phaさんの有料マガジン(note)を読みたいけどデビットカードで課金できない


f:id:ysk_wtnb:20180117030043p:plain

昨日の深夜に日課のネットサーフィンをしていたところ、

日本一のニートこと「pha」さんのこんなツイートを見かけた。

僕は少し前にこんな記事を書いたぐらいにはphaさんのファンなので、今回も「もちろん課金して購読すんぞ!」という感じでnoteへログインした。しかし、結果から書くと課金はできなかった。なぜなら、クレジットカードを持っていないという部分で弾かれてしまったからだ。

ただし、一応noteではクレジットカード以外の課金方法もあるようだ。それは大きく2つあるようで、

  1. キャリア決済での課金
  2. Vプリカというプリペイドカードでの課金

これらのようだ。だが、まず1番については僕は使えない。なぜなら、僕のスマホはキャリアを「MVNO」といういわゆる3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外のものにしているからだ。このキャリア決済という方法は3大キャリアの契約をしていないとできないようなので、この時点で1番は不可となる。

そして2つめの「Vプリカ」での決済になるが、これはカード情報を入手するために、わざわざ近所のコンビニにまで走らなくてはならない。何が悲しくてこんな深夜(只今AM2時すぎ)のクソ寒い中、コンビニにまで行かなくてはならんのだ……!と思ったので、こちらもとりあえず却下となった。

こうなると実際、このままでは今すぐに決済する手段はないのだが、僕には疑問が残る……。それは何の疑問かと言うと、かつて2016年のちょうど今頃。noteバブルというものがブロガーを中心に巻き起こった。有名ブロガーのイケダハヤトさんを中心に、noteで有料記事を売ったり買ったり購読したりするのがブームになったのだ。

実はその頃、僕も興味半分でイケハヤさんの有料マガジンを購読していた。たしか料金は月額500円だった。そしてその時にも僕はクレジットカードを持っていなかったので、デビットカードで継続課金をしていた。あの頃はたしかに、デビットカードは継続課金をするために使用できていたはずなのだが。

この記事を書く前に何度もトライをしてみたものの、このたび課金しようとしていたphaさんの有料マガジンは、何度課金をしようとしてみても不可となる。しかも不可解なことに「このカードではできません」とエラーが出ればまだ分かりやすいものの、そのエラーすら出ないのだが、これは一体どういうことなのか。

今までどおり、デビットカードの情報を入力してOKボタンを押す。すると何かシークバーのようなものが左上のあたりでジワジワ動き、数秒後には何事もなかったかのようにOKボタンを押す前の状態に戻ってしまう。そこにはエラーメッセージのようなものは、何も表示されない。そしてまた試してみるも同じ結果になる。これの繰り返しだ。

一体なぜだ。何が起きている。ひょっとして、ここ2年ぐらいnoteを使用していないうちに、仕様が変わってしまったのだろうか?

それかもしかして、Vプリカの販売を促進させるために、VISAがnoteに「クレカとVプリカ以外は受け付けないようにね!!」というお達しを出したのかもしれない。まあ、何にせよ、真相は分からないのだが。とりあえず夜が明けて、お昼ぐらいになったらメールなり電話なりにて、noteのサポセンにでも問い合わせることにしよう。

世の中には、クレカの情報を入力する欄にデビットカードの情報を入力しても有効になる気前のいいサービスもある一方で、クレカ情報はやはりクレカのものでないと弾かれてしまうサービスもある。

そもそもクレジットカードを持っていないし持てないような状態に陥った僕自身が一番悪いのだが、クレカ情報欄にデビット情報を入れて、それが承認された時。その時ってなんだかすごい「世の中に受け入れられた感」があって嬉しくなる。

逆にエラーが出て弾かれてしまうと、まあそれが本来は当然の結果であるのは分かっているが、世の中の社会からも弾かれた感じがして、なんだか世知辛い気持ちになる。

クレジットとは文字通り「信用」という意味であり、デビットカードしか持てない僕は社会一般の人々より信用度が低いということになる。カード情報の入力欄で弾かれたときというのは、まさにそれをまざまざと見せつけられたような気分になって心が凹む。まあ、数秒で復帰するけど。

とりあえず、もう少しクレカ情報欄にデビット情報を入力しても弾かれないようなサービスが増えてくれたら、僕のような社会不適合者も生きやすくなって良いのではないかと思う。少なくとも、僕にとっては非常に喜ばしい限りである。今後、僕のような無職や非正規雇用の人々というのは、どんどんクレジットカード作成やローンなどは組みづらくなっていくと思うし。

せめて、もちろん残高内の決済でいいから、noteの継続課金ぐらいサクッとデビットカードでも決済ができるような世の中になってほしいと思う。Vプリカとかいうよく分からない不便なカードを作っているぐらいなら、15歳からでも作れるデビットカードをもっと前面に推していけばいいんじゃないんでしょうかねVISAさん?と思うのは僕だけなのだろうか。

スポンサーリンク