メンヘラ生活保護受給者のブログ

ブログで月7万円ぐらいを稼ぐメンヘラ。生活保護受給中。精神障害者手帳申請中。

【七原くん】ミスを自分のせいにされて早くも辞めたい宣言

f:id:ysk_wtnb:20180129021639j:plain

あちゃー、こりゃ完全に嫌われているねぇ七原くん……。

www.youtube.com

ミスを自分の責任にされる七原くん

帰宅途中、自宅に着く前にも関わらず「ミスを俺の責任にされたんだが!」と憤っている七原くん。どうやら、自分たちのラインで起こったミスを上の人間が現場のスタッフたちに聞いて回ったところ、2人が「七原さんの指示通りにやりました」と言い、七原くんが上の人から怒られたらしい。

それに対して「俺は指示するよ!だって指示するポジションだもん!」という風に言い、決して自分は悪くないと譲らない七原くん。しかし、配信上では強気な態度でも、実際の現場ではチキンな性格ゆえ、常に低姿勢でお願いをしているらしいが。

そういえば、僕が昨年に勤めていた横浜市の工場でも、同じようなことがあったのを思い出した。その時も不良品が出て、ある派遣スタッフが上司から「どういう風にやってたの?」と聞かれ、「◯◯さんに教えてもらった通りにやりました」と答えていた。

教えた◯◯さんは激怒し、派遣スタッフに「お前にはもう二度と、何も教えねぇ!!」とブチ切れてたっけ……。まあ、実際に◯◯さんは間違った方法を僕にも教えたことがあったので、きっと派遣スタッフの言ったことは正しかったのだろう。しかし、そこで責任のなすりつけ合いのようになってしまっては、結局何も解決しないのでは? と思うのも正直なところではある。

人は理屈でなく感情で動く

前回の七原くん記事にも書いたことだが、人間ってやっぱり理屈じゃなくて感情で動く生き物なので、この辺りはかなり難しい。特に派遣社員として工場で働くおっさんというのは、心に傷を負っている可能性も高く、そういう人には文字通り腫れ物に触るような対応をする必要がある。

難しいだろうし「なんでそんな事までしないといかんの?」と思うだろうが、それが工場で働くということなのだ。だからこそ、そういった部下たちの管理をしていかなくてはならない正社員なんて七原くんには勤まらない、と最初に書いたのだ。

他人に指示を出すということは「裁量」があるということであり、その分「責任」が伴ってくる。そこを勘違いして「俺が指示を出してんだから黙って言う事聞けよ!」とスムーズにはいかないところが、仕事の面倒なところでもある。僕自身も、それに耐えられなくて辞めてしまったわけだが。

カリスマ性のない七原くん

というか、七原くんも端から見れば十分にメンヘラだ。リスナーからはずっと「ADHDの疑いがある」と言われているが、本当にその通りだと思う。モノはすぐ忘れるし、衝動買いや衝動的なギャンブルばかりして常に極貧生活だし。

工場にいるおっさんたちにしてみたら、自分たちと同じかもっと格下のような奴でしかも年下の人間に、なぜいちいち指示されないといかんのだ? という心境が、言う事を聞かない原因の一つなのかもしれない。

まあ、あとは単純に自分の言う事を聞かせるためには一種の「カリスマ性」のようなものがないと、人の上に立つというのは厳しい。仮に立てたとしても、すぐに挫折してしまうだろう。それが七原くんにあるか? と聞かれれば、僕も含めて、みんなまず「無い」と答えるよねぇ。

恐らく、ここの現場は最初の更新だった2月末までか、それより前に辞めてしまうだろう。人間関係につまづくと、たとえ給料など他の部分で不満はなかったとしても、仕事を続けるのはしんどい。逆に言えば、たとえ待遇があまり良くなかったとしても、人間関係さえ円滑であれば、仕事は楽しい。

いじられキャラとして生きていく

僕も生粋の「いじられキャラ」なのだが、七原くんの場合も、正社員などで人の上に立つのを目指すよりも、今まで通りに周りから時々ウザいと思われつつ、なんだかんだで愛されるいじられキャラを目指した方が向いているだろう。

僕も30歳を超えて分かったが、人間には「キャラクター」というものがある。いじられキャラの人間が人の上に立とうとすると、「それはお前のキャラではない」という感じで叩き落されることがよくあるので、とても注意が必要だ。 

「人の上に立つ」ために本当に大切なこと

「人の上に立つ」ために本当に大切なこと

 
スポンサーリンク