30代日雇い労働者のブログ

日雇い派遣とブログで生計を立てています


裁判の影響で、NHKの受信契約が増えてきているらしい


NHKの受信料とか本当にクソみたいな制度だよなぁ……。

headlines.yahoo.co.jp

NHKの受信契約に関する裁判にて「契約は義務」という判決が出た影響なのか、受信料の契約が増えてきているらしい。

www.continue-is-power.com

www.continue-is-power.com

ちなみに今の僕は生活保護を受けているので、受信料の支払いは免除される(届け出は必要だけど)。しかし、生活保護を受けておらずに働いていた時期でさえ、受信料の支払いはしなかった。

僕はすでに10年以上、テレビを持っていない生活を続けている。また、現在のスマホはiPhoneなのでワンセグも観れないし、パソコンにもチューナーはついていない。

ただし、かつてスマホがAndroidだった時期があり、その頃にNHKからしつこく「ワンセグに対応する機器を持っているんだから受信料を払え!」と催促をかけられていた時期がある。そんな時でも、受信料の支払いは拒否し続けてきた。

なぜそこまで受信料の支払いを拒否しているのか? というと、

www.continue-is-power.com

この記事にも書いたように、そもそも「NHKを視聴していない」からだ。僕の支払わない主張はずっと一貫していて、「なぜ観ていないのに支払う必要があるのか?」という部分である。この疑問が残っている限り、支払いは絶対にしないスタンスでいる。

そう言うと大抵は「放送法で決まっているから」と言われるのだが、そんな法律知ったことかボケ。という気持ちだ。そもそも、世の中の契約というのはシンプルで

  • 電気を使ったけど料金を支払わない→使えなくする
  • スマホを使っているけど料金を支払わない→使えなくする
  • クレジットカードで買い物をしたけど代金を払わない→使えなくする

これだで収まるはずだ。なぜNHKだけが

  • NHKを視聴したけど受信料を支払わない→観れなくする

という対策をとらないのか? そこに納得のいく説明をされたことがないから、僕は契約もしないし、過去によく知らずに結んでしまった契約については、受信料の不払いを徹底している。

一説によれば、NHK放送を観る/観ないを選べる、いわゆる「スクランブル放送」というやり方は実現可能だと言われている。また、NHKのサイト内にある「よくある質問集」というページを見てみると「なぜ、スクランブル放送を導入しないのか」という項目もある。ということは、NHKとしては「スクランブルできるけど、あえてしない」というスタンスを取っているということになる。

この質問について、NHK側ではよく分からん御託をゴチャゴチャ並べてはいるが、そもそも観ない人間からしたらそんなのどうでもいいし、観るつもりがないって言っているものを無理やり電波で飛ばしておいて「カネ払え!」って……。

僕は「こんなの、どう考えてもおかしいでしょ?」と言いたいだけなのだが、NHK側にはその理屈は通じないようだ。本当にクソな企業だと思う。とりあえず冒頭の記事に書いてあるように、裁判での判決の影響を受けて、NHKの契約件数は過去よりも増加してきているらしい。

「自分が訴訟されるかもしれない……!」

とビビってしまったのかは分からないが、焦って契約をしてしまった人々はきっと「周りが契約しないって言っているから自分も〜」という、よくある日本人的な「周りがやっているから自分も」というマインドだったのだろう。だからたかが判決ごときでブレるのだ。

僕はこのままNHKの受信料に対するスタンスが変わらない限りは、どれだけ大きな裁判でどのような結果が出ようと、NHK受信料は一切合切払わない。NHKの理屈はどこをどう考えても意味不明としか思えないし、そこに受信料を払うに値する「大義」が全く感じられないからだ。

もしも、これから生活保護から抜け出して自活していくようになったとしても、絶対に払わない。裁判にかけられて「支払え!」という判決が出ても、断固として不払いを徹底する。僕は今回のように、判決を見て焦って自分のスタンスを変えるような臆病者たちとは違う。

たとえNHKの人間が「受信料を払え!」と迫ってきても、僕は「帰れクソ野郎!!」とだけ言ってドアを閉めるので、受信料を徴収しに来るNHKの下請け小僧どもは十分に覚悟しておけ。とだけ言っておく。

NHKをぶっ壊す! 受信料不払い編―日本放送協会の放送受信料を合法的に支払わないための放送法対策マニュアル

NHKをぶっ壊す! 受信料不払い編―日本放送協会の放送受信料を合法的に支払わないための放送法対策マニュアル

  • 作者: 立花孝志,大橋昌信,NHKから国民を守る党を支える会
  • 出版社/メーカー: オクムラ書店
  • 発売日: 2017/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

NHKがいかにクソ企業なのかは、この「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志氏を追いかけるとよく分かると思う。YouTubeにも動画を多数アップしているので、NHKに受信料を支払いたくない人は参考にするといいだろう。

www.youtube.com

スポンサーリンク