30代日雇い労働者のブログ

日雇い派遣とブログで生計を立てています


【派遣】顔合わせという名の事前面接


f:id:ysk_wtnb:20180319122523j:plain

皆さんこんにちは。
かつて派遣会社の内勤をした経験のある者です。

派遣会社から派遣社員を派遣先企業へ派遣する場合、事前に面接をすることは「違法」となっています。それを避けるために、派遣会社側はあえて「面接」という言葉は使わずに「顔合わせ」という言葉を用います。

中には顔合わせをしない代わりなのか、タイピングスピードに一定の条件(1分間に◯文字以上打てる等)をつける企業も存在します。実際、パソコンをよく使う事務やコールセンター系の職場は、特にタイピングスピードを重視してきますね。

複数の現場へ派遣された経験のある人なら分かると思いますが、派遣先の中でも顔合わせをする職場としない職場があります。真面目な人の場合、しない職場について「顔合わせもせずに受け入れるなんて……ここ大丈夫か?」と思うかもしれませんが、本来はこっちが正しいのです。

しかし、派遣先企業もお金がかかる話である以上、おいそれと「誰でもウェルカム!」とはできないのが現状です。実際、派遣会社へ登録している人の中には「ちゃんと仕事できるのかな?」と思わせるような人も沢山いますからね……。

僕もそうですが、派遣社員の中には面倒くさがりな人が多いです。派遣会社に登録してしまえば、仕事を向こうから紹介してくれますし(あなたの評価が悪くなければ)、顔合わせに行く場合も派遣会社の営業がエスコートしてくれたりもします。

これは自分で履歴書を書いたり、企業へ連絡をして面接に行ったりするのが面倒な人にとっては、正に最高の環境なわけです。まあその分搾取もされるわけですが……。

www.roudousha.net

派遣労働の場合、労働者が労働契約を契約を結ぶのは、あくまでも派遣会社です。だから派遣先企業には「君を採用する」とか「君を不採用にする」という権利がありません。

「実際には派遣先企業で働くのだから、面接くらい必要なのでは?」

という感覚を持人も多いかもしれませんが、もしも派遣先企業が直接派遣社員を選べるのであれば、派遣会社が存在する意味がありません。

派遣労働という制度は、派遣会社が派遣先と交渉して仕事を確保するからこそ意味があるものです。 

こちらのサイトにも書かれていますが、派遣社員を事前面接する行為は「明確に違法」だという事だけは、繰り返し述べておこうと思います。 

やりたいことを仕事にするなら、派遣社員をやりなさい!

やりたいことを仕事にするなら、派遣社員をやりなさい!

 
スポンサーリンク