30代その日暮らし

生活保護と日雇い派遣とブログの広告収入で生きています


【生活保護】中途半端に働くと後で苦しくなるかも

f:id:ysk_wtnb:20181206171023j:plain

みなさんこんにちは。

寒いせいか、最近なにもやる気が起こらない。

当ブログ管理人のYoshikiです。

スポンサーリンク  

 

◆ 目次 ◆

区役所からの手紙

「10月分の総収入について計算をしたところ、18x,xxx円の収入がありました。今後もこの状況での収入が見込まれるようであれば、保護が必要ない、という見通しとなり、一旦"保護停止"となります。」

という旨が記載された文書が、区役所から送られてきました(金額の部分は、特に意味はありませんが念のため伏せておきます)。

国が認める最低生活費は、東京都内に住む単身者でおよそ13〜14万円程度(家賃込み)と定められています。

つまりこの文書は、

「国が定めた最低生活費を5万円ぐらい超えた収入があったから、その手元にあるカネで生活しときなさい。もしそれが無くなったら、また保護を再開するけんの!!」

という、区役所からのお達しなわけです。

しかし残念ながら、僕の手元にはもうあまりお金は残っておりません……。

たしかに10月はそのぐらい稼いでいたかもしれませんが、交通費が自腹の現場だったり、朝が早かったので朝と昼食を外食していたら、それだけでもう収入の3割ぐらい持っていかれてしまいました。

……という話を担当のケースワーカーにしたところ、その時に働いていた詳細を、細かく何かの書類(名前は忘れました)に書いて提出するように言われました。

ちなみにその電話で、担当ケースワーカーに「18万円もアフィリエイトで稼いでいるんですか?」と聞かれてしまいました……。

いやいやケースワーカーさん、アフィで18万円も稼ぐってどんな猛者ですか。そして仮に僕がそれだけ稼げているなら、生活保護なんてとっくに自分から切ってますがな。

まあ、アフィリエイト自体がまだまだ世間一般では認知度が低いものでしょうし、そもそもアフィリエイトをしながら生活保護を受けている人なんて、全国でも僕を含めて10人もいないと思うので、仕方がない話ですけども。

結局、言われたその書類は後日郵送されてくるようなので、それに事細かに書いて提出しなければなりません。でないと、生活保護を停止どころか廃止されてしまいます。

昨年の苦しい思い出

ちなみに、昨年もこの時期に3ヶ月ぐらい働いた会社を辞めたのですが、その時は残業も結構あったので1ヶ月で20〜23万円ほどを稼いでいました。

しかし、朝早く夜遅かったせいで毎回外食だったり、スーツを着る職場だったのでネクタイや革靴やカバンなどを色々揃えたりしていて、気がついたらお金があまり手元に残っていませんでした。

しかし、3ヶ月で総額65万円ぐらい稼いでいたのは事実だったので、当時のケースワーカーから何に使ったのかと根掘り葉掘り聞かれて大変でした……。

また、役所に提出している僕の口座にカネを隠していないか隅々まで調べられたり、家賃込みで月8万円ぐらいで暮らすよう要求されたり(ちなみに家賃は5.5万円)と、かなり厳しい生活を送らされそうになりました。

「家賃5.5万円なのに月8万円て……生活費2.5万円でやれってこと? そんなん無理に決まっとるやんけ。つーか、これじゃ最低限度の生活もクソもないやろがい!!」

と思い、お世話になっている支援団体の職員と一緒に役所でケースワーカーと話し合いをし、何とか月々2万円の返済で勘弁してもらったのを思い出します。

今回のは、昨年に比べればたいして稼いでいないに等しいので、そこまで根掘り葉掘り詮索されることはないだろうと思いますが、やっぱり気分がいいものではありませんわね。

まあ、手元にカネを残せなかった僕が悪いんですけども……(笑)。

スポンサーリンク  

 

中途半端に働くと後で苦しくなる

そんな僕の実体験から感じることは、

「中途半端に働くと、後で苦しくなる。働けるなら長期間に渡ってしっかり働き、もし働けないのであれば、療養に専念する。」

というやり方のほうが、後々において絶対に良いと思います。

前述の通り、仕事をすれば収入は増えますが出費も増えます。交通費が出る会社ならいいですが、派遣の仕事の場合は出ないところもたくさんありますし。

また、仕事をしていれば食事代も必要になるでしょう。これも自炊できれば一番いいのですが、仕事で疲れてしまって難しい人もいると思います。

なので仕事を長く続けていく過程で少しずつ貯金をしていき、外食してもあまり財布にダメージがない状態にしていく方法が一番だと思います。

僕のように仕事をすぐ辞めてしまうと、外でご飯を食べるためにお金を稼いでいたんか!? というような本末転倒な状態になってしまう可能性が高いので……。

おわりに

というわけで、最近はずっと

「仕事はしないといかんけど、また中途半端に稼いですぐ辞めてしまったら、役所に持っていかれてしまってひもじい生活を送らないといけなくなるし……。」

というあたりで彷徨いながら悩んでいる感じです。

保護費がほとんど入らないということは、ブログの広告収入を頼りにしないといけないという事ですが、先月も8万円ぐらいだったし、家賃5.5万円を支払ったらあまり手元に残らんし……どうしましょう本当に。

幸いだったのは健康保険料、水道代、住民税などは免除されているのでそこらへんの支払いで悩む必要はないという事ですかね。

保護から脱却したい気持ちはあるんですが、なかなか上手くいかないですね……。

Q&A 生活保護ケースワーク 支援の基本 (よくわかる 生活保護ガイドブック2)

Q&A 生活保護ケースワーク 支援の基本 (よくわかる 生活保護ガイドブック2)

  • 作者: 吉永純,衛藤晃,全国公的扶助研究会
  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
スポンサーリンク