30代メンヘラ無職のブログ

ブログで家賃代を稼ぐ無職。生活保護、派遣労働、七原くんの記事がメインです。


七原くん、寸借詐欺に騙されかける


www.youtube.com

少し前の話になりますが、5月29日の昼間に予告なくいきなり配信をつけた七原くん。その理由はというと、

なんと名古屋で荷物を取られて無一文になり、京都まで歩くというお爺さん(自称69歳)に遭遇してしまった様子の七原くん。

「俺には関係ないんだけど」や「こういうのって詐欺っぽい」と言いつつも、何だかんだで心配そうな七原くん。急遽配信をつけて、リスナーからアドバイスを貰いたかったのでしょうか?

ちなみに名古屋から京都まで歩くとなると……

分かりやすいように名古屋駅から京都駅までのルートにしてみましたが、それだと120km以上の距離になるようです。時間にして約26〜28時間程度。

何とか手助けしたいと考えているであろう(でなきゃ配信はつけないはず)七原くんですが、肝心のリスナーたちの反応はと言うと……

このように、皆一様に「それは寸借詐欺だぞ!!」と警告しています(笑)。まあたしかに、警察に行くのを頑なに拒むあたり怪しいっちゃ怪しいですよねぇ……。

詐欺疑惑のお爺さんは「身寄りがいないから警察に行きたくない」と言っているようですが、いやいや、それなら尚更警察に行った方がいいのでは……と思ってしまいます。

結局このお爺さんは「警察は嫌いだから行かない!」とか「倒れていれば誰かが助けてくれるでしょう!」などと言いながら逆ギレ気味に七原くんと別れたようで、七原くんは幸いにもお金を取られずに済んだようです。

きっと、リスナーたちから知恵を借りている七原くんを見て「こいつからはカネを取るのは難しそうだな……」と判断したのではないでしょうか。まあ詐欺じゃないにしても、見ず知らずの人にカネくれなんて言ったらただの乞食ですからねぇ。

www.youtube.com

ちなみにYouTubeで「寸借詐欺」と検索をすると、この「ジョーブログ」という有名YouTuberの動画が出てきます。

この動画に出てくる寸借詐欺師の言っている事も、

  • 荷物の盗難に遭った
  • かなりの遠距離を歩いて帰る
  • 身寄りはいない
  • 警察との関わりを避ける

というように、七原くんが遭遇したお爺さんと言い分がかなり似ていると感じました。あまり詐欺師と断定するのは(もし違った場合)失礼になると思いますが、個人的には……クロかなぁ? と思います。

ちなみに僕も昨年、東京の新宿で外国人にお金を3000円ほど渡してしまった経験があります。僕の場合も向こうから話しかけてきたわけですが、

  1. 英語で「この辺にネットカフェはないか?」と聞かれる。
  2. 調べた結果あるにはあったが、外国人は定住者しか入れないと言われる。
  3. 僕が「観光で来たの?」と聞くと「……そんな感じだ」と答えられる。ちなみに失礼だが、服はかなり薄汚れていた。
  4. こういう時どうすればいいのかを知り合いに聞こうと電話を取り出すと、警察に電話をされると思ったのか「どこにかける気だ!?」と急に焦りだし、結局電話はかけられず。
  5. 片言の英語で「君はネットカフェには入れない」という旨を伝えると、「無一文だから金を貸してくれないか?」と言われる。
  6. あまり貸したくなかったが、その時は昼休み中で振り切るのに時間がかかって遅刻するのが嫌だったのと、ここで断った結果、相手が追い詰められて強盗などに走ったらそれはそれでヤバイなあ……と思った結果、貸すことに。
  7. 「いくら欲しい?」と聞くと「up to you(あなた次第)」と言われたので、2000円ほど渡す。
  8. すると英語で「あと500円くれよ!」と言われ、up to youはどこに行ったんだよチーズはどこに消えたんだよバカ野郎と思うも、早く解放されたかったのでもう500円を渡す。
  9. 一応名前を聞いて(相手は「ヒサ」と名乗る)握手して別れる。

という、多分アレも寸借詐欺だったんだろうな……と思えるようなトラブルに遭遇した経験があります。

きっと七原くんも僕も、何かをお願いされた時に強く断るのが苦手な性格なんですよね。それでカネを失ってたら生きていくのがしんどくなるだけだろと思うんですけど、性格はねぇ……そう簡単に変わりませんからねぇ。

まあ何にせよ、リスナーのおかげで七原くんはお金を渡さなくて済んでよかったじゃないですか。ただでさえ金欠なのに、他人に渡すお金なんてないはずですし。

……あーあ、僕もカネは大事にしていかないといけませんね。

図解・なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?

図解・なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?

 
スポンサーリンク