七原くんは完全にギャンブル依存症


www.youtube.com

皆さんこんにちは。
七原くんの事が大好きな、当ブログ管理人のYoshikiです。

◆ 目次 ◆

ギャンブル大好き七原くん

ニコニコ生放送の大人気配信者「七原くん」の配信や動画を観ていると、かなりの頻度と金額をギャンブルに注ぎ込んでいることが分かる。ここ最近のだと、2018年2月2日にFX配信をしている。

この時は「口座開設キャンペーン」としてキャッシュバックを貰ったり、たまたまだが勝利を獲得しているのでまだいい方だが、過去の配信を遡っていくと圧倒的に負けて大損こいている時の方が多いことが伺える。

BO(バイナリーオプション)

www.youtube.com

まず、かつて七原くんがハマりまくっていたギャンブルが、この「バイナリーオプション(略してBO)」と呼ばれるものであった。

バイナリーオプション(英語: binary option)は為替金融商品の一種である。

一般的な株式や外国為替証拠金取引(FX)は、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定し、その「値幅」に応じて「損益金額」が変動する。

バイナリーオプション取引の「ハイ・ロー」も、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定する点は同じだが、「損益金額」は「値幅」によって変動することなく固定される。またレバレッジが無いので追証が無いのも特徴。よって、「最大損失額」を限定して取引できる。

ただ、国民生活センターは「一見すると簡単な取引に見えるが、リスクの高い取引である。短期間に繰り返し取引した場合、損失額が大きくなるおそれがある」と警告している。

(Wikipedia「バイナリーオプション」のページより引用)

これは相場が「上がる」か「下がる」かを予想するだけのシンプルなものなので、初心者でもプレイしやすく、のめり込みやすいのが特徴だ。七原くんはあまりに負けまくってしまったのでもうプレイしていないようだが、一度に2万円も3万円も注ぎ込んでは負けていた。

FX

www.youtube.com

そんなBOと同様にガッツリとハマっているギャンブルが、冒頭の動画でも行っているFX(正式名称:外国為替証拠金取引)である。

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。

FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。 

(Wikipedia「FX」のページより引用)

Wikipediaの説明欄を読んでもよく分からない人が多いと思うが、簡単に書くと「どこぞの国の通貨を、安い時に買って高くなってから売り、その差を利益とする」ギャンブルである。

FXの取引自体も「安い時に買い、高い時に売る」とシンプルといえばシンプルなものだが、世界情勢などを逐一チェックしていないと急な値上げ/値下げに対応できずに損をすることがあるので、初心者にはなかなか難しい。

また、FXには「レバレッジ」と呼ばれる「所持金を大幅に超えた金額での取引」ができる点が特徴的である。

外国為替証拠金取引では、レバレッジを利用することにより、証拠金以上の外貨を取引することができる。レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクは高まる。

逆に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍という)場合は、外貨預金に近い比較的低リスクな取引もできる。

(Wikipediaより引用)

この方法を使えば、仮に所持金が1万円しかなかったとしても、10万円や100万円規模での取引ができてしまう。得をすれば大きく稼げる手法だが、逆に損をする場合も多く、非常にハイリスク・ハイリターンなものと言える。世の中にはレバレッジで大損をくらい、破産してしまう人もいるという。

七原くんはレバレッジを利かせてまでFXはしていないようだが、数万円の損ぐらいはよくしている。配信外でも損をしているのを含めれば、その負け額はBOと同じくかなりの金額になっているに違いないだろう。

競輪

ここまでに挙げた2つのギャンブル(投機)と同じく、七原くんは「競輪」にもよく賭けをしている。ちなみに競輪はするようだが、競馬・競艇・宝くじ・パチンコなど他のギャンブルはほとんどプレイしないようだ。

七原くんが住んでいる名古屋はパチンコ発症の地なんだから、あちこちにパチンコ屋があるだろうし、ギャンブル好きならついついプレイしてしまいそうなものだが……。

www.youtube.com

まぁとにかく、七原くんは競輪についても「依存症」と言えるレベルでよく賭けに興じているのが配信上でもよく分かる。

上の動画では、七原くんは数時間に渡ってひたすら競輪に賭け続けており、そしてその賭けをことごとく外している。さらに動画の後半では、あまりに負け続けているからなのか、憔悴しきった表情にもなっているが、それでもなお賭けるのを止めない。

僕も数年前にパチンコ依存症になったから分かるが、ギャンブルに依存してしまうと頭ではもう止めたいのに、身体や精神が賭けを止めることを許さない。そして泣きながらでも賭け続け、すっからかんになった後に激しく後悔する。

その証拠に、七原くんは賭けに負けた後にたびたび「もうヤダ!」とか「こんなのもうやめる!」などと泣きながら宣言していることが多いのだが、翌日にはケロッとしており、ギャンブルに負けたことなんてすっかり忘れている。

この行動も、ギャンブル依存症になっている人の大きな特徴と言える。

専門の医療機関で治療すべき

www.youtube.com

七原くんは、ただでさえ金欠気味である。ガス代を滞納した末に停止されて真冬に水風呂を浴びていることなんてしょっちゅうだ。また、昨年の夏にはあまりにお金がないせいで、近所からザリガニを取ってきて食べてしまったぐらいだ。

そんな状態でもギャンブルを止めることができない七原くん。いや、ギャンブルを止めないからこうなっているのか……。どちらにせよ、この行動は完全に立派な「病気」であると言えるだろう。

ここ最近、WHOではギャンブル依存症のことを「病的賭博」というカテゴリにて「立派な病気である」と定義している。そんな病的賭博の疑いが強い七原くんには、ぜひとも「専門の医療機関での治療」することをオススメしたい。

ちなみに「ギャンブル依存症_名古屋」で検索をかけると、

愛知県のパチンコ・ギャンブル依存症治療施設|リデイズサポートネット

こういった依存症を治療する施設の情報が出てくる。こういった場所に通いながらギャンブル依存症を治す。そうした対策をしていかないと、七原くんが貧困から抜け出すことは難しいだろう。

ギャンブル依存症サバイバル ―パチンコ・スロット・競馬・競輪におぼれる人を救済するため、患者・家族・医療者に贈る指南書

ギャンブル依存症サバイバル ―パチンコ・スロット・競馬・競輪におぼれる人を救済するため、患者・家族・医療者に贈る指南書

  • 作者: 熊木徹夫,ギャンブル依存症研究所
  • 出版社/メーカー: 中外医学社
  • 発売日: 2015/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
スポンサーリンク