Yoshikiの日記

もう1つのブログ→http://shikujiri.me/

営業停止になってもすぐ復活できるパチンコホール


pachinko
pachinko / Yuya Tamai

(※この記事は2016年12月24日に更新しました)

みなさんこんにちは。
元パチンコ店員のYoshikiです。

今回は、パチンコ業界における「営業停止」について書いてみました。

パチンコ店と営業停止

「営業停止」とは、その名の通り「パチンコ店の営業をする資格を停止」させられることを言います。パチンコ店に限らず、店を営業することで利益を上げる業種にとっては、非常に思い罰になるでしょう。

ちなみに、営業停止の上にあるのが「営業取消」といい、これは資格の「停止」ではなく「取り消し」になります。これが最も思い罰ですね。

営業停止の処分を受けるということは、よほど大きな問題を起こしたと見なされ、基本的に営業を再開させるには長い時間と高いハードルが要求されるでしょう。

もしかしたら、永遠に営業再開できないかもしれませんし。

しかし、パチンコ業界というのは「警察との癒着」が存在しているため、営業停止処分があってもすぐに復活できてしまうケースがあります。

これは僕がかつて働いていたパチンコホール企業での話ですが、ここは僕が入社する2~3年ほど前に一度、「営業停止」を受けています。

いや、最初は停止でしたが、最終的には「営業許可の取り消し」という、前述した最も重いペナルティを受けてしまいました。

ちなみに何をやらかして営業取消になったのかと言うと、パチスロ台の大当たり確率や連チャンのしやすさを意図的に変更する、いわゆる

違法基盤(裏ロム、裏モノ、Bモノとも呼ばれる)

を台に取りつけ、営業していたところを摘発されたのが原因でした。

当時会社のチェーン店は10数店舗以上を展開していましたが、これをきっかけに全店舗を閉店。そして、社長を始めとした経営陣は逮捕されました。

15年以上前からパチスロを打っている人なら分かると思いますが、当時それを使っていないホールを探す方が難しいほど、裏基盤はどのホールでも使用していた時代でした。

それだけに、パチンコ業界には激震が走りました。
この摘発をきっかけに、裏モノをつけるホールは無くなったとも言われています。

ちなみにその会社が摘発されたきっかけというのは、噂レベルですが複数あり、

・裏基盤を扱う業者が逮捕され、顧客名簿に会社の名前があった
・その会社がある県ではトップの業績を誇っていたため、見せしめにされた
・拉致問題が過熱化している時代で、社長が北朝鮮と繋がっていたから
・業界の組合に非加入で、組合金を払っていなかったから

…こういった事を言われていました。

そしてその会社は営業を再開させるため、新たに受け皿となる会社を作り、新たに社長を据え、そこに従業員を全員移動させることにより、営業取消から1年という早さで復活をしてしまいました。

「営業取消というのは最も重い処分のはずなのに、復帰が早すぎるだろ!」

と、当時はかなりの批判を受けたそうです。まあ…当然ですよね。

ちなみに、逮捕当時に社長だった創業者は会長というポストへ移り、平気な顔をして経営に参加していました。ダメージは、ほぼゼロです。

なので営業取消というのも、警察が「見せしめ」として行っただけ、という意見が恐らく正しいでしょう。

しかもその会長、新年会にて「営業取消があった過去」について言及したことがありました。そこでも悪びれることなく

「いやー、警察には3ヶ月ぐらいで復活するようにしておくからって言われたんだけど、なんやかんやで1年ぐらいかかっちゃったんだよね~」

なんてことを言ってのけました。
まるで、昔を懐かしみながら話しているかのようでした…。

結局、警察とパチンコ業界が癒着している限り、パチンコ店もやりたい放題なのかもしれませんね。違法行為を起こさないよう努めている他業種の人々は、アホらしくなってしまうのではないでしょうか。

僕はパチンコ店から脱税、犯罪行為などの違法行為が無くならないのは、

「パチンコ業界を警察庁が管轄していること」

が大きな原因であると思っています。

パチンコ業界を監視するフリをして、実は癒着しまくっているのが現状です。
その証拠に、パチンコメーカーには多数の警察OBが「天下り」しています。

一昔前に話題となった「アルゼ」というメーカーに元警視総監が天下りしていた、というのは有名な話ですね。

アルゼ王国 地獄への道―アルゼ王国の闇〈4〉 (アルゼ王国の闇 (4))

アルゼ王国 地獄への道―アルゼ王国の闇〈4〉 (アルゼ王国の闇 (4))

 

この暴露本でも、その話題に触れています。
ちなみにアルゼは社名を変更し、現在はユニバーサルという名前となっています。

営業停止、取消をされてもすぐに復活できるパチンコホール業界。
全てが警察のさじ加減次第である以上、この業界の健全化は難しいでしょう。

いっそのこと、日本にカジノが建設されてパチンコ店の新たな競合になればいいのかもしれません。悪どい会社は淘汰されるという「自然の摂理」を知れば、少しは健全になるかもしれませんから。

スポンサーリンク