Yoshikiの日記

もう1つのブログ→http://shikujiri.me/

関わらない共同生活


f:id:ysk_wtnb:20170506173146j:plain

僕が今住んでいるシェルターは1つの部屋が2Kのような間取りになっている。6畳の個室が2つあって、キッチン・風呂・トイレは共同。僕がそのうちの片方の部屋に住み始めてからもうすぐ1ヶ月ぐらいになるが、最近もう片方の部屋に新しい人が住み始めた。

まあシェルターに来る人というのは僕もそうだけど訳ありな人が多いが、そういう人の過去を詮索しないようにみんなが気をつけているので、どういう経緯でここに辿り着いたのかは分からない。が、そんなお互いに素性を知らない住人との共同生活をしているというのは、なんだか不思議な気分だ。

まあ共同生活といっても別に料理を一緒に作って食べるとかそういう事はしなくて、共用部分でありトイレや台所はもう片方に迷惑をかけない程度には清潔に使おうぐらいな、小学校で習う程度のゆるい暗黙の了解を守りつつ、お互いに少し気を使いながら生活するという程度のものだけど。

前述したように相手の素性は分からないが、シェルターの管理をしているNPOのスタッフの方々には、何度か「この前入ってきた方、どんな感じですか?」とか「迷惑になってないですか?」ということを聞かれた。

その度にお互いそもそも干渉し合わないので何もないと言っているのだが、もしかしたら本当に何かしらの「訳あり」な人だから、そういう質問をしてくるのかもしれない。まあ年齢は僕と同じか少し下ぐらいの全然普通な感じの人だから裏社会の人とかではないだろうとは思うが。

ただ、基本的に僕は1人が好きで片方の部屋に誰もいなかった時が最も快適だったのはたしか。シェアハウスとか嫌いではないんだけど、やっぱり1人になりたい時というのがよくあって、そういう気分の時に物理的に近くに人がいたりするとストレスになったりする。だからといって、その人に「近寄るな!」とまるでゴルゴ13のようなことはもちろん言わないけど。

今の生活では担当のケースワーカーから一人暮らしの許可を得ないと引っ越しをすることすら叶わない。就労不可の状態では1~2ヶ月様子を見る必要があるらしくて、今はその段階だと。就労可能と判断されればすぐにでも引っ越しができるらしいんだけど、その場合はハローワークに通うなりして就職活動に励まなければならないらしい。それはダルいので、働けないと判断されている方がまだマシだ。

精神科の薬は相変わらず飲み続けているけれど、いつになったら引っ越しの許可が下りるのだろうか。別にシェルターでの生活も悪くはないんだけど、やっぱり一人暮らしの方が何かといいよなぁ。

スポンサーリンク