読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃エルゴミブログ

全部燃えて灰になればいいのに

自称アルコール依存症の同僚が一日に飲むお酒の量

仕事

f:id:ysk_wtnb:20161203215551j:plain

みなさんこんにちは。
派遣社員として工場で働く、Yoshikiです。

アルコール依存症と飲酒量

現在僕が勤務している工場の同僚(女性・30代前半)に、
「自称アルコール依存症」な人がいます。

※アルコール依存症とは

アルコール依存症(アルコールいそんしょう、アルコールいぞんしょう、Alcoholism)、アルコール使用障害(Alcohol use disorder, AUD)とは、薬物依存症の一種で、飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取(以下「飲酒」とする)によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である。

引用:アルコール依存症 - Wikipedia 

その人の飲酒量はなかなかのもので、

①仕事が終わったら、速攻で缶ビール(350ml)を3本空ける
②帰宅したら焼酎のお茶割りをグラスで2~3杯飲む
③ご飯を食べながら、グラスワインをまた2~3杯飲む
④その後はダラダラと焼酎を飲む

というお酒の飲み方を、ほぼ毎日しているそうです。
本人が自ら話していた内容なので、恐らく本当なのでしょう。

…いやいや、まず①からしてすごくないですか?
家に着く前に、缶ビール3本ですよ。

ちなみにその女性は電車通勤なのですが、見られるのが恥ずかしいという理由で「缶ビールはビニール袋で隠しながら飲む」そうです。

これを聞いた時、僕は

「え、コンビニの前で飲み干すとかじゃなくて、電車の中で飲みながら帰るの…?」

と、かなり驚いてしまいました。
ドヤ街に生息する日雇い労働者じゃないんだからさ…。

ちなみに上に書いた①~④の項目ですが、なんと①と②は

食前酒

だそうです。
つまり本番は、③以降です。

しかも④の「チビチビと焼酎を飲む」というのは、具体的な量が分かりません。ということは、もしかしたらとんでもない量を飲酒している可能性もあります。焼酎のボトル全部空けてしまうとか…。

それも帰宅後なので、数時間の間にかなり大量の飲酒をしていることになります。

一応、現在は手の震えなどの禁断症状は出ていないようですが、その女性はいつも「お腹が痛い」とか「背中が痛い」と言っています。
他にも「常に二日酔いのように気分が悪かったり、ボーっとすることが多い」と言っていたこともありました。

ひょっとしたら肝臓などがダメージを受けていて、それが身体に伝わっているのかもしれません。その同僚は小柄な人だし、身体は正直ですからね…。

リアル「アルコール依存症」の人と職場で一緒になるのは初めてだったので、ついつい驚いてしまいました。

ちなみにこの記事は自作ハイボール(超濃いめ)を飲みながら書いています。
僕も若い頃はチューハイやビールなど、アルコール度数のあまり高くないものを好んで飲んでいました。

しかし、最近はワイン、ウィスキー、梅酒、日本酒などの度数が高いものを飲むことが増えてきました。なぜだろう、歳をとったからなのかな…?(笑)

これからは40歳へまっしぐらになりますので、不摂生は極力ないようにしないといけませんね。僕も気をつけます。

スポンサーリンク