日雇い派遣対象外の人でも日雇い労働をする3つの方法


f:id:ysk_wtnb:20181001203934j:plain

どうもみなさんこんにちは。

あまりにも仕事が長続きしないため、数年ぶりに日雇い派遣に手を出しました。

当ブログ管理人のYoshikiです。

2012年の民主党政権時、日雇い(雇用契約が31日未満)派遣が「一部の例外を除いて原則禁止」となってしまいました。

ちなみにその「一部の例外」とは何かと言いますと、

  1. 満60歳以上の人
  2. 昼間学生の人
  3. 本業の年収が500万円以上あり、副業として日雇い派遣をする人
  4. 世帯年収が500万円以上あり、その主たる生計者ではない人

この4つに当てはまらなければ、日雇い派遣はできないという事です。

僕らのような当事者からしてみれば、日雇い派遣を禁止して日銭を稼ぐ方法を制限したら尚更貧しくなるだろこの馬鹿野郎が! という思いで一杯ですが……。

実は、上記の4項目に当てはまらない人でも日雇い労働をする事が可能な方法があります。実際に僕は上のいずれにも当てはまりませんが、できてしまいました!(笑)

スポンサーリンク  

 

◆ 目次 ◆

その1:例外規定の4番を活用する

これは最近登録した派遣会社から言われたのですが、前述した4つの例外規定のうち、4番の「世帯年収が500万円以上あり〜」という規定については、

  • この規定には「生計を1つにしている」などの文言はあるが、これは別に同居などをしている必要はない。
  • なので、遠方にいる親や兄弟の年収を全て含めて500万円以上あれば適用できる。
  • さらにここに関しては、親兄弟の収入を証明する必要もない。

という話をされました。マジです。

僕も過去に3ヶ月ほど派遣会社の内勤として働いた経験がありましたが、これは誰も教えてくれなかったなあ……。

と思いつつ、父親と兄貴と僕の年収を適当に足して500万円以上にし、この例外規定に当てはまらせる事ができました。

でも本当に大丈夫なのかな……?(笑)

その2:派遣元の会社と31日以上の雇用契約を結ぶ

この方法を抜け道として使い、結果的に日雇い派遣を可能にしている派遣会社は、都内だと結構多くあります。ちなみに、僕が登録している派遣会社のうち2社からは実際にこのやり方を提示されました。

日雇い派遣というのは前述の通り「31日未満の雇用契約」ですが、派遣会社とは長期の雇用契約を結び、その中で今日はあっちの倉庫、明日はあっちの工場、みたいにすれば実質的に日雇い派遣が行えるという事ですね。

ただし、これを抜け道とするには最低でも12日以上は実際にどこぞの現場へ行って働かなくてはならないようなので、今月は3日だけ……などはできないようです。

その3:「日々紹介」をしている派遣会社を使う

fullcast.jp

日々紹介についてはそれを積極的に使っている↑のフルキャスト公式サイトに詳しく記載がありますが、サイト内の文言を引用しますと

紹介とは、企業(求人者)と労働者(求職者)の間における雇用関係の成立をフルキャスト(紹介会社)があっ旋(紹介)します。

通常のアルバイトと同様に、「企業」と「労働者」が直接、雇用契約を締結し、企業の指揮命令のもと労働に従事します。

という事だそうです。派遣労働と最も違うところは「どこと雇用契約を結ぶのか?」という部分でしょう。

現在の派遣法では日雇い"派遣"は原則禁止ですが、そこが"紹介"である場合は、たとえそれが31日未満の契約であっても違法にはなりません。

僕は過去にフルキャストの日々紹介を何度か利用した事がありますが、日雇い労働に従事する皆さんが最も気になるであろう

「働いた分の日当はすぐ貰えるのか?」

という部分もきちんとクリアーしており、勤務の翌々日ぐらいには日当が振り込まれた記憶があります。

スポンサーリンク  

 

おまけ:手配師から仕事を貰う

……まあ、これは確実にオススメできないのでおまけという事にしておきますが、都内だと上野公園や山谷あたりをフラフラしていると、いわゆる「手配師」と呼ばれるおじさんに声をかけられ、仕事を斡旋されることがあります。特に男性。

この手配師に付いていくというのも1つの手ではありますが、気をつけてほしいのは、この人々のバックにはほぼ確実に暴力団がいるということ。

しかも経験者から聞いた話によると、手配師経由で入った仕事はかなり日当が安く、あのグッドウィルも裸足で逃げ出すレベルのピンハネがあり、その金額はわずか3000円ぐらいしか貰えない日もあるとかなんとか。

終いには連れていかれる現場というのがいわゆる「飯場」と呼ばれるタコ部屋のような場所で、劣悪な環境でも逃げ出すこともできないぐらい山奥だったりするとか……。

派遣会社の台頭により、そういう裏社会から仕事を斡旋してくる人々はかなり減りましたが、東京や大阪などの大都会ならまだ生息しているそうです。

news.livedoor.com

↑この逮捕された暴力団員こそが、まさしく手配師と呼ばれる連中です。ほら、逮捕されるということはそれすなわち違法行為ということですからね!!

もしそれでも興味がある人は、そこを経由して日雇い労働をしてみてもよいのではないでしょうか……? もちろん自己責任でね(笑)。

今日から日雇い労働者になった

今日から日雇い労働者になった

 
スポンサーリンク