30代メンヘラ無職のブログ

主に生活保護と七原くん(配信者)について書いています

七原くん「ニコ生ぐらいでネットタトゥー(身バレ)なんかないでしょw」

七原くん、その考えは甘すぎやしないかい?

www.youtube.com

サービス開始から約10年。どんどんオワコン化が進んでいる「ニコニコ生放送(通称:ニコ生)」の中でも、一躍人気者として活動している「七原くん」という配信者。

最近では彼の放送を一度に数千人レベルが視聴しており、他の配信者がどんどん引退や「ふわっち」などの他サービスへ流れているのも影響しているが、今では七原くんがニコ生のトップを独走しているような状態である。

そんな七原くんだが、まだまだ正社員になる夢は捨てていないらしく、2月20日頃にも工場系の会社へ面接に行くという。ただし、自身の現在の年齢や職歴ではとてもじゃないが正社員への道はほど遠い……という事もある程度は自覚しているらしく、配信上で堂々と「履歴書や面接では嘘をつく」と言ってしまっている。

それを配信の視聴者(リスナー)たちから「最近の面接官は応募者をネットで検索するから無駄だぞ」と言われるも、本人は「いやいや、YouTuberならまだしも、ニコ生ぐらいでネットタトゥー(正確にはデジタルタトゥー)なんかないでしょw」と余裕をぶっこいている。

それでは実際に、彼の本名である「七原浩平」で検索をかけてみよう。

f:id:ysk_wtnb:20180215103930p:plain

はい、一番上に顔画像がこれでもかと言うぐらい並べられているね(笑)。ちなみに同じ「七原浩平」で、次は画像検索をかけてみよう。

f:id:ysk_wtnb:20180215104048p:plain

はい、七原くん以外の七原浩平さんは全く出てこない。

という事は、面接官がもしも七原くんの本名でネット検索をかけると、たった一人だけの七原浩平という男性。つまり、ニコ生で有名な「七原くん」しか出てこないのだ。

最近は大企業であればあるほど、面接に来た人の名前で検索をかけるらしい。SNSが全世界に普及した現在、反社会的行為を軽い気持ちでネット上にアップしている、いわゆる「バカッター」のような者に該当している可能性もあるからだ。では

「七原くんがその"バカッター"に該当しているか否か?」

を考えると……バッチリ該当している(笑)と思うのが、大半の面接官の気持ちではないか。

ニコ生なんて、ただでさえろくでも無い人間のたまり場になっているし、実際「ドローン少年事件」などによって、悪い意味でその名前が広まっている部分もあるし。

参考:ドローン少年事件まとめ

まあとにかく、七原くんは顔のみならずネット上に個人情報を流出させまくっているのだから、仮に正社員試験に受かったとしても油断はしない方がいい。履歴書を改ざんするのは、その程度によっては立派な「解雇理由」になり得るからだ。

そして残念なことに、七原くんには1つだけ「賞罰」がある。それは、過去に無断欠勤からバックレを図った会社から「懲戒解雇」をされてしまった事だ。こればっかりはきちんとその事実をありのままに書かないといけない。ここの改ざんは、前述した「解雇理由」に十分当てはまるほど重たい項目であるからだ。

七原くんは「正社員に受かったらニコ生を辞める!」と公言しているが、本当に正社員に受かりたいのであれば、正社員になる前に配信を辞め、ネット上に残っている自身のデジタルタトゥーを可能な限り消すことをオススメする。

ブロガーのように匿名+顔出しなしで活動できれば続けてもいいとは思うが、実名+顔出しありでやっている以上、本格的に身バレするのも時間の問題である。

ていうか、かつて介護の仕事をしていた時に思いっきり同僚に身バレしていたではないか……! 昨年の話なのに、もうそれを忘れたのか? もし七原くんがそこまで鶏頭であるならば、もはや何も言うまい……。

スポンサーリンク