30代その日暮らし

生活保護と日雇い派遣とブログの広告収入で生きています


思い出

【大阪 震度6弱】東日本大震災の時に「明日も通常通り仕事して」と言われた話

近畿地方(特に大阪)の地震、かなり甚大な被害になっていますね……。 こんな状況下でも安心したのは、東日本大震災の時と違うのは津波や原発への影響はほぼ無いということ。震災時はその2つによる被害が特に甚大だったので、とりあえずは何とかなりそうで良…

元彼女が結婚していたのを知って死にたくなるメンヘラ無職

あーあ……。こういった経験は初めてかつ、別れてからもう4年ぐらい経つのだが、結構ショックは大きいものがあるなぁ(笑)。 とにかく、昨日フェイスブックを適当にいじっていたら元彼女にたどり着き、それに気付いた。なぜなら、名字が変わっていたから。ち…

上司に「お前メンヘラなの?」と言われた時点で治療に専念すればよかった

僕は2013年の夏に地方から東京へやってきたのだが、こっちで最初に就職したのがスマートフォンやインターネットの回線を契約する、いわゆる「契約代理業」をナリワイにする会社だった。 携帯ショップの店員や家電量販店の販売員、または通信系コールセンター…

うつ病とインターネットが僕の人生を変えた

うつ病になった過去 自分が正式に医者から「あなたはうつ病です」と言われたのは2017年だった。しかし、症状は実際には2011年の震災後のあたりから出ていた。 僕は2007年4月〜2013年の5月まで、とある地方のパチンコ店にて正社員として勤めていたのだが、200…

20歳からの10年間は自分でも嫌になるほど失敗の連続だった

自分は2018年10月に32歳になる予定のおっさんだが、改めて20歳からこれまでの10年間を振り返ると、本当に失敗続きでクソみたいな人生だったと思わされる。 それらをざっと振り返ってみると、 2007年春(20歳):地方のパチンコチェーン店に就職。社会人にな…

【貧困】2回ほど銀行口座が差し押さえられたことがある

数年前の話になるが、今まで自分名義の銀行口座を差し押さえられたことが二度ほどある。その一度めは、今から5年ほど前に自己破産をしたときだった。 ★関連記事:生活保護を受ける前に自己破産をした時の話 - 生活保護から抜け出したい 破産について相談をし…

生活保護を受けると決めた時点で、家族とは音信不通にした

僕は2017年の4月から生活保護を受けているが、その時期から家族とは一切の連絡を断ち切っている。電話は家族や親戚らすべてを着信拒否にしているし、LINEはそもそも使っていないのでスマホにインストールすらしていない。 幸いなことに、うちの家族はツイッ…

ネットカフェ難民を今まで2回経験して感じるメリット・デメリット

僕は2017年の7月頃から生活保護を受けながら都内のマンションに住んでいる。しかし、かつて2017年の3月頃には、ネットカフェ難民として都心のネットカフェ(正確にはネットルーム)を根城にし、そこから仕事のために通勤していた時期があった。 ちなみに前回…

生活保護を受ける前に自己破産をした時の話

僕は作年、30歳の頃から生活保護を受けるようになった。原因は20代の頃に患ったうつ病のせいで仕事が全く続かなかったこと。その後、あちこちを転々としているうちに所持金が底をつき、支援団体に助けてもらって今に至るという流れがある。 31歳になり、改め…

偏頭痛のせいで一日潰れた

奇跡的か久しぶりに朝7時に起きることができて「よっしゃこれで昼夜逆転が治る」って思っていたら、偏頭痛のせいで結局一日中寝ているハメになった。 この記事でも書いたとおり昔から偏頭痛はたまに起きていたんだけど、僕の場合頭痛の前に視界がキラキラし…

叔母が窃盗罪(万引き)で逮捕されていた

2015年秋、兄の結婚式2016年夏、従兄弟の結婚式 そういえばどっちにも叔母(母親の妹)が出席してなかったなーと思い、だいぶ前だけど親に理由を尋ねてみたところ、返ってきた答えがタイトルだった。叔母自身も出席したがっていなかったし、親も出席させなか…

