Yoshikiの日記

もう1つのブログ→http://shikujiri.me/

神奈川県民は通勤に時間をかけず職住近接をしよう


f:id:ysk_wtnb:20170205195041j:plain

一瞬「…マジで?」と目を疑うような記事を見つけました。

それがこちら。ちょうど僕も、現在神奈川県内にある工場で働いているので、思わず記事のタイトルに見入ってしまいました(笑)

この記事によると、神奈川県人の通勤時間が全国で最も長いそうです。これはきっと東京都の会社へ電車で通っている人が多いからでしょう。

たしかに、朝の京浜東北線や東海道線を見てみると、サラリーマンやOLですし詰め状態になっているなあ…大変そうに。とは思っていました。

かく言う僕は、派遣会社が借りている寮(という名のレオパレス)からの徒歩通勤です。距離は約2kmなので、時間にして約30分程度。

なので満員電車とは無縁な生活を送らさせてもらっていますが、都心になればなるほど、通勤電車の地獄っぷりは半端ないですよね。

通勤で時間を消耗して、そのせいで睡眠時間まで削って、交通費…は会社から支給されているかもしれませんが、場合によってはお金も消費して…。

時間貧乏になるというか、不幸ですよねそんなの。

それなら少し家賃は上がるかもしれないけど、会社の近くに住んだ方がいいのでは?と思うのですが、なんだろう、マイホームでも買ってしまって動けないのでしょうか?

通勤の話になると、よく「職住近接」という言葉が出てきます。職場と自宅を近距離にして、時間コストを少なくしようというもの。これって生活していく上でかなり重要なことだと思います。

そういえば、以前読んだこの記事の中で

また、桜井さんは独立したゲームディレクターゆえに、新しいプロジェクトがスタートするたび、通勤にかかる時間さえも制作に充てるため、オフィスの直近へと引っ越しをくり返します。

という記述があったのを思い出しました。

また、様々なビジネス書を読んできましたが、この職住近接を推奨している本は結構ありました。それだけ、時間というのはお金に代えがたい、大切なものだという事なのでしょう。 

スポンサーリンク