32歳その日暮らし

ブログの広告収入と生活保護で生きています

当ブログでのアドセンス広告の収益性を一ヶ月間計測してみた

f:id:ysk_wtnb:20190106174536j:plain

みなさんこんにちは。

時間というのは早いもので、2019年になってからもう一週間経過してしまいましたね。

当ブログ管理人のYoshikiです。

ブログの広告と収益性

さて、ブログのタイトル下にも書いてあるように、現在の僕の収入源は、生活保護を除くとこのブログから発生する広告収入のみとなっております。労働は、先月までしていたのですが精神的にアレなせいで辞めてしまいました……。

そんな僕の生き死にに関わるような、重要な広告の動向を把握していない。というのはいかがなものか? と思いまして、今回は昨年12月の一ヶ月間の収益性を計測してみましたので、書いてみようと思いました。

ちなみに、このブログにはアドセンス広告以外に若干の他広告を貼っていますが、今回そちらは除外しております。そして、あくまでこのブログの広告で計測したデータですので「この記事と違う結果が出たぞ!」というクレームはなしでお願いします。

あとGoogle先生は、アドセンス広告から発生したお金については大変シビアかつ不親切なところがありますので、いきなりアカウントをBANされたりしないためにも、収益の割合や%などは、かなり大まかな表現とさせていただきます。以上、併せてご了承いただければと思います。

それでは行ってみましょう。

スポンサード リンク  

 

◆ 目次 ◆

収益性の高かったアドセンス広告ベスト3

第3位:記事下のレクタングル広告

これの収益性の割合は、全体の約17.6%でした。

「レクタングル」というのは何か? と言いますと、正方形の広告のことです。ほら、レスポンシブ広告の"data-ad-format"という部分を"rectangle"にすると正方形のが出てくるようになるでしょう? アレですよ。

僕がブログに広告を貼り始めたのは2014年の夏ぐらいからで、これとは別のブログだったんですけど、その当時から「記事の終わりに正方形の広告を貼ると収益性が良いらしいぞ!!」というのは、言われていた記憶があります。

だから正方形を貼っていたのですが、もしかしたら別の形でも良かったかもしれません。それは正方形以外で計測していないので分かりませんが、とりあえず「記事終わりのすぐ下へレクタングル広告を貼ると収益性が高い」というのは事実だと思います。

第2位:記事下の関連記事

これの収益性の割合は、全体の約25.2%でした。

「関連記事」というのは何かと言いますと、自分の記事が10個ぐらいズラーッと並んでいて、その中にどこぞの広告が3個ほど混ざっているアレですよ。アドセンスの管理画面では「自動広告」という項目から設定ができます。

僕はパソコン版とスマホ版両方の記事下にこの関連記事を貼っていますが、どちらもかなり収益性が高いですね。クリック単価は他の広告とあまり変わりませんが、少なくともクリック率はかなり良く、1位と比べて0.3%ぐらい高かったですね。

ちなみに他の広告を貼っているブログを見てみると、大抵記事下にこの関連記事を貼っているなあと感じます。このやり方はすでに常識となっているようなので、これが収益の柱となっているブログも多いのではないでしょうか?

第1位:記事中のレクタングル広告

これの収益性の割合は、全体の約28.6%でした。なので仮に10万円の収益が発生しているとすると、約28600円がここからだという事になります。なかなかですね。

記事中がなぜ最も収益性が良かったのか? と言いますと、データを見る限り「表示回数」が圧倒的に多かったからだと思います。まあ、記事を読んでいく中でポコポコ出てくるので、表示回数は一番多いのは当たり前なんですけども。

あとはまあ……どのぐらいあったかは分かりませんが、うっかり押してしまった! といういわゆる「誤クリック」も少なからずあったと思いますね。これに関しては、誤クリックさせてしまうような場所に配置して、本当にすみません。

ただ、恐らく記事中にはこれからも広告を配置していくでしょう。読みづらいという人もいるかもしれませんが、まあテレビやYouTubeにも動画中にCMが入ることがよくありますし。あまり5つも6つも入れるのはアレだと思いますが、あまり迷惑にならない程度にやっていきますよ。お金、大事ですから。

ちなみに、こういう話をすると「記事中に広告を入れるとクリック単価や滞在時間が低下するぞ!!」みたいな事を言ってくる人がいるんですけど、少なくともこのブログにおいてはそういうのは全くないんですよねぇ。むしろ滞在時間や直帰率の類は改善傾向にありますね。

