【大阪 震度6弱】東日本大震災の時に「明日も通常通り仕事して」と言われた話


近畿地方(特に大阪)の地震、かなり甚大な被害になっていますね……。

こんな状況下でも安心したのは、東日本大震災の時と違うのは津波や原発への影響はほぼ無いということ。震災時はその2つによる被害が特に甚大だったので、とりあえずは何とかなりそうで良かったという感じはします。

ただ、大阪の様子をツイッターで色々眺めていて驚愕したことがありまして、

https://twitter.com/m__tori_/status/1008488419939348480

……大阪のサラリーマンの方々、普通に出勤してるんですよね。こういう時ぐらい大事を取って休ませてあげろよ! というか「休め」と会社は言ってあげないのでしょうか? 言わないのだとしたら、本当に腐ってますよね。

この状況を見ていて、僕も震災時のあることを思い出しました。

www.continue-is-power.com

当時僕は福島県いわき市という太平洋側の市のパチンコ店で働いていたのですが、そこで今回の地震と同じ震度6弱をくらいました。当然、店内はズタボロ。天井が落ちかけていた場所も数ヶ所あったりして、かなり悲惨な状態でした。

んで本社は新潟県にある会社だったのですが、店長が本部に状況を伝えるわけですよね。店内の写真を送ったりして。当然僕は「営業は当分できないだろうな……」と思っていたのですが、本部は何を血迷ったのか

「明日も通常通り営業よろしく」

というような事を言ってきやがりまして。もちろん全員「ハァ!?」ってなりますよ、なってましたよ。お前店内の写真見たんか? って店長が食い下がっても、本部は

「いや、社長の指示だから」

と、異論は認めない姿勢……。結構いい社長で僕は好きだったんですけど、その時ばかりは「どんだけ守銭奴なんだよあのクソ社長!」と思わざるを得ませんでした。

結局、水道が壊滅していてトイレが使えない状態だったので通常営業は無しになり、僕らは自宅(つっても社宅)待機となり、その翌日に福島第一原発が爆発したのを目の当たりにし、そこでようやく本部も「福島県外へ避難」という選択をしました。

なんというか、今回の地震も震度6弱を観測した地域があるにも関わらず、何食わぬ顔で出勤しているサラリーマン……もし会社側が「通常通り出勤して」とでも言っていたのであれば、これはもう完全に人命を軽視していると思います。

日本は地震大国(嬉しくねー)でみんな慣れているから、震度5〜6ぐらいでやっと「ヤバイかな?」と思いますが、海外だったら4いけばもう「ヤベェよ……ヤベェよ」とパニックになるレベルだそうじゃないですか。

強い地震というのは揺れだけでは収まらず、その後の火事や津波などの二次災害を起こしやすい、非常に危険な災害です。どうか、高震度の地震が起きた時ぐらい会社を休みにしてやってくれないかなぁ……と思います。

これも震災の時によく見た光景だ……こんな時ぐらい文句言うなよって思いますね。

スポンサーリンク