読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃エルゴミ

全部燃えて灰になってしまえ

「マイクロファイバータオル」の吸収力が凄いのでバスタオルを断捨離


f:id:ysk_wtnb:20170117214940j:plain

以前から「かさばるなぁ…」と思っていた、タオル類。

男の独り暮らしなので量自体は少ない(4枚)のですが、バックパック1つで生活したいと思っている僕としては、意外と荷物になるんですよね。

スポンサーリンク
 


ということで、この度

f:id:ysk_wtnb:20170117214153j:plain

Amazonにて「マイクロファイバータオル」なるモノを注文しました。

このタオルには

・大(バスタオルサイズ)
・小(ハンドタオルサイズ)

の2種類があって、大2枚のものや小2枚のものなど、様々なバリエーションや色があります。

その中で、僕は今回

 f:id:ysk_wtnb:20170117215409j:plain

このエメラルドブルー色の、大小セット品を購入しました。

ちなみにこのマイクロファイバータオル、値段は約2000円でした。

2000円となると、タオル類としてはちょっとお高い部類に入るでしょう。しかし、その値段を補って余りあるほど、かなり良い買い物になりました。

その理由は、このマイクロファイバータオル、吸収力と速乾性が抜群に良いのです。

この記事を書く30分ほど前にシャワーを浴びてきたのですが、身体をこのマイクロファイバータオルで拭きました。

f:id:ysk_wtnb:20170117220720j:plain

それから30分ほど経過したのがこの写真ですが、もう7割がた乾いています。

スゲェ!!

と思わず叫んでしまいました(笑)

ただし、はっきり言って拭き心地はかなり悪いです。バスタオルのあのフワフワ感に慣れてしまった人には、最初は違和感しかないでしょう。

しかし、一度使えば分かります。拭いているそばから乾いていくようなあの感覚が。

そのぐらい、速乾性は抜群です。

何やら、ミニマリストには手ぬぐいで身体を拭くのがセオリーのようですが、それと同じような感覚で使えるのではないでしょうか。

このマイクロファイバータオルのおかげで、冒頭に貼った写真のバスタオルは1枚を残し、全て捨てました。

残った1枚は、枕カバーとして使おうと思います。

…結構、ヨダレがひどいのでね(笑)

「マイクロファイバータオルを持てば、バスタオルはいらなくなるよ!」

というお話でした。

スポンサーリンク