30代メンヘラ無職のブログ

生活保護や派遣労働の記事が多めです


自己顕示欲が強い人は筋トレをしてテストステロン値を上昇させよう


f:id:ysk_wtnb:20180530202658j:plain

自己顕示欲とは、自己の存在を多くの人の中でことさらにアピールしたいという欲求である。(ニコニコ大百科より)

皆さんこんにちは。
なんだかここ最近、やたらと自己顕示欲が強い人に出会っているYoshikiです。

僕自身が生活保護を受けるようになり、同じように保護を受ける当事者の人々が集うカフェなどによく行くようになってから、そういう人に出会う頻度が増えました。

特に多いなと思うのは「自分はこんなに凄いんだぞ!」というアッピールをしてくる人ですね。別に自分に自信を持つのは結構ですけど、わざわざそれを求めてもない人にアッピールする必要って……ある?と思ってしまいます。

ちなみに最近聞いたのは、やれ職質してきた警察官を殴り倒した事があるだの、やれどこぞの組長と仲が良いだの、某有名スポーツ選手と友達だの、入院した病院に某有名漫画家がいて友達になっただのetc……。

そこで正直に「自己顕示欲の塊っすか?」と言って空気を悪くするのもアレなので、その場では笑顔で「へーマジっすか!凄いっすね!」とか言っておりますが、実際心の中では「……ハイハイゴイスゴイスー」と思って聞いているという、僕も他人を批判できないぐらい心が汚れていたりします(笑)。

そもそも僕自身、そんなに自己アッピールをしたいとも思わない性格なものですから、この人はなぜそんなに俺スゴイアッピールをするんだろう?というのが疑問だったりするわけです。誰にも褒めてもらえなくて寂しいんですかね……?

みちのくプロレスの新崎人生社長が、かつてテレビで「自分で頑張ってるって言うな。他人が言ってくれるから」と言っていましたが、自己顕示が激しい人にぜひ噛み締めてほしい言葉だと思いますね。

ちなみに、冒頭に書いたカフェは「潮の路」という名前でして、日本での路上生活者支援のパイオニアと呼ばれて(僕が勝手に呼んで)いる稲葉剛さんという方が運営に携わっています。実際、僕以外の当事者でそこに通っている人の9割はその稲葉さんのお世話になってきた人です。

で、その稲葉さんは社会活動家としての実績が豊富にも関わらず、こっちが不安になるほど全く自己アッピールをしない方でありますので、僕のように稲葉さんを現人神の如く崇め、影響を受けている人間というのは、氏の背中を見ていれば自ずと「淡々と実績を残していれば、自分でアッピールせずとも周りからの信用を生む事ができる」という事実に気付き、自然と過剰な自己アッピールは行わなくなります。なるはずです。

しかしながら、僕よりも稲葉さんとの付き合いが長いにも関わらず、その過剰なアッピールをし続ける人も中には何人かいるわけでして……。

そういう人というのはこれはもう昔からそういう性格であり、50年も60年もその状態で来たらまぁ今更改善は難しいよねと思うので表ではニコニコしながら話を聴きつつ、裏ではゴイスゴイスと思っておくという、ネット上でよく揶揄される「裏表が激しい京都人」のようなスタンスで行くしかないと思っています。

⇧こういうの。

で、そんな事を考えながらツイッターを眺めていたところ、こんなバイオレンスなツイートを拝見しまして。

内容としては、どこぞの地方で普段から煽り運転が激しい人を煽り返したところその人の逆鱗に触れてしまい、喧嘩を売られたという。

まぁ、普段からやられている身としては一発やり返したい衝動に駆られる気持ちも分からんでもないですが、喧嘩両成敗という言葉もあるようにやり返してしまうのはあまり褒められたものではないでしょう。

こういう輩は、黙って車のナンバー控えて警察に連絡するのが一番ですよ。こういうトラブルって当事者同士だと上手くいかない事が多いので、第三者として警察を間に挟むといいですよ。そのための警察でもありますし。

それよりも、こういう他人に喧嘩を売る人やそれを撮影してツイッターにアップする人などを見ていると、やはりこういう人々も「自己顕示欲が強い」部類に入ってしまうのではないか?と思います。

やっぱりね、自己顕示欲が強いってあまり良い事ないと思いますよ。ツイッターに動画を上げた人だって、相手が引き下がったから良かったものの、このままどこかに連れていかれた可能性もゼロではなかったでしょうし。実際、ハッタリか本気か分かりませんが「攫って沈めんぞ?おぉん?」みたいな事を言われていますし。

んでここからが一番重要なんですけどね。こういう人たちにはね、やはりテストステロンが足りない。つまり筋トレが足りていない。だからこんな煽った煽られたとかいうしょうもない事で喧嘩を始めてしまうわけですよ。

よく「金持ち喧嘩せず」とは言われますが、同様に「テストステロン持ち喧嘩せず」とも言えるだろうと僕は自信を持って声高らかに主張したい。

件の喧嘩動画を観ていても、僕は「……くだらねぇ」という感想が一番先に出てきましたし、あんなダサいジャージ着て軽トラ乗ってオラついてる田舎のオッサンなんざいつでもブチのめせるじゃん?と思えれば、争う気持ちというのは起こりません。もちろん、手を出されたりすれば話は別ですけど。

というわけで、自己顕示欲がみだらに強い人というのは、高負荷・高重量の筋トレをしてテストステロンとセロトニンを増やし、精神を安定させましょう。キツい筋トレを半年でもみっちりやれば喧嘩をしたいなんて気持ちは失せるはずです、たぶん。

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

 
スポンサーリンク