3月11日の東日本大震災をきっかけに失恋した思い出

東日本大震災と失恋 今日は、あの「東日本大震災」から5年が経過した日ですね。当時は震度6を観測した地域に住んでいたこともあって、あの日の事は鮮明に覚えています。 関連記事1:福島県で東日本大震災に遭遇し、新潟県へ避難したときの思い出関連記事2:…

高級布団の販売員が家に来た時の話

Futon / Mr Wabu 約6年前の話。当時は地方で働いていて、休みの日にとある訪問者が自宅に来ました。 来たのは、まだ10代?と思わしき、どこにでもいそうな女性…というかむしろ女の子。話を聞くと、何だか布団の訪問販売をしているとか。その子いわく、 超高…

貧乏人がアムウェイを始めてもお金持ちになれない理由

Amway Center / planetoftheweb ふと思い出したことを書きます。 だいぶ前の記事ですが、かつてアムウェイについて思うことを書きました。 当時勧誘してきたAくんとは、未だに連絡はとっていません。まだアムってんのかなー? で、上の記事には「Aくんのアッ…

某大手通信会社の代理店での新人研修が最高に辛かった話

夏がくれば思い出す…あ、夏終わったじゃん。 通信会社の代理店に就職した時の話 今日は、地方から東京に出てきて最初に就職した会社の話をしようと思います。 そこは、某通信会社の販売代理店を営む会社でした。販売代理店というのは保険代理店と同じような…

転職エージェントを利用して転職活動をした時の話

自分の夢に、嘘はつけない という某カード会社のキャッチコピーがありますが、この言葉は正にその通りだと思います。ただ、ぼくの場合は「嘘はつけない」よりも「嘘をついても、良いことは全くない」と考えています。 転職活動とエージェント ぼくは2013年の…

「仕事で無理をしすぎるとこうなるぞ!」という悲しきお手本

過ぎたるは猶及ばざるが如し 「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということわざがあります。 何事でもやりすぎることはやり足りないことと同じようによくない。 という意味です。有名な言葉なので誰でも知ってますよね(笑) 様々なシーンで「無理はよくない」…

夏がくると思い出す「インキンタムシ」に苦しめられた話

インキンタムシ【陰金田虫】とは 陰部・股(また)などにできる皮膚病の俗称。青年男子に多くみられる。頑癬(がんせん)・輪型の紅疹(皮膚炎)・疥癬(かいせん)・陰囊(いんのう)湿疹・小水疱性斑状白癬(ぜにたむし)などが含まれる。 あれは忘れもし…

【見えないホームレス】女性の貧困・ネットカフェ難民について考えてみた

貧困女子とネットカフェ難民 普段、雑誌類はほとんど読まない僕ですが、なぜか「日刊SPA!」だけはちょくちょく読んでいます。きっとタイトルなどに釣られて読んでしまうのでしょう(笑) そんな日刊SPA!ですが、最近の記事で「貧困」に関するこんな記事が…

ボクがうつになりまして。心療内科に通っていた時の話

うつ病と心療内科 今はもう通っていませんが、2011年~2013年にかけて心療内科に通っていた時期がありました。今日はそのころの話をさせていただきます。 うつになりまして 東日本大震災、失恋、震災に伴う職場環境の変化などなど、原因はいくつかありました…

卓球部はモテる?モテない?元卓球部員が考えてみた

※2016年8月18日追記 卓球部はモテない? 高知の炎上トマト王子ことイケダハヤトさんが、バレンタインデーにぼくの傷をえぐるような記事を書いてくれやがりました。 傷はえぐられましたが、ぼくの心の琴線に触れた部分がありました。 いや実際、男だらけの卓…

中途採用の面接で「君はこの仕事に向いていない」と言われた思い出

転職と中途採用 地方の仕事を辞めて、東京に行こう!と思ったのは、2013年の5月。転職活動をしていた当初は、東京でも正社員を目指して動いていました。 正社員に転職するには未経験よりも経験者の方が有利だと思ったので、それまで働いていたのと同じサービ…

会社を辞めたい人に「他の人も苦労している」と言うのは逆効果である

他の人も苦労しているんだぞ? ぼくは2013年まで勤めていた会社で、うつ状態(うつ病一歩手前と言われた)と診断されました。うつ病の正式な診断はされていないのと、基本的に軽い性格なので、周りに言ってもほとんど信じてもらえません(笑)東京に来てから…