30代その日暮らし

生活保護と日雇い派遣とブログの広告収入で生きています


派遣社員が入社して数日でやめていく理由

f:id:ysk_wtnb:20181114043930j:plain

みなさんこんにちは。

派遣社員として就業した現場を数日でやめたことが何度もあります。

当ブログ管理人のYoshikiです。

blog.gyakushu.net

さて今回は、僕と同じ非正規底辺派遣労働者で無職じゃないくせに無職と言い張る無職のうさぎたんがこんな記事を書いていたので、反応して勝手にアンサー記事を書いてみようと思います。

スポンサーリンク  

 

◆ 目次 ◆

派遣社員が数日でやめる理由

結論から書いてしまいますが、派遣社員が数日で辞めてしまう理由。それはただ1つ、

 

病気だから

 

です。これに尽きます。

そしてこの「病気」というのは2種類あると思っていまして、1つはメンタルがアレになってしまう病気です。

実は僕も昨年うつ病と診断されまして、精神障害者3級の手帳を持っています。使ったことはまだありませんが。

そしてもう1つの病気……まあ、これは世間一般からしたら病気とは言わないのかもしれませんが、それは

 

やめ癖

 

という病気なのです。

僕自身、一番最初に入社した会社は6年間続けることができましたが、そこを辞めて東京に来てからというもの、まあ仕事がどれをやっても続かない続かない……。

続かなかった理由としては、恐らく前述したうつ病が関わっているのではないかと思っているのですが、現在は「こりゃもう完全にやめ癖がついてしまったな……」と自覚しています。

というのも、最初のうちは職場で多大なストレスを体験すると気分がドーンと落ち込み、そのまま出社できなくなってしまう。というケースが多かったのですが、今はもう

「いやー、外はいい天気だなぁ……よし、やめるか☆」

みたいな感覚でサクッと辞めてしまいます。最初の頃と比べると本当に些細な理由で「もう行くのやーめたっ!」となってしまうのです。

やめ癖を自分で治すのは困難だ

恐らくそのやめた子は、数日で辞めたことを後悔していなくはないと思います。きっと「あーあ、またやってもうた……」と思っているでしょう。

僕は、やめ癖も精神的な病気だと思います。ある日ふと、急に足が職場に向かなくなってしまう。心が健康な人からすると「なに甘えてんの?」と思われそうですが、本当に、いきなり出社できなくなるんです。

僕も昔、無理やり出社してみようと頑張ってみた事がありますが、会社の最寄り駅まで来た時点で得体の知れない動悸や口渇は起こるわ、頭の中はネガティブな事しか考えられなくなるわ、という状態になってしまいました。

仮に強引に職場まで行ったとしても、とても仕事ができそうな状態ではなく、結局仕事開始前に早退するという意味不明なことをし、そのまま辞めてしまいました。

きっとうさぎたんの職場に入った女の子も、同じような心境だったのではなかろうか。それかうさぎたんのセクハラがひどかったか。

スポンサーリンク  

 

数日でバックレても働くしかない

数日で職場をやめるのが迷惑だとわかっていて、そして自分が数日でやめてしまうような精神状態だったとしても、働かないといけません。

なぜなら、日本では労働以外での収入を獲得することについて非常に「否定的」な風潮が強いからです。

ネットビジネスで稼ぐ人はアフィカス呼ばわりだし、失業保険も期間が限定されているし、生活保護を受けるなんて恥と思え! と政治家が平気で言ってしまうこんな世の中じゃ。ポイズン。

だから、病気だろうと何だろうと働かないといけない。すぐにやめたら職場に迷惑がかかってしまうかも……と思える精神的な余裕がなくても、だ。職場も必死かもしれないが、労働者も必死なのだ。

派遣社員には期待しないほうがいい

うさぎたんのまとめには同意。そう、派遣社員には期待なんてしない方がいいよ。

かつて派遣会社の内勤として働いた経験があるが、登録者の中には精神的な病を抱えている人、口だけ達者で実務能力ゼロな人、そもそも仕事を舐めているような人、などが派遣会社を使うことが多い。

よって派遣社員には言い方は悪いが、いわゆる「ハズレガチャ」を引く確率も高い。SRレベルの派遣社員なんて、1000人に1人ぐらいの割合ではないでしょうか。

仮にあと50年後ぐらいにベーシックインカムが実装されれば、BIを貰っていても働きたい人=質の高い労働者として、使える派遣社員が増えるんじゃないかな?

それまで辛抱して待つしかないよ、えすくん。 

なぜうちの新入社員はすぐ辞めるのか

なぜうちの新入社員はすぐ辞めるのか

 
スポンサーリンク