【七原くん】毒をもつ危険外来種「ジャンボタニシ」を喰らう!


f:id:ysk_wtnb:20180710093431p:plain

ニコニコ生放送内にて「ADHD界のキング」「ゲテモノハンター」「パワー系ガイジ」などの異名を持ち、これまでに様々な生物を捕獲しては食べてきた配信者の七原くん。

ちなみに七原くんがなぜ外来種をよく食べているのかと言うと、単純にお金がなく食費を節約させるためです。まあ、金欠なのは100%本人が悪いんですけど……(笑)

www.continue-is-power.com

七原くんがこれまで食べてきた生物たちについては、ぜひ上の記事を参照していただければと思います。

そして、そんな外来種最大の天敵である彼が今回の捕獲に挑む生物はというと、

スポンサーリンク  

 

「ジャンボタニシ」の異名を持つ最悪の外来種、スクミリンゴガイ(以下、ジャンボタニシと記載)という巻貝になります!

スクミリンゴガイ(学名 Pomacea canaliculata)は、リンゴガイ科(リンゴガイ、アップルスネイル)の1種の淡水棲大型巻貝である。俗にジャンボタニシと呼ばれるが、タニシとは異なる。

(Wikipediaから引用)

実はこのスクミリンゴガイことジャンボタニシは非常に危険な生物だそうです。その実態をみんな大好きWikipedia先生から抜粋しますと、

  • 卵には神経毒があり、ヒアリ以外の全ての捕食者から逃れている。つまり食べると非常に危険。
  • 日本では「要注意外来生物」に指定、海外でも「世界の侵略的外来種ワースト100」に指定されているぐらい危険。
  • 体内に「広東住血線虫」という寄生虫がおり、これが人体に感染すると死に至る可能性もあるぐらい危険。
  • 貝の天敵はカモ、スッポン、鯉などがいるが、毒がある卵の天敵は前述したヒアリ以外にいないぐらい危険。

……という感じで、まともな思考能力を持つ人ならまず「食べてみよう!」などとは絶対に思わないぐらいに危険なこのジャンボタニシくん。

それを生来の外来種ハンターの血が騒いでしまったのか、七原くんは果敢に挑みにいったわけでありますが、

このツイートを事前に見ていれば、いくら七原くんでもジャンボタニシを食べようとは思わなかったはず。元気な人でもこんな姿になってしまうんですね。恐ろしや……。

そんな危険を顧みない七原くん vs 毒を持つ外来種ことジャンボタニシ戦の結果はどうなったのか? 当日のツイッターを追いかけてみると、

……という感じで、史上最悪レベルにズタボロな料理配信になってしまいました。実際に僕もリアルタイムで観ていましたが、

もうね、この辺りで

「これは今までの中で一番食べちゃいけないものなのでは……!?」

と思ってしまうような配信でしたね(笑)。

だってどのタニシを剥いても中からピンク色の物体(=毒を持った卵)が出てきていましたからね。これはヤバイ……! と思いますよね普通は。

まあ、そんなこともお構いなしで見事ジャンボタニシ完食に成功した七原くんでしたが、これから体調が悪くならないかが心配です。特に腎臓周辺。

過去にザリガニ、ウシガエル、アオダイショウなどを食べた時は全然平気な顔をしていた七原くんでしたが、さて今回ばかりはどうなる事やら……?

www.youtube.com

……とりあえず、数日間は様子見でいきましょう(笑)。

スポンサーリンク