30代メンヘラ無職のブログ

生活保護や派遣労働の記事が多めです


【七原くん】結婚プレゼントなんて適当でいいんだよ


冠婚葬祭みたいな儀礼的なものって、本当に面倒くさいよなぁ……。

www.youtube.com

数少ない親友【たけぴー】が結婚するということで、夫婦にプレゼントする物を探しに名古屋駅前へやってきたニコ生配信者の七原くん。

駅ナカのデパート? 百貨店? で配信をつけ、店員さんにアレコレ聞きながら回っているようだが、なかなか良い物が見つからない。ちなみに予算は、驚きの2000円ぐらいでとは……そりゃ見つからんだろ(笑)。

最終的には2700円ぐらいの今治タオルを選んだようだが、なにせ本人が「出席するだけで精一杯なんだよ!」と言うぐらいお金がないため、夫婦へのプレゼントだというのに1人分しか買わず。

これにはリスナーからも「常識がない!」と非難轟々で、最終的にはもう1人分を買ったようだが……。相変わらず、七原くんはADHD全開の七原くんだった。

しかしまあ、冒頭にも書きましたけど、こういう「◯◯式」という名のつくものって、何かと「ルール」というか「しきたり」のようなものがあって面倒だよね。

やれご祝儀は偶数額では包むなだの、招待状への返事はこういう風に書けだの、こういう色の服を着ていけだの……本当にやかましいっつうんだよなぁ!

そんなものをわざわざルール化させる必要はなくて、本来は「気持ち」が大事なはずだろ? ご祝儀空っぽとかジャージで出席とかは流石にいかんと思うけど、そこまでガッチガチにする必要があるのか? いやないはずだ。

なんか日本って、そういう意味の分からんルールというか風潮が多いなぁと感じる。特に社会人になってから多く感じるようになった。

例えば「男なら免許はMT一択」とか「乾杯はビール」とか「お酌はラベルが見えるように」とか「ハンコは少し左に傾ける」とか……。自分も20代の頃にこれらはよく言われたけど、後の人生で役に立った事はほとんどないんですわ。このクソが!

こういう風潮がガチでまかり通っていた昭和時代とか、どれだけムダな事に時間を費やしていたのか? そしてコレに当たり前のように従っていたオッサンたちって、本当にみんな馬鹿ばっかりだったんじゃないのか? と思わずにはいられない。

まあ、僕はすでに家族や親戚との連絡手段は絶っているので、恐らくこれから結婚式に参加するのは本当に片手で数えるほどになるだろう。高校時代の友人たちはもうほとんど結婚しているようだし("ようだし"と言う事は呼ばれていないわけだが……)。

少なくとも、今の日本社会に蔓延している「マナー(笑)」や「常識(笑)」みたいなものって、基本的にすべて後付けで存在してきただけだろう。「自称ビジネスマナー講師」が差別化を図るためにどんどん適当に増やしてきただけ。

まあ、僕が今後結婚するかは現時点ではまったくの未定ではあるが、恐らく式やって披露宴やって2次会やってなんて派手にやる事はほぼ100%ないだろうし(そんな元気もお金もないため)。

ていうか、普段は別に特定の宗教なんて信仰していないはずの奴らが、結婚式の時だけは十字架があるチャペルで神父もいて参列者全員で賛美歌を歌うって……。こんなの本当に意味不明な儀式だろ、何のバックボーンもないのに。アホじゃないの?

あーあ、もうこういう厳かな冠婚葬祭の文化とか無くなっちまえばいいのに。そんで結婚式場や葬儀場は、もう全部幼稚園や保育園にして待機児童をなくせばいいんだよ。

昔の風習って現代の思考でいくと意味不明なものが多いのだが、戦前・戦中の人々ってそういった事象に対して「なぜ?」と考える猶予を与えられなかった。

なぜなら「目上の言う事はすべて正しいから従え!」みたいな暴論に抑え込まれる風潮が当たり前だったから。うちの婆さんにもよくそうやって抑え込まれたっけなぁ……。

昭和までの風潮やルールというのは、そういう理不尽さの中に成り立ってきたが多い。なので、これからどんどんぶっ壊していきたい。まずは冠婚葬祭から。

www.continue-is-power.com

※ちなみに今回の記事と前回のこの記事とは無関係です。 

【遊戯王カード】 古のルール STON-JP037-R

【遊戯王カード】 古のルール STON-JP037-R

 
スポンサーリンク