマであるバラエティコースにある台になります。

パチンコ店としては、人気のある台を集客に使うため、釘を甘くします。
しかし、店も営業なので、どこかで利益を回収する

「キャッシュポイント」

を作らなければなりません。

バラエティコースというのは、そのキャッシュポイントを確保するためのコース。
と言っても、過言ではないでしょう。

また、バラエティを好む客層というのは、常連になりにくい特性があります。
お店で選ぶというよりは、「自分の求める台があるか?」で選ぶ人が多いので。

パチンコ店としては、常連になりにくいお客へ利益を還元するよりも、常連になりやすい人気コース(特に海物語)のお客へ還元した方が、あとあと利益になるんですよね。

ただ、バラエティ好きなユーザーの気持ちは、とてもよく分かります。
僕も、海物語や北斗の拳を打つよりもバラエティにある「知名度ゼロ」な台を打つのが好きだったりするので…(笑)

単純に「パチンコを楽しみたい!」という人は、どんどんバラエティを打っていいと思います。
しかし、パチンコで「勝つのが最大の目的だ!」という人には、バラエティにある台を打つのは、正直おすすめできません。

以上、元パチンコ店員が、実際に働いたときに知ったことを書いてみました。

ちなみに、パチスロにあるバラエティコーナーも、目的は同じです。
人気台(パチスロだとジャグラーなど)でお客に還元する分、バラエティで利益を抜きます。

パチンコとパチスロ、どちらでも「バラエティコーナー」には気をつけて打ちましょう。

スポンサーリンク