Yoshikiの日記

もう1つのブログ→http://shikujiri.me/

まとめサイトで紹介されていた底辺YouTuberが全滅していた

f:id:ysk_wtnb:20170629152237j:plain

このまとめサイトで紹介されていた底辺YouTuberたちが、軒並み全滅していました。当然ですが、動画はほとんど消されています。まれに残っているのもありますが、それはきっと投稿主の消し忘れでしょう。まだ動画を残している人のアカウントページに飛んでみましたが、投稿は数年前でストップしていましたし。

底辺YouTuber本人たちには話を聞けないので、これは完全に僕の憶測ですが、きっと彼らが長続きしなかった原因は「楽に大金を稼げそう」と思っていたからなのではないかと思います。実際、僕の知り合いにもブログで稼ごうとしたけどできず、YouTuberにシフトし、特に面白くもない単なる日常動画をアップしている人がいます。当然、それで食えるほどの広告収入はなく……。

まあ、実はその知り合いにブログで稼ぎたいと相談されたのは僕なんですけど、数百文字程度の記事を月2〜3回更新するだけでしんどいとかナメている感じだったので、僕は一言「くたばれボケ」とだけ言ってその話は終わりました。

で、そういう人を見ていて思うのは「順序が逆じゃない?」ということです。ブログやYouTubeで何か発信や表現したいことがあってそれを選ぶならいいと思うんですけど、ただ稼ぎたいというだけの人というのは、要はお手軽にお金が稼げれば何でもいいんですよね。なので「それ別にブログ(YouTube)じゃなくてよくない?」と問いたくなるような薄っぺらいコンテンツを量産してしまい、結局収入には繋がりません。

ただ、底辺YouTuberに関しては彼らも被害者だと思うんです。YouTubeは、数年前に「好きなことで、生きていく」というキャッチコピーでテレビCMを流し、ヒカキンや木下ゆうかなどのトップYouTuberを映して華やかさを演出して「YouTuber=格好いい」というイメージを子供たちに植え付けていきました。

その結果、このように中学生の「なりたい職業ランキング」にYouTuberがランクインするという事態にもなったことがありました。ちなみにプロブロガーがランクインしないのは、名前がダサいのと代表格がVALU中毒のハゲたオッサンだからだと思います。

ただそのブームも、参入者の増加によるレッドオーシャン化と広告単価の低下によって終焉を迎え、現在は稼げる一部のYouTuberと全く稼げないYouTuberといった「格差」が拡大しています。数年前はYouTubeで食えたのに今は食えなくなった、という人も増えてきているようです。

この動画は、チャンネル登録者数約40.4万人(2017年6月29日現在)、100万再生超えの動画もある人気YouTuber、ぷろたん氏のものです。

これの中でも語っていますが、最盛期には月500万円ほどあった収入が現在は3分の1ほどに落ち込んだそうです。それでも月150万円以上はある事になりますが、月50万円の給料がいきなり月15万円になったと考えるとキツイですよね。ちなみに収入が減少した原因は、広告単価の低下と広告の表示される回数が減少したせいだそうです。

恐らくどのYouTuberも、遅かれ早かれみんなこうなることでしょう。はじめしゃちょーもヒカキンもヒカルも。なので、底辺だったかもしれないけれど早めに抜け出すことができた人たちは、逆にラッキーだったのではないでしょうか。 

最後に、ブロガー界隈には「ネットで稼ぐのは簡単!」と言って誘導しつつ、その先には「ぼくのnoteを購入すればね!」とか「ぼくのサロンに入ればね!」とか言いながら搾取しようとしてくる人もいますので、これからこの世界に参入しようとしている人はどうぞお気をつけて。

僕の仕事は YouTube

僕の仕事は YouTube

 
スポンサーリンク