ゴミ収集アルバイトをしたらかなりの肉体労働だった話


f:id:ysk_wtnb:20150930184404j:plain

(最終更新:2018年7月20日)

みなさんこんにちは。

万年金欠気味のため、日雇い労働に励んでいるYoshikiという者です。

◆ 目次 ◆

①ゴミ収集のアルバイト

先日の話になりますが、休日を利用して「ゴミ収集のアシスタント」のアルバイトをしてきました。

聞くところによると、ゴミ収集は午前中に完結させる必要があるそうです。なので、その仕事は「午前中のみ」という短時間勤務な案件でした。

まあ短時間なのはいいのですが、当日は雨が降っていたのとゴミ収集の仕事そのものが初体験だったということで、なかなか緊張していました……(笑)。

スポンサーリンク  

 

②始業前

まず、朝8時頃までにゴミ収集業者の事務所へ出勤します。そしてその事務所のような場所で着替えをしたり、回収の段取りを確認したりしました。

ちなみにそこには、めちゃくちゃノリノリな、ラテン系の「カルロス」さんという従業員の方がおり、その人にロッカーなどを教えてもらいながら準備をしました。

冒頭に書いたようにその日は雨が降っており、派遣会社から「持っていって」と言われたレインコート(雨ガッパ)を持参したのですが、

「そんなカッパじゃ作業できないよー!?」

と、カルロスさんに一蹴されてしまいました……(笑)。

どうやら今回の仕事に必要だったレインコートというのは、

f:id:ysk_wtnb:20150930191721g:plain

こういうタイプの物だったようでして、それに対して僕が持っていった物というのは

f:id:ysk_wtnb:20150930191918j:plain

こういうタイプのカッパでした……。

ちなみに靴も普段履いているスニーカーで行ったのですが、雨が降っている時は長靴で来てほしかったと言われてしまいました。

こんなカッパと靴ではどちらも使い物にならない。ゴミ収集という仕事を、完全に甘く見ていました……。

ていうか、派遣会社からレインコートも靴も指定なんて何もなかったんですけど? なに? コレって僕が悪いの!?(笑)

ちなみに画像上の男性が着ているカッパを「レインウェア」というらしく、下の女性が着ているのが「レインコート」というそうです。んで僕が持っていったのは、もちろんレインコート。

はっきり言って……知らんわそんな違い!!

結局、レインウェアは回収業社に置いてあった予備を貸していただきました。しかし、長靴は数が足りなくて貸してもらえず、履いてきたスニーカーで作業を行うことになってしまいました……。

指定された収集車に乗るわけですが、組んだドライバーの方がめっちゃ無愛想……。カルロスさんがノリノリだっただけに、ちょっと怖い。

しかもそのドライバーさん……薬指がありませんでした。ちなみに欠損しているのは、定番の小指じゃなくてなぜか薬指だけ……?

その方が昔そういう稼業だったと言いたい訳ではありませんが……893さんって薬指を詰めたりするのかな?

と思いつつ、当然ですがそんな質問はできるはずがありません(笑)。

③収集開始

そしていよいよ出発。

「車から降りる時は通行人にぶつかるな!」や「収集所が密集している場合は、ゴミを回収しつつ車の後ろを走ってきてもらうからな!」など、必要最低限のことのみ収集者の中で教わる僕。

そしていざ回収エリアに入り、作業開始!

「"車に乗れ"という時はクラクション鳴らすから、それまでトラックの後ろ走ってきて!」

と言われ、ひたすら雨の中をゴミ回収しながらトラックを追いかける。

車を追いかけつつ、ゴミを拾う。拾う。拾う!拾う!!

……あら、全くクラクションが鳴らされる気配がないんですけど?

実際やってみて分かりましたがこのゴミ収集という仕事、かなりの距離を走らされることになります。この時ほど

「普段からジョギングしておいて良かった!!」

と思ったことはありませんでした!(笑)

本当に、普段走り慣れていない人はやるなら覚悟した方がいいですよ。体育でやったシャトルランをずーっと繰り返すような感じでしたからね?(ガチです)

シャトルラン

シャトルラン

(この曲は全く関係ありません。)

ちなみに都内某所での作業だったのですが、細い道が多いところでした。

それゆえ、いちいち車へ乗降しているだけのスペースもないですし、収集ポイントも点在している。ゆえに、走って回収してしまった方が早かったわけですね。

ということは逆に、地方でゴミ回収をするのであれば車に乗っている方が多いのかもしれませんね。……まあ地方でゴミ拾いのアルバイトをした事はありませんが。

そしてそのまま、収集車の後ろを走ったりゴミを回収車の後ろに放り込んだり……という労働をひたすら4時間以上繰り返しました。もちろん雨が降る中バシャバシャと。

おかげで履いてきた靴はビッショビショ。あーあ、スニーカーなんて履いてくるんじゃなかった……(泣)。

④収集終了後

担当エリア内での回収が終わってからは、集めたゴミをまとめる地域のクリーンセンターというところへ持っていきます。よく小中学生が工場見学に行く所ですね。

そこで集めたゴミを捨てたり、収集車の中を掃除したり。まあここは全然しんどくなかったですね……ごみ収集のダッシュに比べたら(笑)。

そして会社へ戻りましたが、最初は無愛想だったおじさんもその頃には普通に話をしてくれるようになっており、「どこに住んでるんだ?」とか「出身地はどこ?」などの話で盛り上がっていました。

しかし、薬指の件はもちろん聞けず……(笑)

そして戻ってきて、片付けて、着替えて、ちょこっと書類記入して終わり。今回は午前中のみの仕事でしたが、翌日はバッチリ筋肉痛になりました!!(笑)

ちなみに給料は午前中のみ3〜4時間程度で、約5000円程度でした。週払いだったのでもうすぐ振り込まれるハズですね。

……いやはや、ゴミ収集業者の仕事って、かなりの肉体労働だったんですねぇ。

また、こうした普段覗く事ができない業界の片鱗を覗くとそこで働く人々の苦労がよく分かり、良い体験になりますね。

これからは、家でもゴミの分別をもっと丁寧にしようと思いました。

⑤おわりに

あ、ちなみに今回のアルバイトを見つけたのは

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

⇧こちらの求職サイトからでした。

今回のゴミ収集アルバイトのように「単発・日払い」の案件が多数あり、僕のようなその日暮らしの人間にはかなり利便性の高いサイトだと思います。

興味のある方はぜひ登録だけ(もちろん無料)でもするといいと思いますよ!

水陸両用カー ゴミ収集車

水陸両用カー ゴミ収集車

スポンサーリンク