【悲報】貧困発言で炎上した桂春蝶、全然反省していない


f:id:ysk_wtnb:20180305202140p:plain

www.continue-is-power.com

ツイッターにて貧困に喘ぐ社会的弱者を侮辱した発言をし、大炎上している落語家の桂春蝶さん。上の発言の後に

www.continue-is-power.com

テレビ番組「バイキング」にて、坂上忍さんを始めとする芸能人たちと激論。しかし自分の無知を曝け出すだけしかできず、芸能人たちにボコボコに論破されるだけで終わってしまっていました。

しかもテレビ出演時があまりにタジタジだったせいか、こんな記事まで書かれてしまう始末……(笑)。

僕もYouTubeにてバイキングでの坂上忍さんらとのやり取りを視聴しましたが、本当に上のツイートに書かれている通りにボコボコに言われ、桂さんが今にも泣きそうになっていたのが印象的でした(笑)。

そんな僕自身、桂さんのバイキングでの発言には疑問に思う部分があったので、

こういう質問をぶつけてみたのですが、回答は未だになし。

ツイッターで炎上し、その関係からテレビにも出演し、コメンテーターたちに論破された事で、少しは考えを改めるだろうと思っていた桂さんでしたが……

このように、残念ながら全く反省していませんでした。

「貧困層はスマホを持つな」って……一体全体、お前はいつの時代の話をしているんだ?という感じですね。今や日雇いで仕事をするにも携帯電話がないと受け入れてもらえない時代なんだぞ?

現代において通信というのは電気、ガス、水道と同じぐらい重要なインフラなのに、貧困の人がスマホを持つのはおかしいってさぁ……。本当に落語家か?と言いたくなるぐらいに想像力が乏しい人ですね。

この人がスマホの件で実際に桂さんに罵倒された張本人のようです。

ここまでツイッターでは桂さんの言っている事をおかしいと抗議する呟きがたくさんあるというのに……

バイキングに出演する前には、こんな呟きもしていたはずなのに……。どうやら、落語家の桂春蝶というおっさんは、予想以上の頑固者でありクズ野郎だったようですな。

もうコイツの話題を目にするだけで虫唾が走るので、ブログで取り上げるのはここまでにしておこうと思います。

ちなみにこの2世落語家、さも「自分が若いうちは苦労してきたんだ!」みたいな呟きをしていましたが、実際は親の脛をかじって悠々自適な生活をしていたようです。なんなんだコイツ死ねよ。

もう本当に長谷川豊みたいに仕事全部なくなってしまえばいいのになぁ。んで役所に保護を申請しに行ったら「自己責任でしょ?」って水際作戦で追い返されて、挙げ句の果てに餓死してしまえばいいのにね。このクソ落語家が。

スポンサーリンク