読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元パチンコ店員のおもひで

パチンコ業界での体験談がメインです

パチンコホールで「店員が警戒する客の特徴」を5つ考えてみた

パチンコ業界

f:id:ysk_wtnb:20161201210317j:plain

(※この記事は2016年12月1日に更新しました)

みなさんこんにちは。
元パチンコ店員のYoshikiです。

今回は、

「パチンコホールにいると、店員が警戒する客の特徴」

について、5つほど考えてみました。

パチンコ店というのは、様々なお客さんが来ます。
その中には、最初から「悪いことをするため」に来る人もいるので、店員は常に悪いこと目当てで来るお客がいないか、チェックしています。

普段パチンコを打つ人は、これを読んで言動や身なりに気をつけてみるのも、いいのではないでしょうか?(笑)

◆目次◆

店員が警戒する客の特徴

①挙動不審である

やはり、なによりも「挙動不審な客」が最も怪しいです。

ベテランのゴト師(不正行為をする客の通称)となると堂々としていますが、そうでなければ店員が後ろを通るたびにチラチラ見てきたり、後ろを通っていないのにやたらキョロキョロしています。

…パチンコ店に限らず、こんな人が街中にいるだけで警戒しますよね?(笑)

ちなみに、ネット上でよく書かれている

「監視カメラに向かって挨拶をすると勝ちやすくなる」

という類のオカルトですが、これはまず意味がありません(笑)

なぜなら、店員はあまり監視カメラのモニタを見ていないから。
店長はパソコンで仕事をしていたり電話をしていることが多いですし、ホール店員は基本的にホールに出ていますから。

もちろん「怪しい客がいるぞ!」となった時は、その客がいる台にカメラを固定して監視します。カメラをじっと見続けるというのは、そういう時ぐらいですね。

②大きいカバンを持っている

パチンコ店には「ゴト行為」といって、台に不正な器具を仕掛けたり、電波を飛ばしたりする行為があります。言わずもがな、犯罪です。

大きいカバンを持っている人というのは、ゴト行為に使う器具をそのカバンに入れていたり、いざゴト行為に及ぶ際の「壁」として使うことがあります。

パチンコ店内に大きなロッカーがあるところは少ないのでやむを得ない部分はありますが、大きなカバンを持っている客を店員はチェックしていることが多いです。

注意しましょう。

③体型に合ってないブカブカの服を着ている

これも①の場合と理由は似ていて、ゴト行為に使う器具や他店から持ちこんだパチンコ玉などを、その大きな服の中に隠している可能性があります。

他店のパチンコ玉を持ちこんで、こちらで計数する。
ゴト行為の中でも比較的簡単なので、これをする人は多くいます。

一見すると大した被害がなさそうですが、もし1円パチンコの玉を4円パチンコで計数したら?

・4円パチンコで1000円使う→玉は250発出てくる
・1円パチンコで1000円使う→玉は1000発出てくる

はい、玉数が4倍違いますね。
そしてそれを持ちこんで交換すると、

・1円パチンコで出した1000発を4円で交換する→1000×4で4000円分になる

等価交換の場合ですが、こうなります。
あれ?1000円しか使っていないのに、交換したら4000円になりました!

これなんて錬金術?

という話になってしまいますね。
店が損をするので、玉の持ちこみは禁止されているのです。

しかし、前述した錬金術を使おうと、玉を持ちこんでくる輩は大勢います。
そういう輩の特徴の1つに、服がブカブカということが挙げられるのです。

④集団で来店する

ゴト行為をする、通称「ゴト師」。
彼らは、集団でゴト行為に及ぶことが多くあります。

この動画の6分28秒ぐらいから流れる

「集団行動ゴト師」

も、集団で行うゴト行為として有名な方法です。

実行役、壁役、わざと店員に声をかけて発見されないようにする役など、まさに人海戦術を行ってくるわけです。

なので店側としても、集団で来るお客には特に注意して監視します。
しかし、それをゴト師側も把握しているようで、わざと時間差を作って店内に入ってくるグループもあります。

店側とゴト師たちは、常にいたちごっこをしています。

⑤レンタカーで来店する

ゴト師というのは、全国各地を回りながらゴト行為に及んでいます。
特定の土地でゴト行為をし続けていると、逮捕されやすくなるからでしょう。

そういえばゴト師とは違いますが、かつてパチンコ業界を震撼させた攻略集団「梁山泊」も、日本全国を周りながら荒稼ぎしていました。

梁山泊 究極の攻略軍団 [DVD]

梁山泊 究極の攻略軍団 [DVD]

 

こうして映画化されるぐらい、当時は伝説化していましたね。 

そんな全国を周るゴト師たちの必需品となっているのが、
「わ」ナンバーのレンタカーです。

もちろん店側もそれを把握しているので、
「店の駐車場にレンタカーがないか?」を逐一チェックしています。

ちなみに僕が勤めていたパチンコ店では、駐車場チェック表なるものがありました。
それを使って、レンタカーなどの不審な車は毎日監視されていました。

おわりに

以上、5つになります。
もちろんやましい事をしていなければ、堂々としてOKなんですけどね…。

しかし、この5つに該当しない行動するだけで、店舗との無駄なトラブルを回避できると思います。
なので、今回書いた5つは心に留めておいてもいいでしょう。

スポンサーリンク