読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃エルゴミブログ

全部燃えて灰になればいいのに

パチンコ店で働く「扱いづらいアルバイト」の特徴を4つ考えてみた

パチンコ業界

f:id:ysk_wtnb:20161215201452j:plain

(※この記事は2016年12月15日に更新しました)

みなさんこんにちは。
元パチンコ店員のYoshikiです。

パチンコ店とアルバイト

パチンコ店には、様々な雇用形態の人が働いています。

①正社員:店長、副店長などの管理職とホールスタッフ
②アルバイト:ホールや景品カウンターのスタッフ
③パート:店内を清掃しているおばちゃん

大きく分類すると、このぐらいでしょうか。

店長や副店長はスーツなどを着ていてすぐ分かる場合が多いですが、ホールスタッフに関しては社員とアルバイトの見分けがつかない場合が多いです。

制服に区別をつけない店の方が多いし、ホールで行う仕事も同じことをしますからね。
ドル箱の上げ下げとか、交換対応とか。

この中で、特に扱いづらい人。それは何番かというと…
タイトルにもあるとおり、②のアルバイトです。

僕は地方のパチンコ店で約6年間正社員として働いていました。
その時にも「扱いづらいアルバイト」が、結構多くいました。

今回は、そんな扱いづらいアルバイトについての話です。

◆目次◆

扱いづらいアルバイトの特徴

①高年齢

パチンコ店における高年齢というのは、その多くが「30代以降」です。

日本の会社はずっと年功序列制度が当たり前だったからなのか、年齢が高いというだけで威張るアルバイトはかなり多くいます。

最近は新卒採用に力を入れているパチンコ企業も多いのですが、新卒で入社した子らがまずぶち当たる壁。それがこの「高年齢アルバイト」ではないでしょうか。

僕もそうでしたが、やはり「俺はお前より年上だぞ!!」と言われてしまうと言い返しづらいんですよね。

「それがどうしたコラ!」と強気な若手社員もいましたが、かなり少数派でした。

そしてそういう高年齢アルバイトは、他のアルバイトを味方につけていることもあります。そうなると、さらに面倒くさくなります。敵が増えるわけですから。

なので最近は、アルバイト採用に年齢制限(大っぴらにはできないので、裏でこっそり)しているパチンコ店も多くあります。最低でも20代までで、30代はNGなど。

年齢を重ねると頭が固くなる人も多く、若い社員の言うことを聞かなくなります。
そうなるとホールが回せなくなってしまうので、アルバイトも若い人を欲しがります。

若い方が、体力もありますしね。

②古参

古参のアルバイトも、かなり厄介です。
社員に従順ならまだ良いのですが、たいていは生意気になります。

ひどい場合だと社員ヅラをしてくる古参もいて、かなりウザい…。

ホールオペレーションというものは、社員が決めてアルバイトに落とし込むのが通常の流れ。しかし古参アルバイトは、まるで自分が社員であるかのように振る舞います。

なので、平気で変更されたオペレーションにケチをつけてきます。

それが「店を良くしたい!」という理由ならまだいいのですが、変更を拒む理由のほとんどは「新しいやり方でやるのが面倒だから」です。

人間、現状維持が一番ラクですからね…。

そこで店長ないし社員が

「気に食わないなら辞めてしまえ!」

と言えればまだ良いのですが、古参アルバイトは、何だかんだ言ってホールでは重宝します。新人ばかりになっては困りますし。

なので、古参アルバイトには強気に出れない社員が多いです。
このへんは、他のサービス業と同じですね…。

③自信過剰

次に困る特徴が、この自信過剰です。
しかも①と②に出てきた人に特に多いので、尚更困ります…。

自信があるのは良いことなのですが、こういう人にありがちなのが「マニュアルを無視し、自分のやり方で仕事をする」ことが多いこと。

オリジナリティを出すのは別に良いと思いますが、パチンコ店というのはチェーン全体での「マニュアル」があり、それが仕事の基本になります。

自信過剰な人は、そのマニュアルを体得する前に勝手な判断で自己流なやり方で仕事を進めてしまいます。注意をしても自信過剰なので、すぐには従わない。

社員ならまだしも、アルバイトでオリジナリティとかいりませんから。ドル箱の上げ下げやパチンコ玉の交換要員、あとは基本的な接客ができれば、アルバイトとしての役目は十分果たしていますから。

④女性

女性店員は、男性店員よりはるかに使いづらいです。

「パチンコ店には"華やかさ"が必要だ!」

という理由で女性店員を積極採用したり、カウンターには女性店員しか入れないという会社も見てきました。

まあ、それは僕がいた会社なんですけどね…(笑)

しかし、女性店員は

・派閥を作る
・他の女性店員の陰口を言う
・嫌いな女性店員と同じシフトに入れるなと要求する
・すぐ感情論になる

というトラブルを招くことが、男性店員より多かったです。

試しに、女性アルバイトとLINEでも交換してみてください。
毎日誰かしらの悪口を送ってきますから…(笑)

また、パチンコ店はシフト制なので、平日が休みになるスタッフが多くいます。
なのでよく平日昼間のファミレスで女子会のようなものが行われています。

そこでの話題も、上に書いたような内容ばかりでした。
パチンコ店で勤めている人は、一度行ってみるといいでしょう(笑)

僕は6店舗ほど異動しましたが、そのほとんどでこういう事があったので、あながち間違っていないと思っています。

…まあ、パチンコ店に限った話ではないと思いますが。

おわりに

以上、パチンコ店での「扱いづらいアルバイト」について書いてみました。

サービス業全般に言えることですが、アルバイトなしではお店は回りません。なのでアルバイト頼る部分が増えますが、そうなると

「自分がいないと、店が回らないんだな!」

と思い、わがままになるアルバイトも多くいます。

そういう人間に対しては「いざとなったら、いつでもクビにするからな?」という圧力をかけられる社員の存在が必要ですが、なかなかそうは行かないのが現実。

褒めながら、叱る時でもやる気を削がないよう気を使いながら、アルバイトと接していかなければなりません。

お客からはいつも怒られ、アルバイトのわがままにも付き合う。
サービス業というのは、つくづく大変な仕事ですよね。

こういった経験があったので、パチンコ店に限らず、僕はもうサービス業は二度とやりたくありません。接客のせの字もできなそうです。

サービス業に長年従事している人って、メンタル強すぎ。尊敬します。

スポンサーリンク