32歳その日暮らし

ブログの広告収入と生活保護で生きています

正月のパチンコ店は死ぬほど混んでいて忙しい!

f:id:ysk_wtnb:20161225141147j:plain

(最終更新日:2018年12月25日)

みなさんこんにちは。

もうすぐ2018年、そして平成も終わりますね。

元パチンコ店員のYoshikiです。

スポンサーリンク  

 

もうすぐ2016年も終わりますね。僕の会社はすでに年末年始休暇に入っている人もおり、僕も29日から休みになります。

しかし、パチンコ店は年末年始はガッツリ営業します。なぜなら、年末年始というのはパチンコ店にとって最高の稼ぎ時だからです。

www.continue-is-power.com

この記事にも書きましたが、年末年始ほどパチンコ店が儲かる時期はありません。黙っていてもどんどんお客が来るため、ここぞとばかりに利益回収に走ります。

お正月のパチンコやパチスロを売って勝てる人というのは、かなり少ないでしょう。

というように、お客にとって厳しい情勢となるパチンコ店。しかし、厳しさでは店員にとっても同様にあります。

前述した「黙っていてもどんどんお客が来る」という言葉のとおり、年末年始のパチンコ店はめちゃくちゃ忙しくなります。

特に、大晦日から正月三ヶ日までは死ぬほど忙しい日が続きます。

ちなみに、僕がいたパチンコ店は総台数1000台規模のお店でしたが、年末年始は毎日900台ぐらい埋まっていました。稼働率90%超えとかどれだけ忙しいんだよ!

パチンコ店で働いた経験がある人ならば、稼働率90%超えがどれだけ忙しいホールなのか?が分かっていただけるのではないでしょうか。

ただし、そんな年末年始営業も「暇になる時間帯」というのは存在します。
それはいつかと言うと、「夜7時以降」の時間帯です。

考えてみてください。年末年始というのは、色々やることがありますよね?親戚と会ったり、地元の友達と飲みに行ったり、初詣に行ったり……。

なので、正月の時期は夜になるとガッツリお客が帰ってしまいます。まあ、その分昼間はめちゃくちゃ忙しいですけどね……。

特に大晦日は、昼と夜の差が最も顕著に表れます。

大晦日のお昼は稼働率90%を超える勢いだったのが、夜7時を過ぎると稼働率20%を切る勢いでお客がいなくなるお店がほとんどでしょう。なので、

「夜から行けば、自分の打ちたい台が打てるんじゃないか?」

と思う人がいるかもしれませんが、その時期は店もパチンコの釘はガッチガチに締めています。また、パチスロの設定もオール1にしている可能性が高いです。

なので、負けたくなければ年末年始はパチンコ店に打ちに行くのは控えておいた方がいいと思いますよ?

「年末年始は暇で死にそうになるから、大負けしてもいいから行くぞ!!」という人は別ですが……(笑)。

パチンコ屋に学ぶ経済学―5万円負けた客が、明日もまた来る理由

パチンコ屋に学ぶ経済学―5万円負けた客が、明日もまた来る理由

 
スポンサーリンク