読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃エルゴミブログ

全部燃えて灰になればいいのに

派遣会社に「雇い止め」をされたので、来年からいきなり無職になります

派遣業界

f:id:ysk_wtnb:20161110215742j:plain

(※この記事は2016年12月10日に更新しました)

みなさんこんにちは。
派遣社員として働く、当ブログ運営者のYoshikiです。

本日の仕事中、急に派遣元の担当者が会社にやってきました。
「急に」という言葉のとおり、事前予告は一切なし。

そして休憩室へ呼び出された僕は、派遣元の担当者から

f:id:ysk_wtnb:20161208200843p:plain

「今回の契約期間をもって、ここでのお仕事は"終了"となります」

と告げられてしまいました。
ちなみに、契約期間は12月末まででした。

つまり、2017年になると同時に僕は「無職」になるわけです。

そして、現在住んでいるアパートは派遣会社名義で借りているものなので、ここも出ていかなくてはなりません。

ちなみに、雇い止めをする理由は「工場の減産のため」ということでした。
たしかに最近めっきり仕事量が減っていて、10月にも辞めていく人を何人か見かけました。

僕は「うちのラインは大丈夫だろう!」と根拠のない自信を持っていましたが、こっちの人員を削らなくてはならないぐらい、減産が止まらないということなのでしょう。

…雇い止めの件に関して思い返してみると、そういえば一つだけ

「不自然な点」

がありました。
今までここの派遣先では、ずっと「二ヶ月契約」で更新を続けていました。

9月1日に契約をしたら、11月末までとなるような状態ですね。

しかし、今回(12月1日~)の契約のみ、

「一ヶ月契約でお願い!」

と、派遣元から言われていたのです。

あまり派遣元を疑いたくありませんが、一ヶ月更新というのはもしや、この雇い止めをするための「布石」だったのかもしれません…。

契約期間が今までと同じく二ヶ月更新だった場合は、来年の1月末まで僕を雇用する必要がありましたからね。

これが、契約期間の途中で切られる「派遣切り」だった場合は抗議のひとつでもしようかと思っていましたが、雇い止めでは…何も言い返せません。

しかも契約期間を一応満了するので、会社都合ではなく自己都合退職。
となると、失業保険が貰えるようになるのが3ヶ月後になってしまいます。

f:id:ysk_wtnb:20161208202556p:plain

あーあ、せっかく

「長く続けられそうな会社へ就業できた!」

と思っていたのですが、現実はそう甘くありませんね…。

とりあえず、次の仕事を探さないといけません。
しかし、年末年始なんて一年の間で会社の動きが最も鈍るシーズンです。

12月28日頃から休みに入る会社もたくさんあるだろうし、年が開けても1月9日ぐらいまでは世間はお正月休みに入っていることでしょう。

この時期に仕事がなくなるなんて…

「タイミング悪すぎんだろこの野郎!!」

と叫びたい気持ちでいっぱいです。

しかも、今回雇い止めに遭ってしまったのは、僕だけではありません。
同じラインで働いている人の、少なくとも4人は僕と同じことを伝えられたそうです。

これは1月から、とんでもない量の減産が待っているようだ…!

f:id:ysk_wtnb:20161208203847p:plain

ま、雇い止めされる僕には関係ないんですけどね!

それにしても、次は何をしようかな…。
接客はやりたくないから、やっぱり工場系かな。

いや、それよりも「屋根」を確保しないと。
新潟市にまだ借りてるアパートがあるから、そこに行くか。
それとも、またギルドハウスにお世話になろうか…。

(↑ギルドハウスについての記事はこちら)

とりあえずは、次の仕事を探しながら考えます。

いやはや、それにしても

f:id:ysk_wtnb:20161208204225p:plain

人生、なかなか思い通りに行かないものですね。
なんだかもう、いろいろ疲れてきた…。

スポンサーリンク