なので2〜3個ぐらいだったら、記事中に広告を入れても離脱するほど迷惑と感じる人というのは、あまりいないのではないか? と推測しております。まあ、当然200文字ぐらいの中に3個とかは迷惑だと思いますけども……。

スポンサード リンク  

 

意外と収益性の低かったアドセンス広告ベスト3

さて、次は「僕も周囲も当たり前のように貼っているけど、意外と収益性の低かった広告」を3つ紹介させていただきます。

第3位:アンカー広告

これの収益性の割合は、全体の約8.0%でした。

アンカー広告というのはどんなものかと言いますと、スマホでページをスクロールしている時に上下いずれかに出てくる、あの横に細長い広告を指します。

僕がブログを始めた当初は「これからはスマホでブログを読む時代だ! アンカー広告は絶対に貼るべし!!」みたいな風潮だった印象があるのですが、実際はそうでもなかったみたいですね。スマホで読む時代というのは正解ですけど。

第2位:記事下のリンクユニット広告

これの収益性の割合は、全体の約5.4%でした。

リンクユニット広告というのは、通常の広告とは違う形をしています。例えば「おすすめブログ 無料」というような単語が4つぐらい並んでいる(PCは横、スマホは縦に)ような広告がそれです。

僕はアドセンスとは別のアフィリエイト広告を貼る際、画像付きのリンクより文字だけのリンクを貼った方がクリック率が高いことに気がつき、文字だけのリンクユニット広告を導入してみました。

もしかしたらアドセンス広告も文字だけの方がクリック率が高く、収益性に結びつくのでは? と考えていましたが、データを見るとそうでもなかったようですね……。

設置した場所が悪かったのかな? と思ってクリック率の高い記事直下に貼ったこともありましたが、収益性はほとんど上がりませんでした。これは意外でしたね。

第1位:サイドバー上のレクタングル広告

これの収益性の割合は、全体の約5.2%でした。仮に月10万円の収益が発生している場合、ここから得られるのは約5200円となります……。

f:id:ysk_wtnb:20190106202023p:plain

ちなみに、サイドバーの上というのはココになります。アドセンス広告はキャプチャ画像でも載せると良くないとどこかで読んだ記憶があったので、モザイクをかけました。

こう思っているのは僕だけかもしれませんが、サイドバーの上に貼るというのはみんながやっている定番中の定番ではないかと思っております。実際にGoogle先生も、ここに貼るのを推奨していた気がしますし。

しかし、いくら先生の推奨があるとはいえ、ここは正直あまり良くありません。と書くと、収益性があまり高くないと言っているくせにじゃあなぜお前はそこに広告を貼っているんだボケと言われそうですが……(笑)。

僕がこの箇所に貼り続ける理由は、何というか長いことずっと貼っていたので、ここに広告がないと変な違和感があるからというだけの理由です(笑)。

スポンサード リンク  

 

おわりに

ワードプレスと違い、当ブログと同じはてなブログだったら貼る場所についてある程度は再現性があるのではないか? と思います。ただし有料版で元々設置してある広告を全て非表示にした上での話なので、無料版の人はあまり参考にならないかもしれません。

あとは繰り返しになりますが、あくまでコレはこのブログでのデータです。ズレは当然あるでしょうし、もしかしたら全然違う結果になるかもしれません。しかし、自分のブログなりにベストな位置を見つけるのも、また楽しい。

僕はそういう気持ちを常に持ち、これまでも様々な場所で試してきました。みなさんも、そうやって地道にやっていくのが一番だと思います。

最後に、はてなブログをやっていると広告についてどうも否定的なコメントを貰うことも多いと思います。まあ、全くないのがモバイルフレンドリーとしてベストなのは僕も重々承知しているのですが、それでも趣味と実益の両方を満たすことができればこんなに素晴らしいことはない。

そう思って今回も広告を貼らせていただき、それを踏んだ皆様よりおぜぜを頂戴しております。そこには感謝をしつつ、広告を貼ることにつきましては、引き続きご了承いただきたいなと思っている所存であります。

ここまで長文をお読みいただき、誠にありがとうございました。

クリックで稼ぐ! 携帯サイトで収入を得るためのGoogleモバイルアドセンス活用術

クリックで稼ぐ! 携帯サイトで収入を得るためのGoogleモバイルアドセンス活用術

 
スポンサード リンク